本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現役時代に最も成功したプレミアリーグの監督は? 1位は名選手と謳われた“あの人”
フランク・ランパード氏が、エヴァートンの指揮官としてプレミアリーグの舞台に戻ってきた。8日に行われた第24節ニューカッスル戦は1−3で敗れたが、今後の手腕に注目が集まる。 今シーズンの開幕前には、かつてアーセナルで活躍したパトリック・ヴィエラ氏がクリスタル・パレスの指揮官に就任。...
別窓で開く

史上初の快挙が連発!! 【第94回アカデミー賞】 話題まとめ!濱口竜介監督作『ドライブ・マイ・カー』邦画初の作品賞ノミネートなど、オスカー候補作を一挙ご紹介!
YouTube米国現地時間2022年2月8日、第94回アカデミー賞全23部門のノミネート作品の発表された。...
別窓で開く

アカデミー賞ノミネート発表!『ドライブ・マイ・カー』日本映画初の作品賞、数々の記録が誕生
現地時間の2月8日、第94回アカデミー賞のノミネーションが発表された。最多ノミネートを獲得したのはNetflixの『パワー・オブ・ザ・ドッグ』で、作品賞、監督賞、主演男優賞を含む12の賞で候補入り。また、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が、日本映画として初めて作品賞にノミネートされるなど、数々...
別窓で開く

英国アカデミー賞ノミネート発表 『ドライブ・マイ・カー』が非英語作品賞ほか3賞候補入り
英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が主催する英国アカデミー賞のノミネーションが発表された。最多は『DUNE/デューン 砂の惑星』で、作品賞ほか11部門にノミネート。濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』は、非英語作品賞のほか、監督賞と脚色賞でも候補入りした。 現地時間2月3日、第75回英国ア...
別窓で開く

ブレントフォードがトーマス・フランク監督と契約延長…2025年までの長期契約締結
ブレントフォードは24日、トーマス・フランク監督とアシスタントヘッドコーチであるブライアン・リーマー氏と契約を延長したと発表した。なお、新契約は2024−25シーズン終了時までとなる。 現在48歳のフランク監督はフレデリクスヴェルクのユースチームを指揮し、2008年にU−16デンマーク代表とU−17...
別窓で開く

「錆び付いているように見えた」英メディア、冨安健洋に最低評価…リーグ杯準決勝で失点にも絡み「70%の状態でもなかった」
 現地時間1月20日に開催されたリーグカップ準決勝・第2レグで、アーセナルはリバプールと本拠地エミレーツで対戦。第1レグはスコアレスドローに終わったなか、この一戦ではディオゴ・ジョッタに2発を叩き込まれ、決勝進出とはならなかった。 負傷明けの冨安健洋は公式戦3試合ぶりに復帰し、右サイドバックでフル出...
別窓で開く

アフリカ杯敗退のガーナ代表MFパルティ、カラバオ杯リヴァプール戦へ出場か
アフリカ・ネーションズカップの敗退が決まったガーナ代表MFトーマス・パルティの今後について、20日付けでイギリスメディア『BBC』が伝えた。 同大会のグループステージ3試合が終わり、ガーナ代表はグループCの最下位で敗退が決定。...
別窓で開く

【ブンデス日本人選手の中間査定】1部&2部の12人を採点! 長谷部、原口、板倉らを抑えての最高評価は?
 ブンデスリーガ1部は1月7日に後半戦がスタートし、2部も14日から再開した。本稿では、ドイツで奮闘する12人の日本人選手について、前半戦のパフォーマンスを100点満点で採点。まとめて紹介する。※個人及びチームの成績はすべて前半戦終了後のもの。...
別窓で開く

FA杯の早期敗退で露わになった冨安健洋の重要性。現地メディアが改めて指摘「トミヤス以外の選手では、クオリティーの低下は止まらない」
現地時間1月9日、FAカップ3回戦が行なわれ、アーセナルは2部(チャンピオンシップ)のノッティンガム・フォレストに0−1で敗れ、2018年以来の早期敗退を喫した。 ロンドンでナイフによる10代の被害が増加していることを受け、「これ以上血が流れないように」というメッセージを込めて全身真っ白なユニホーム...
別窓で開く

サンズの“陰のMVP”は10日間契約選手?大黒柱ポールが「心から感謝したい」と語る理由とは<DUNKSHOOT>
昨年10月に幕を開けた2021-22シーズンだが、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大によって、12月から選手たちやコーチングスタッフ、チームスタッフが続々と安全衛生プロトコル入り。12月だけで11試合が延期となったため、NBAと選手会は20日、同プロトコル入りによって欠場を余儀なくされた不足...
別窓で開く


[ スミス トーマス ] の関連キーワード

dunkshoot トーマス アフリカ ブンデス フランク
長谷部 mvp オスカ ガーナ