本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ラトレル・スプリーウェル、“破壊的な性格“が露わになった1994年の事件【NBAレジェンド列伝・前編】
■本格的にバスケを始めてわずか1年で才能が開花 スター選手とヘッドコーチ(HC)の関係は、時として極めて微妙なものになる。古くはクリス・ウェバーとドン・ネルソンの確執が問題となったし、さらに時を遡れば、マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)もポール・ウエストヘッド(元レイカーズHCほか)...
別窓で開く

ニックスの「歴代ベスト5」を選定!4人は1970年代の黄金期メンバー。残る1人はチーム史上最高のビッグマン
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。今回はリーグ...
別窓で開く

ミラクル・ニックスやジョーダンの“ザ・ショット”…NBAのプレーオフ史に残る名アップセット10選を紹介【前編】
勝利こそすべてのプロスポーツリーグにおいて、最大の醍醐味とも言えるのが、弱者が強者を倒す“ジャイアントキリング”だ。NBAのプレーオフ73年の歴史のなかで、今も語り継がれる名アップセット10選をお届けしよう。...
別窓で開く

宿敵レジー・ミラーとの契約、レイカーズの至宝コビー獲得……名門ニックスの“未遂”に終わった取引
ニューヨーク・ニックスはNBA最古の球団として知られ、1970、73年に優勝。1990年代にはパット・ライリー・ヘッドコーチ(HC)の下、パトリック・ユーイングやジョン・スタークス、チャールズ・オークリー、アンソニー・メイソンらタフなメンバーを揃え、毎年プレーオフで上位に進出する、リーグでも指折りの...
別窓で開く

ウォリアーズの「歴代ベスト5」を選定!NBAに革命を起こした2人に加え、“裏切り者”の名前も
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く

シャック、コビー、レブロン…群雄割拠の2000年代、各シーズンのベストプレーヤーに選ばれたのは?
1990年代のNBAは、マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズの時代だった。圧倒的なパフォーマンスで数々の個人賞に輝いたジョーダンに率いられ、ブルズは2度の3連覇を達成。王朝を築き上げ、このディケイドを支配したと言っていい。 だがジョーダンが1999年に2度目の現役引退を表明すると、NBAは群雄割拠の...
別窓で開く

「1人の人間の夢が“物”扱いされた」スター街道を驀進していたウェバーが、NBA入り直後に味わった屈辱と苦悩の日々
私がクリス・ウェバーと始めて会ったのは、彼が20歳の時。ドラフト全体1位でオーランド・マジックに指名され、その直後にゴールデンステイト・ウォリアーズにトレードされてから3ヶ月後の、1993年9月だった。 中学、高校、そしてミシガン大時代の“ファブファイブ”。...
別窓で開く


[ スプリーウェル ] の関連キーワード

ジョーダン レブロン ミラー nba

<前へ123次へ>