本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ティム・ハーダウェイ——伝説のキラー・クロスオーバーで一世を風靡した小さな巨人【NBAレジェンド列伝・前編】
バスケットボールは背の高い選手に有利なスポーツだが、身長180cmそこそこの小柄な体格でスーパースターとなった者も少なくない。古くはボブ・クージー、1980年代にはアイザイア・トーマスやジョン・ストックトンが史上有数の名選手として名を残した。90年代後半からはアレン・アイバーソン、現在はクリス・ポー...
別窓で開く

主役級は不在も、名バイプレーヤーを数多く輩出した“脇役の豊作年”【NBAドラフト史|1988年】
■最大の実力者リッチモンドにも脇役感が漂う〝脇役の豊作年? 1988年のドラフト組を一言で表わすなら、「脇役の豊作年」といった感じだろうか。それも、記憶に残る愛すべき名脇役を数多く輩出している。 この年のドラフト組を象徴し、出世頭でもあるミッチ・リッチモンドは、キャリアを通じて主役級の活躍を見せた唯...
別窓で開く

大学No.1選手から脇役へと転身。知性と情熱の男、シェーン・バティエの物語【NBA名脇役列伝・前編】
素晴らしい才能や身体能力に恵まれていたわけではない。しかし、シェーン・バティエは真摯な姿勢と溢れんばかりの情熱、そして優れたバスケIQを最大の武器に、この世界を生き抜いてきた。ロケッツではT−MACやヤオ・ミンを、ヒートではレブロン・ジェームズらビッグ3を支えた、“ロールプレーヤーの鏡&...
別窓で開く

今季2度目の無得点と沈黙した八村塁。オフェンス面で不振の理由は“ディフェンスでの貢献を意識しすぎ”?
3月8日(日本時間9日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタル・ワン・アリーナで、強豪マイアミ・ヒートとの一戦に臨んだ。 今季の両チームの対戦成績はヒートの2勝1敗。互いにホームゲームを制しており、ウィザーズは昨年12月30日のゲームに123−105で勝利している。...
別窓で開く


<前へ12次へ>