本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シノヅカが値千金の先制弾も、松原が目の覚めるようなゴラッソ!横浜と柏の一戦はドロー決着
 J1リーグは5月22日、第15節の9試合を各地で開催。日産スタジアムで行なわれた横浜F・マリノス対柏レイソルの一戦は、1-1の引き分けに終わった。 両チームのメンバーは以下のとおり。...
別窓で開く

FC東京が前半だけで3ゴール奪取、終盤にも4点目。柏の反撃をシャットアウトして6試合ぶり白星
 J1リーグは5月15日、第14節の計8試合を各地で開催。三協フロンテア柏スタジアムで行なわれた柏レイソル対FC東京の一戦は、4-0でFC東京が勝利した。 両チームのメンバーは以下のとおり。...
別窓で開く

【バイタルエリアの仕事人】Vol.4 江坂 任|日韓戦で待望の代表デビュー!「本能的にプレーしていた」アタッカーに訪れたプロ入り後の転機
 サッカーにおける攻守の重要局面となる「バイタルエリア」。ゴールや失点に直結する“勝負の肝”となるスペースをいかに攻略するか、死守するかは、多くのチームにとって不偏のテーマだろう。そんな「バイタルエリア」で輝きを放つ選手たちのサッカー観に迫る新連載のインタビューシリーズ「バイ...
別窓で開く

「神スンギュ」「この時間にこれはすごい」チームを救った柏守護神のPKストップに脚光!
 まさにチームを救うビッグプレーだった。 J1リーグ第10節の大分トリニータ戦、敵地に乗り込んだ柏レイソルは1-0で完封勝利。53分に江坂任が挙げた1点を守り抜いて勝点3を掴んだ。 この試合のハイライトはアディショナルタイムに訪れる。自陣ペナルティエリア内で上島拓巳がハンドの反則でPKを献上。...
別窓で開く

コロナ禍に揺れた柏、江坂の今季初ゴールで連勝達成!終盤のPKも止められた大分は4試合連続ノーゴールに
 J1リーグは4月17日、第10節の5試合を各地で開催した。昭和電工ドーム大分で行なわれた大分トリニータと柏レイソルの一戦は、1−0でアウェーチームの柏が勝利を収めた。 リーグ戦5連敗中で18位のホーム大分は3−4−2−1のシステムを採用。前節からはふたりを変更。小出悠太、長谷川雄志を先発させた。...
別窓で開く

横浜FC、終了間際の失点で今季リーグ初勝利ならず…柏DF大南が執念の同点弾
 3日、明治安田生命J1リーグ第7節横浜FC対柏レイソルが行われた。 横浜FCは現在、リーグ6試合を終えて6敗。ルヴァン杯第1節では勝利を挙げているものの、リーグ戦初勝利をかけた一戦となった。一方の柏は、現在リーグ戦で4連敗中。しかし直近に行われたルヴァン杯第2節では勝利を挙げており、この試合に勝利...
別窓で開く

「ナイス勝利。でも…」欧州最多得点記録に並ぶ“絶好調男” 浅野拓磨が決定機逸を悔やむ!
 日本代表FW浅野拓磨が3月25日に行なわれた日韓戦から数時間後に、自身のインスタグラムを更新。悔しさをぶつけている。 今季、浅野は所属クラブのパルチザン(セルビア1部)で絶好調だ。合流直前の試合でも公式戦3連発となるゴールを挙げ、リーグ戦得点数はハーフナー・マイク(当時オランダ1部・ADO)が持つ...
別窓で開く

日本代表、韓国戦10年ぶりの完封劇!山根、鎌田、遠藤の3発&無失点でアジアの宿敵を攻守で圧倒
 国際親善試合の日本代表対韓国代表が3月25日、日産スタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利を収めた。 国際親善試合としては10年ぶりの対戦。伝統の一戦で、日本は立ち上がりから主導権を握り韓国を押し込んだ。5分過ぎには左サイドからの崩しで打開。大迫勇也のポストプレーから佐々木翔へつなぐと、最後は鎌田...
別窓で開く

韓国はイ・ガンインらがスタメン入り…キャプテンはG大阪のキム・ヨングォン
 25日に国際親善試合で日本代表と対戦する韓国代表のスターティングメンバーが発表された。 メンバーには、イ・ガンイン(バレンシア/スペイン)やナム・テヒ(アル・サッド/カタール)らが入った。キャプテンと務めるのはキム・ヨングォン(ガンバ大阪/日本)で、かつてJリーグでプレーしたウォン・ドゥジェ(蔚山...
別窓で開く

韓国代表がついに来日。選手&監督が語った“日本戦”の持つ意味「韓日戦の重要性は言葉で説明しなくても…」
 3月23日、日本サッカー協会(JFA)は韓国代表メンバーが来日したことを報告。併せて日韓戦に向けた選手、監督のコメントを発表した。 JFAによると、25日に開催される日本代表との国際親善試合に臨む韓国代表は22日に来日。チームはホテルへ移動後、さっそく横浜市内でトレーニングを行なったという。...
別窓で開く


[ スンギ 柏レイソル ] の関連キーワード

ヨングォン アジア vol