本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヤクルト村上宗隆の“満塁走者一掃ゴロ”がもたらした連覇への挑戦権。自滅で矢野体制終焉の阪神に次期政権で求められるのは——
セ・リーグ王者に2年連続となる日本一への挑戦権をもたらたしたのは、主砲の全力疾走だった。 10月14日に行なわれたセ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージ第3戦は、王手をかけたヤクルトが6対3と逆転で阪神を撃破。野村克也氏が率いた1992、93年以来、29年ぶりとなる2年連続での日本シ...
別窓で開く

1年半の闘病を乗り越えて…元ヤクルト・日高亮が夢見る日本シリーズ古巣対決
■傘をさっと差し出してくれたある選手 今からちょうど10年前のある日。試合後の取材をひと通り終え、神宮球場に隣接するヤクルトのクラブハウスを後にしようとしたところ、突然の激しい雨に見舞われた。あいにく傘は持っていない。途方に暮れて軒先で雨宿りをしていると、1人の選手が通りがかりに「どうしたんスか? ...
別窓で開く

ヤクルト村上ゲットの「3億円ハウス」 「その土地探しを独占取材です」(宇賀神メグアナ)
きのう13日(2022年10月)、プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第2戦で勝利し、日本シリーズ出場に王手を賭けたヤクルトスワローズ。この試合で逆転ホームランを打った村上宗隆選手。シーズン56本塁打と三冠王のご褒美としてスポンサーのオープンハウスから3億円の家が贈呈される...
別窓で開く

中日が最下位脱出へドラフトで指名すべきは、1位で快速のリリーフ候補、2位で社会人屈指の強打を誇る内野手だ
チーム事情から見るドラフト戦略2022〜中日編 ドラゴンズ再建の切り札として、満を持して立浪和義監督が就任した中日。一軍コーチ陣も一新して臨んだペナントレースだったが、終わってみれば最下位に沈んだ。 投手陣は、チーム防御率3.28(リーグ2位)と健闘し、失点も495点(リーグ2位)に抑えてみせたが、...
別窓で開く

村上宗隆が「行ったなー」と“確信”の逆転2ラン! 王手に導いた三冠王にサイスニードは「ムネ大好き!」
10月13日、セ・リーグCSファイナルステージ第2戦、ヤクルト対阪神が神宮球場で行なわれ、今シーズンに三冠王を獲得した村上宗隆(ヤクルト)が1点を追う3回に、逆転となる2ランを放ち、チームに勢いをもたらした。 第1打席は四球で出塁していた22歳は、チームが0対1とリードされていた3回2死一塁の好機で...
別窓で開く

ゴジラからの“厳しい助言”。悔しき3三振を喫した佐藤輝明に送られた松井秀喜の言葉「今の打ち方じゃ何回やっても打てない」
チームが劣勢に立たされるなかで、虎の若き主砲は悔しさをかみしめていたに違いない。 10月12日に行なわれたセ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦は、ある意味で地力の差が出る結果となった。本拠地・神宮球場にリーグ3位からの“下剋上”を狙う阪神を迎え撃ったヤク...
別窓で開く

FA“超目玉”の日本ハム・近藤健介を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説
今オフ移籍市場の目玉となっている日本ハム・近藤健介の動向が注目されている。通算打率.307、2019・20年に2年連続でリーグ最高出塁率を記録した好打者がFA宣言するなら、多くの球団が手を上げるのは確実だ。 近藤を獲得すべき球団、最もフィットする球団はどこか。ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点...
別窓で開く

ニッポン放送は、プロ野球 日本一決定の瞬間まで「ぜんぶやる!」 CSファイナルも! ドラフトも! 日本シリーズも! ぜんぶ生中継!
ニッポン放送では「ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル」として、プロ野球クライマックスシリーズ セ ファイナルステージと日本シリーズをニッポン放送が誇る豪華な解説陣と実況アナウンサーにより全試合、試合終了まで完全実況生中継する。...
別窓で開く

ここぞの場面で選手を奮い立たせ、その気にさせ、ねぎらう…ヤクルト・鄕津臣吾監督の“言葉力”
■勇気が湧き出てくる「鄕津監督の言葉」 2020(令和2)年に一軍の指揮を執ることが決まって以来、定期的に髙津臣吾監督にインタビューを続けている。ペナントレースと同時進行で、そのときどきの思いや考えについて質問し、その狙いや意図を監督自身の言葉で説明をしてもらっている。 この夏は、過去3シーズンにわ...
別窓で開く

令和初の三冠王「村上宗隆」対策には「命懸けの配球」がカギ 「平成の三冠王」を封じた西武黄金期の正捕手・伊東勤氏が明かす攻略法
 プロ野球ヤクルトはセ・リーグを2連覇し、2年連続日本一へ戦いの場をポストシーズンに移す。143試合のレギュラーシーズンに対し、最大でも日本シリーズの7試合しかない。西武黄金時代の正捕手として短期決戦を熟知する伊東勤氏(60)は「打倒ヤクルト」に、日本人最多記録の56本塁打を放ち、令和初の三冠王に輝...
別窓で開く


[ セ・リーグ ヤクルト ] の関連キーワード

ニッポン放送 ヤクルト 日本ハム ゴジラ 宇賀神