本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年セ・リーグの助っ人通信簿。高木豊はヤクルトに最高評価。野手、投手が×だったのは?
高木豊の「助っ人」通信簿 セ・リーグ編 チームの順位に大きな影響を与える助っ人外国人。今季は際だった活躍を見せた選手が少ない印象だったが、かつて大洋(現DeNA)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊はどう見ていたのか。セ・リーグ各球団の助っ人たちの貢献度を、チーム(野手・投手...
別窓で開く

「ポランコに1票はおかしいだろ」ゴールデングラブ賞の記者投票にファンから大ブーイング 記者が明かす選考の実態
「守備の上手さは数字だけで測りきれないところがあり、主観に多少のバラつきが出てしまうのは仕方ありません 。けれど、私たちはプロの記者です。野球ファンを代表し、責任を持って公平なジャッジをしなければなりません。しかし今年の結果も、一部の記者がおざなりな投票をしたとしか思えない内容になってしまった。ファ...
別窓で開く

巨人・岡本がヤクルト村上には譲れない「侍J 正三塁手」の座 ゴールデングラブ賞が後押し
(村上とは37票差の岡本和真(C)日刊ゲンダイ) 巨人・岡本和真(26)が14日、セ・リーグ三塁手部門で2年連続2度目のゴールデングラブ賞の受賞が決まった。 今季はリーグトップの守備率.975をマーク。56本塁打を放ち、史上最年少で三冠王に輝いたヤクルト・村上の93票を上回る130票を集めた。...
別窓で開く

ゴールデン・グラブ賞投票の「前進」と「課題」。岡林ら若手の正当な評価は喜ばしい一方、非公開投票による“わだかまり”も<SLUGGER>
11月14日、守備の名手に贈られる「第51回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が発表された。 菊池涼介(広島)が10年連続の受賞を果たした一方、長岡秀樹(ヤクルト)ら7名が初の栄誉に浴すなど、顔ぶれは多士済済。もっとも、ゴールデン・グラブ賞の結果を巡っては「●●●より××&t...
別窓で開く

巨人「4番サード原」を知らないFA世代に手詰まり感 松田宣浩「代替補強」で試される“名将の資質”とは
■「生電話」の出番なし? 今オフ、大型補強を敢行するとみられるプロ野球巨人がフリーエージェント(FA)市場で予想外に苦戦を強いられている。阪神の西勇輝投手と楽天の浅村栄斗内野手は残留が決まり、西武の森友哉捕手、日本ハムの近藤健介外野手はFA宣言したものの、巨人獲得の声は聞こえてこない。在京セ・リーグ...
別窓で開く

ゴールデン・グラブ賞が決定!菊池涼介が10年連続のセ界タイ記録、優勝チームのオリックス&ヤクルトは3名を輩出
  守備の達人に贈られる「第51回三井ゴールデン・グラブ賞」が11月14日に発表され、両リーグの優勝チームであるオリックスとヤクルトから最多3名ずつが受賞。計7選手が初受賞の栄誉を手にした。...
別窓で開く

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。10月30日(日)の放送は「村上RADIO〜マイ・フェイバリットソングズ&村上さんに聞いてみよう〜」と題して、リスナーから寄せられた質問に村上さんが応えながら、村上さ...
別窓で開く

燕の不死鳥・館山昌平の背番号《25》は村田修一へのライバル心から
2004年、2013年、2014年と三度にわたって肘にメスを入れリハビリに苦しむ一方、不死鳥のように必ずケガから復帰し「最多勝」「カムバック賞」などタイトルも獲得した館山昌平氏。絶頂と絶望を味わった名投手は、どうやって厳しい世界を17年間も生き抜いたのか。...
別窓で開く

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。10月30日(日)の放送は「村上RADIO〜マイ・フェイバリットソングズ&村上さんに聞いてみよう〜」と題して、リスナーから寄せられた質問に村上さんが応えながら、村上さ...
別窓で開く

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。10月30日(日)の放送は「村上RADIO〜マイ・フェイバリットソングズ&村上さんに聞いてみよう〜」と題して、リスナーから寄せられた質問に村上さんが応えながら、村上さ...
別窓で開く


[ セ・リーグ ヤクルト ヤクルト ] の関連キーワード

slugger オリックス ゴールデン セ・リーグ ヤクルト
スミス