本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



文春野球「コミッショナーだより」9月号
 こんにちは。文春野球コミッショナーだより9月号です。 すっかり涼しくなりましたね。今季の文春野球コラムペナントレースもいよいよ来週で終了となります。 それではおしながきです。...
別窓で開く

ファンも「チームスワローズ」 高津監督が築いた強固な絆
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、9月25日にセ・リーグ連覇を飾った東京ヤクルトスワローズ・高津臣吾監督と選手・スタッフの絆にまつわるエピソードを紹介する。【プロ野球ヤクルト対DeNA】優勝を決め、胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督=2022年9月25日 神...
別窓で開く

25日の中日戦は今季の巨人を凝縮していた試合だった【柴田勲のセブンアイズ】
■ヤクルトの強さ 高津臣吾監督が率いるヤクルトが2年連続9度目の優勝を決めた。V2はその高津監督が師と仰ぐ故・野村克也監督が率いた1993年以来、29年ぶりとなる。 振り返るとヤクルトは一年通して安定した戦いをしていた。開幕直後は3勝3敗だったが4月は12勝9敗、そして5月は16勝7敗1分と調子を上...
別窓で開く

セ・リーグ連覇をはたしたヤクルト 高木氏は「高津監督の選手起用」を絶賛
元プロ野球選手で野球解説者の高木豊氏は26日、自身のYouTubeチャンネルを更新。セ・リーグ連覇をはたした東京ヤクルトスワローズ・高津臣吾監督の手腕を絶賛した。■コロナの集団感染も経験ヤクルトは25日、本拠地で行われた2位・横浜DeNAベイスターズ戦で劇的なサヨナラ勝ちを収め、2年連続9度目のリー...
別窓で開く

最終戦で2本塁打の大逆転! あまりにも熾烈過ぎるタイトル争いの結末
■「チャレンジしてみろ」 プロ野球もシーズン終盤を迎え、個人タイトル争いも白熱してきた。過去にはシーズン終了間際のサプライズで見事タイトルを手にした選手も存在する。今なお“伝説”として語り継がれている本塁打王、首位打者、盗塁王の大逆転劇を振り返ってみよう。...
別窓で開く

三冠王も間近! 三輪広報が見つめてきたヤクルト・村上宗隆、規格外の男の素顔
 みなさん、こんにちは。東京ヤクルトスワローズ広報部の三輪正義です。 マジックが4(9月23日現在)となり、2年連続のリーグ優勝が目前に迫ってまいりました。このところ僕もかつてないほどの忙しさです。午前中に、僕のライフワークである「投げ方教室」で都内の小学校で授業、午後は球団事務所に帰って、優勝セレ...
別窓で開く

FA“超目玉”の楽天・浅村栄斗を獲得すべき球団はここだ!ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説
楽天の浅村栄斗がFA権を取得した。今季も27本塁打、83打点はいずれもリーグ2位(9月20日現在)と、二塁手としては規格外の打撃は健在。来季32歳とまだ第一線で働ける年齢だが、年俸が推定5億円という金銭面で及び腰になる球団も少なくなさそうだ。浅村を獲得すべき球団、最もフィットする球団はどこか。...
別窓で開く

「村上宗隆と比べて物足りない」の声も…巨人・岡本和真が批判を越えて“栄光”をつかむ日
■ヒーローインタビューという名の「定例会見」を開く村上 巨人のリーグ優勝の可能性が完全に消滅しました。 残り7試合(9月20日現在)でCS進出の可能性は残っていますが、首位・ヤクルトとは11ゲーム差の3位。この重い現実がズシリとのしかかってきます。 シーズン中、よく耳にしたのは主砲・岡本和真選手に対...
別窓で開く

「ショート源田の“守備のさばき方”を上手に伝えられたら」80歳で現役、西武の魅力を伝える“名物アナ”の物語
 長いペナントレースの戦いの幕がまもなく下りるなか、現役生活58年目を終えようとしているアナウンサーがいる。ニッポン放送ショーアップナイターを担当する、宮田統樹アナ。御年80歳だ。「1964年の東京オリンピックの年に入社し、スポーツ部に配属されてプロ野球を中心にスポーツに関する業務をやってきました。...
別窓で開く

毎年先発ローテを黙々と守ってくれるヤクルト・小川泰弘の頑張りを数字で評価してみたい
 突然ですが皆さん。このランキング、なんのランキングか分かりますか?1位 小川泰弘(ヤクルト) 0.022位 大野雄大(中日)   0.032位 西勇輝(阪神)    0.034位 戸郷翔征(巨人)   0.045位 青柳晃洋(阪神)   0.05(9月16日現在) これだけ見てなんのランキングがわ...
別窓で開く


[ セ・リーグ ヤクルト ] の関連キーワード

チームスワローズ セ・リーグ ヤクルト