本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[言論ストロングスタイル]— ◆頼む! 普通の資本主義をやってくれ…… 岸田文雄首相が長期政権を築きたいと思っているのは誰の目にも明らかだが、何をしたいのかはさっぱりわからない。ただ岸田首相も、何も実績がないのは恥ずかしいとの自覚はあるようだ。そこで打ち出されたのが「新しい資本主義」だ。 報道では...
別窓で開く

なぜ日本の外交は“常に緊張状態”なのか? 米中対立の激化が招く「この国の最悪シナリオ」
 なぜ日本の外交は、常にアメリカと中国に左右され続けるのか? 日本が両国との関係にセンシティブにならざるを得ない理由を、ジャーナリストの船橋洋一氏の新刊『 国民安全保障国家論 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

中日・根尾昂は続けるか? 野手から投手に“挑戦”した選手たち、「拒否すれば現役は終わり」と言われた人も
■イチローは「オールスター」で投手デビュー 中日・根尾昂が5月21日の広島戦で投手としてデビューし、大谷翔平(現・エンゼルス)に続く二刀流として注目を集めている。遊撃手兼投手だった大阪桐蔭高時代に、甲子園で最速148キロを記録した根尾は、前出の広島戦、2度目の登板となった同29日のオリックス戦で、い...
別窓で開く

ストライカーより中盤が主役になりがちな日本代表。飛び出しがほぼ空振りだった上田に求められるのは…
 日本は6月10日、キリンカップサッカー2022でガーナと対戦。前半に山根視来、三笘薫、後半に久保建英、前田大然がゴールを挙げ、4−1で快勝した。14日に行なわれる決勝は、チリを2−0で破ったチュニジアとの対戦となる。 日本の90分間を通したスタッツは、ポゼッション率55パーセント、シュート17本(...
別窓で開く

ガーナ戦完勝の日本代表を海外各国のメディアはどう評価した? 「最もシャープなプレー」「完璧なシナリオ」
日本代表は6月10日、キリンカップサッカー2022準決勝でガーナ代表を4-1で下し、14日の決勝ではチュニジア代表と対戦することが決まった。 ノエビアスタジアム神戸での一戦、ベストメンバーではないアウェーチームを立ち上がりから積極的に攻め立てた日本は、29分には好連係から山根視来が抜け出してシュート...
別窓で開く

娘の代わりに“自身の孫”を代理出産した50歳母親「この子は娘への贈り物」(米)
先月17日、50歳の女性が娘の代わりに代理出産したというニュースがアメリカより届いた。娘は病気により妊娠できなくなってしまい、その様子を見た母親が代理出産を決意したという。リスクを承知しながらも自ら孫を出産した女性は「子どものためだったら何だってします。産まれた子は娘への贈り物なんです」と今回の代理...
別窓で開く

トルコで豊尻手術中に心停止も医師は告知せず、2年後も後遺症に苦しむ女性(英)
イギリスに住む25歳の女性は今から約2年前、トルコで「ブラジリアン・バット・リフト(BBL)」の手術を受けた。しかし期待したほどの結果が得られなかったばかりか、女性は今でも後遺症に苦しんでいるという。『The Daily Star』などが伝えている。...
別窓で開く

【采配検証】W杯本番へ向け「最終試験」に近い意味合いを持ったガーナ戦。CFと左サイドで序列変動の可能性も
[キリンカップサッカー]日本 4−1 ガーナ/6月10日/ノエビアスタジアム神戸 森保一監督は6月シリーズ、カタール・ワールドカップ本番を想定して「中3日でのコンディション調整を意識してメンバーを代えながら」と話した。事実上、ガーナ戦は最終試験に近い意味合いがあったはずだ。...
別窓で開く

大谷翔平、162キロ超えの強烈ヒットで13試合連続出塁! エンジェルスは“強敵”メッツに為す術なく連勝ならず
現地時間6月10日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の3打席でライト前ヒットを放ち、4打数1安打を記録したが、チームを連勝には導けなかった。 前日のボストン・レッドソックス戦では“リアル二刀流&rdquo...
別窓で開く

4度目のW杯目指す川島永嗣が説く“勝敗を変える差”「レアルがCLで優勝したのも…」
日本代表GK川島永嗣(ストラスブール/フランス)が、11日にオンラインでのメディア対応を行った。 10日に行われたキリンカップサッカー2022ではゴールマウスに立ち、4−1の勝利に貢献。自身のパフォーマンスについて、「GKの仕事してはそこまで多い試合ではなかった。メンバーが変わる中、どうやって後ろか...
別窓で開く


[ スミス ] の関連キーワード

トルコ 自民党 メッツ ガーナ