本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



無謀な主張を続ける“レブロン・ヘイター”に現地メディアがピシャリ「その偉大さを認める時がきた」
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、今季自身4度目のNBAタイトルを手にし、35歳にして“キング健在”を強烈に印象づけた。それと同時に、“神様”マイケル・ジョーダンとの「史上最高の選手」を巡る議論が過熱している。...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】LI-NINGはシューズよりBOXに全力投球?ウェイドの初代モデル「WAY OF WADE」
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  NBAの2019-20シーズンがついに幕を閉じました。ファイナルはロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートが激突し4勝2敗でレイカーズが勝利。“キング”レブ...
別窓で開く

21世紀のNBAベストチームを決定!名物ライターが「5戦で決着する」と予想した最強チームとは?
2000−01シーズンから幕を開けた21世紀のNBAは、今季で節目となる20シーズン目を終えようとしている。これまで19ものチャンピオンチームが生まれ、今季のファイナルは第5戦終了時点でロサンゼルス・レイカーズが3勝2敗でマイアミ・ヒートに王手をかけている。...
別窓で開く

2011年にファイナルを制したマブズの名物オーナーがレブロンの“ある部分”を称賛「当時とは明らかに違う」
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、10月9日(日本時間10日)に行なわれるマイアミ・ヒートとのNBAファイナル第5戦で、自身4度目の優勝をかけて戦う。 ファイナル出場は歴代3位タイの10回目を数えるレブロンだが、過去9回の戦績は3勝6敗。レギュラーシーズンの数々の栄光に比べて、&ld...
別窓で開く

ラプターズの「歴代ベスト5」を選定!PG〜PFはほぼ文句なし。人材難のセンターは……
1946年の創設から74年。その長い歴史のなかでNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く

レイカーズとヒートのファイナルは実現するか?レジェンドのウェイドが両チームの注目人物をピックアップ
2020年のプレーオフはカンファレンス・ファイナルの終盤に差し掛かっており、ウエスタン・カンファレンスではロサンゼルス・レイカーズがデンバー・ナゲッツ相手に3勝1敗で10年ぶりのファイナル進出へ王手をかけた。...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】かつて“勝負弱かった”レブロン。「LEBRON 8 P.S」には初優勝を願う製作陣の熱い思いが凝縮
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  オハイオ州アクロン出身のレブロン・ジェームズは地元セント・ビンセント・セントメリー高校で1年生からエースとして活躍。...
別窓で開く

「シャックやコビーとプレーするなんて想像できなかった」スターを集結させる最近のNBAの風潮にアイバーソンが苦言
NBAは2000年代に入ってフリーエージェントやトレードによる大物移籍が頻繁に起こり、ひとつのチームに複数のスーパースターが集結する例も珍しくなくなった。 遡れば、2007年にポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンがボストン・セルティックスで“ビッグ3”を結成して...
別窓で開く

ヒートの「歴代ベスト5」を選定!PG〜SFは文句なし、激戦となったビッグマンは…
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く

ジョンマスターオーガニックから、スタイリングしながらケアも叶える、マスカラタイプのスタイリング料が新登場
ジョンマスターオーガニック(john masters organics)より、マスカラタイプのスタイリング剤「スリーキングスティック」を2020年5月14日より新発売いたします。 マスカラタイプの形状で、ニュアンスを自在に演出するスタイリング料、『スリーキングスティック』が新登場。...
別窓で開く


[ スリーキングス ] の関連キーワード

lebron レブロン wade ヘイタ way