本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



吉岡里帆が「脱・テレビ」で仕掛けた“色香演技”の全貌(3)鈴木京香の対抗馬に浮上
 およそ1年半、民放の連ドラから離れている吉岡だが、6月末にテレビ朝日のSPドラマ「監察の一条さん」に出演。主演の吉田鋼太郎(63)が定年間近の監察官を、ヒロインの吉岡はキャリア組の“毒舌上司”を演じたところ‥‥。「バディを組んだ2人の息がぴったり。放送後、連ドラ化を望む声が殺到したんです」(芸能記...
別窓で開く

イングランド、ウェールズとの“イギリス対決”を制して首位通過! 先発抜擢の2人が大仕事
FIFAワールドカップカタール2022・グループBの第3節(最終節)が29日に行われ、ウェールズ代表とイングランド代表が対戦した。 プレミアリーグで活躍する選手たちを多く抱えるイングランド代表は、大会前から“優勝候補”と目されている。第1節ではイラン代表を6−2で撃破し、圧巻のゴールショーを披露。...
別窓で開く

イングランドが英国ダービーのスタメンを発表!ラッシュフォード、フォデンらが初先発!右足首に不安のケインの名も【W杯B組】
 現地時間11月29日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(B組)第3戦で、グループ最下位のウェールズと対戦する、首位のイングランドがスターティングメンバーを発表。右足首の状態が不安視されているキャプテンのハリー・ケインも名を連ねた。 イランとの初戦と全く同じ先発で臨んだアメリカ戦か...
別窓で開く

ドローで足踏みイングランド…指揮官は「満足」強調も、有識者たちはフォーデン不出場に疑問の声
FIFAワールドカップカタール2022・グループB第2戦の「イングランドvsアメリカ」に関して、イングランド代表の用兵に疑問の声が挙がっているようだ。25日、イギリスメディア『BBC』が報じている。 イングランド代表は、25日にアメリカ代表と対戦。試合はアメリカ優勢で、イングランド8本、アメリカ10...
別窓で開く

“優勝候補”イングランドが足踏み…若きアメリカに苦戦、スコアレスドロー
FIFAワールドカップカタール2022・グループB第2節が25日に行われ、イングランド代表とアメリカ代表が対戦した。 56年ぶり2度目の優勝に期待がかかるイングランド代表は、21日に行われた第1節イラン代表戦で圧巻のゴールショーを披露。ジュード・ベリンガムのゴールを皮切りに大量6ゴールを挙げ、6−2...
別窓で開く

イングランド代表、アメリカ戦のスタメンを発表!6発圧勝のイラン戦と同じ11人を選択
 現地時間11月25日に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(B組)第2戦で、アメリカ代表と対戦するイングランド代表がスターティングメンバーを発表した。 ガレス・サウスゲイト監督は6−2で大勝したイラン戦と全く同じ11人を選択。エースのハリー・ケインや、初戦で先制点の19歳ジュ...
別窓で開く

ミニスカートで伝説を生んだマリー・クワント…明かされる日本との深い関係【映画】
いまや女性のファッションに欠かせないアイテムのひとつといえば、ミニスカート。とはいえ、1950年代頃まではタブー視されていた歴史を知らない人も多いのでは? そこで、ミニスカートを“武器”に世界を変えた伝説のデザイナーの真実に迫った注目ドキュメンタリーをご紹介します。...
別窓で開く

“優勝候補”イングランド代表、イランに6発大勝でワールドカップ白星発進!
FIFAワールドカップカタール2022・グループB第1節が21日に行われ、イングランド代表とイラン代表が対戦した。 両チームは国際大会で初の対戦。イングランド代表は4年前のロシア大会で4位、昨夏のEURO2020準優勝と国際大会で一定の成績を残し、56年ぶり2度目の優勝に期待がかかる。...
別窓で開く

ファッションの先駆者マリー・クワントの歩みをたどる『マリー・クワント展』開催
若い女性のための革新的なファッションを打ち出し、1960年代のイギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を牽引したファッションデザイナー、マリー・クワントの軌跡を紹介する展覧会が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで、11月26日(土) から2023年1月29日(日) まで開催さ...
別窓で開く

故エリザベス女王、著名写真家に提案されたポーズを“粋な言い訳”で拒否していた
伝説の英写真家ランキン氏が、生前のエリザベス女王の「ゴールデン・ジュビリー」のポートレートを撮影した時の裏話を告白した。女王がバッキンガム宮殿の部屋に現れた瞬間、これまでにないオーラに包まれたという。ランキン氏は撮影前にあるポーズを提案したものの、女王は機転を利かせた“言い訳”でそのような写真を撮ら...
別窓で開く