本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【本棚を探索】第37回『自民党の女性認識 「イエ中心主義」の政治指向』安藤 優子 著/濱口 桂一郎
■思想の再編成に着目 安藤優子といえば、テレビ朝日やフジテレビのニュースキャスターとして長年活躍し、その後上智大学大学院に入学して、博士号を取得した。その博士論文が本書である。彼女は1958年生まれで筆者と同年齢。...
別窓で開く

これまでの奨学金に関する報道は、極端に悲劇的な事例が取り上げられがちだった。たしかに返済を苦にして破産に至る人もいるが、お金という意味で言えば、「授業料の値上がり」「親側におしよせる、可処分所得の減少」「上がらない給料」など、ほかにもさまざまな要素が絡まっており、制度の是非を単体で論ずるのはなかなか...
別窓で開く

かまいたち濱家が“冷蔵庫で冷やしているモノ”に騒然 「おばちゃんやん」
9日放送『お仕事Search!それってグッジョブ』(テレビ東京系)でブレーク中のお笑い芸人・かまいたちの濱家隆一が「冷蔵庫で保管しているモノ」を告白し、話題となっている。■お菓子が余る?かまいたち・濱家と山内健司、フリーアナウンサー・田撝さくらが話題の新商品やサービスの裏側を学びつつ、気ままなトーク...
別窓で開く

ヘンリー王子とメーガン妃、生前のエリザベス女王に媚びる「2023年の王室との和解計画」を練っていた
ヘンリー王子(38)とメーガン妃(41)が2023年に王室と和解するため、生前のエリザベス女王に“媚びる”計画を立てていたという。夫妻はもうすぐNetflixによるドキュメンタリー番組の配信や、ヘンリー王子の自叙伝の出版などを控えている。しかし女王が9月に崩御したため、夫妻が和解計画を続行するには王...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズが愛した京都「俵屋旅館」 部屋係が残したメモの中身「旦那様、筍大好き、あわふ田楽はまったくダメ」
 10月5日に11回目の命日を迎えたアップル社共同創業者の1人であるスティーブ・ジョブズ(1955〜2011)は、日本びいきで知られる。特に京都を愛し、京都市中京区にある「俵屋旅館」を定宿とした。俵屋の部屋係が残したジョブズの食の好みにまつわる貴重なメモを読み解く。...
別窓で開く

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ。2011年10月5日の逝去からこれまでを振り返れば、アップルが世に送り出した「iPhone」を軸に世の中はスマホによって、まさに激変した。いまもなお語り継がれる伝説の経営者であるジョブズの知られざる姿を、若き頃から彼を撮り続けてきた写真家の小平尚典と、あの300...
別窓で開く

過去の金融危機に学ぶ...エコノミスト「止まらない円安」、東洋経済「宗教 カネと政治」、ダイヤモンド「役職定年の悲哀」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■「宗教と政治」の真相に迫る意欲的な特集「週刊東洋経済」(2022年10月8日号)の特集...
別窓で開く

出し惜しみなし!加藤紀子が「バストの魅力」を炸裂させた「ナイス演出」
 テレビ東京の旅番組におけるマドンナの中で、トップクラスの評価を得ているのが、女優の加藤紀子であることは間違いないだろう。なにしろあの蛭子能収が、記憶に残るバス旅マドンナとして、加藤を最終回に指名したほど。「かまいたちの名所名物先取り旅」では、かまいたちの濱家隆一が混浴を熱望したこともある。...
別窓で開く

人生100年時代。「人生最後の職場を探そう」と、シニア転職に挑む50、60代が増えている。しかし、支援の現場ではシニア転職の成功事例だけでなく、失敗事例も目にする。シニア専門転職支援会社「シニアジョブ」代表の中島康恵氏が、シニア転職現場のリアルを紹介する。 今回は、税理士のような高難易度資格を取った...
別窓で開く

「新卒一括採用」「年功序列」がうらやましい……実力主義の海外で働いて感じたこと
画像イメージ「新卒一括採用」など、伝統的な日本型の雇用スタイルの評価が揺らいでいる。政府も現在の採用活動のあり方を「中長期的な課題」と捉え、将来的な見直しを示唆している。「時代に合わない」などと言われることも多いスタイルだが、海外の働き方と比べるとメリットがないわけではない。...
別窓で開く


[ ジョブ ] の関連キーワード

スティーブ エリザベス ジョブズ ヘンリ リアル
自民党