本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あざとい」今田美桜&鈴木伸之の“逆頭ポンポン”SHOTに反響「のぶくんの子犬感たまらん」
「あざとい」今田美桜&鈴木伸之の“逆頭ポンポン”SHOTに反響「のぶくんの子犬感たまらん」 6月4日、日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の公式Instagramが更新され、出演者である今田美桜と鈴木...
別窓で開く

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けて...
別窓で開く

肝臓・胆道・膵臓の「難治がん」との賢い闘い方5 ステージIVと言われたらどうすればよいのか?
■ステージIVでも治癒できる 他臓器に転移がみられる「ステージIV」のがんにはどうしても絶望的な印象がつきまとう。しかし、同じステージIVでもグラデーションや程度があること、そして、大腸がんであれば、転移をしても治癒するポテンシャルが残されていることなどがこれまでの対談で明らかになった。ステージIV...
別窓で開く

ソニン、『悪女(わる)』出演決定 ヘッドハンティングされてきたT・Oさんの元カノに
女優の今田美桜が主演するドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話ラストに、T・Oさん(向井理)の謎の女?として登場していた女性が、実は巨大IT企業「オウミ」の新しい企画開発部課長となる笹沼エミリだったことが判明。そんな笹沼エミリ役をソニン...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズのような「飛び抜けた天才」が出ない日本に「必要なこと」
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。メディアプラットフォーム「note」に寄稿した『江戸日本の「勤勉革命」は21世紀に「勤勉敗戦」に陥っている』という論考について語った。音楽配信サービス「アップルミュージックストア」が日本上陸。...
別窓で開く

IT系人材に経費を掛けられない「日本企業の事情」 〜優秀な人材はアメリカや中国に行ってしまう
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田政権の成長戦略である「新しい資本主義」について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」100万人に能力開発 政府が「新しい資本主義」原案を公表政府は5月31日、岸田政権下では初の成...
別窓で開く

ZOZOの業績が好調です。直近決算の2022年3月期(2021年度)は商品取扱高、営業利益ともに過去最高となりました。株価も回復し昨年、ひさしぶりの時価総額1兆円超えを記録した場面もありました(その後、日本株全体の低迷もあり直近の時価総額は約8400億円)。そのような好状況の中で先週、ひっそりとサー...
別窓で開く

『悪女(わる)』第8話 “麻理鈴”今田美桜、備品管理課に逆戻り 働く母が直面している厳しい現実を知る
女優の今田美桜が主演を務めるドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第8話が今夜1日に放送。再び「備品管理課」に逆戻りした麻理鈴は、働く母が直面している厳しい現実を知る。 深見じゅんによるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を30年ぶりに再びドラ...
別窓で開く

森久保祥太郎&蒼井翔太、アルバイトの思い出を語る
新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は25日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【森久保祥太郎×蒼井翔太】#6』を放送した。本放送では、月曜日の放送に続き、求人検索エンジン「Indeed」とのコラボ企画を実施。『声優と夜あそび』の限定求人がIndeedに掲載されるとのことで、その...
別窓で開く

「恐ろしい週だった…」不倫報道に妊娠発覚、国民的夫婦が直面した“地獄の一週間”
 当代随一の脚本家にして、近年は監督業にも進出している俊英アーロン・ソーキン。『ソーシャル・ネットワーク』『シカゴ7裁判』など実話を基にした作品を数多く手がけるが、彼が書く脚本は実にユニークでトリッキーだ。『スティーブ・ジョブズ』では誰もが知る故人の生涯を象徴的な3つのプレゼンの舞台裏だけに集約して...
別窓で開く


[ ジョブ ] の関連キーワード

スティーブ zozo suit ジョブズ アメリカ
森久保