本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【出場選手登録】▽広島・森浦大輔投手、石原貴規捕手(以上、感染拡大防止特例2022) 【同抹消】▽広島・白浜裕太捕手(特例2022)(了)【時事通信社】...
別窓で開く

 【出場選手登録】▽ヤクルト・石山泰稚投手、高橋奎二投手▽巨人・若林晃弘内野手 【同抹消】▽巨人・中山礼都内野手(再登録は27日以降)(了)【時事通信社】...
別窓で開く

「この成績、本当に何とも言えないと思います」 中日2軍監督が察した「立浪監督の苦悩」
プロ野球中日の片岡篤史2軍監督(53)が2022年8月15日にユーチューブチャンネルを更新し、リーグ最下位に沈む立浪和義1軍監督(52)のメンタル面に言及した。動画は視聴者からの質問に片岡2軍監督が答える形式で収録され、視聴者から「1軍2軍が離れていますが立浪監督のメンタルケアをお願いします」との要...
別窓で開く

大谷翔平は「WBC出場」濃厚か 起用は初戦から? 専門家の見解は
“ベーブ・ルース以来”とただし書きが付く記録を塗り替え続ける大谷翔平(28)。その活躍をテレビで観るのも悪くないが、やっぱり日本の地で、願わくば“JAPAN”ユニフォームを身にまとってほしい。来年3月に迫るWBCで彼を拝めるのか。起用法はどうなるのか。 *** この8月、侍ジャパン監督の栗山英樹氏が...
別窓で開く

【内田雅也の追球】ギラギラもガムシャラも見えた阪神の敗戦 一打同点の場面演出した植田の二盗にしびれた
 ◇セ・リーグ 阪神3−5ヤクルト(2022年8月16日 神宮) 9回表2死、「あと1人」と追い込まれてからの4連打、2点を奪った攻撃が明日につながると信じたい。必死に食らいついた結果である。 特に一、三塁から代走に出た植田海が1球目に二盗を決め、一打同点をつくった瞬間はしびれた。間一髪だった。自分...
別窓で開く

ヤクルト・村上 甲子園の弟に続いた兄弟“アベック適時打”「高校野球に負けない、いい戦いを」
 ◇セ・リーグ ヤクルト5—3阪神(2022年8月16日 神宮) ヤクルト・村上が高校球児ばりの執念を見せた。2—0の3回1死三塁。青柳の135キロのカットボールに食らいつき、詰まりながら中前打。今季101打点目に「いい当たりではなかったが適時打になってくれてよかった」と汗を拭った。 母校・九州学院...
別窓で開く

番長DeNA、ハマスタ新12連勝 今永「目標だった」菅野に初めて投げ勝ち3年ぶりG斬り
 ◇セ・リーグ DeNA3—1巨人(2022年8月16日 横浜) DeNA・今永昇太投手(28)は16日、巨人戦に先発して7回8安打1失点。尊敬し、今春にはアドバイスも受けた菅野智之投手(33)との投げ合いを初めて制し、同戦は3年ぶりの白星となる7勝目を挙げた。首位のヤクルトを必死に追うチームは6月...
別窓で開く

槙原寛己氏 らしさ見せた巨人・菅野、次回以降は“勝つ投球”求められる
 ◇セ・リーグ 巨人1—3DeNA(2022年8月16日 横浜) 【槙原寛己 視点】巨人・菅野の投球内容は悪くなかった。7月には直球の球速を落とし、変化球でかわすような投球で心配したが、150キロ超の直球で押し込めていた。カウント球が甘く初回の桑原、5回のソトにファーストストライクを狙われ痛い失点に...
別窓で開く

巨人・原監督「あと一本が出なかった」菅野&坂本の復帰戦も借金完済ならず
 ◇セ・リーグ 巨人1—3DeNA(2022年8月16日 横浜) 2点を追う9回。巨人は2死から四球、安打で一、三塁と反撃したが及ばず。7月13日以来の借金完済はならなかった。原監督は「9回だけでなく、あと一本が出なかったね」と10残塁と決定打を欠いた攻撃を悔やんだ。 腰痛の坂本が5番・遊撃で7月6...
別窓で開く

阪神・佐藤輝 6番降格に“燃えた”フェン直三塁打含む8月初のマルチ「目の前の1打席をがむしゃらに」
 ◇セ・リーグ 阪神3−5ヤクルト(2022年8月16日 神宮) 阪神は16日、ヤクルトに3—5で敗れ、2012年以来10年ぶりとなるシーズン2度目の7連敗を喫した。74試合連続で務めた4番を明け渡した佐藤輝明内野手(23)は今季初の6番降格に発奮。フェンス直撃の左中間三塁打を含む2安打を放った。8...
別窓で開く


[ セ・リーグ ] の関連キーワード

ハマスタ ヤクルト wbc 甲子園 フェン