本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



業スーの116円「調味料」が有能すぎた!「エビ感ハンパない」「万能とはこのこと」
「エビ感がハンパない」「めっっちゃくちゃ美味しくてリピ確定」そんな口コミで好評なのが、国内外の食品が数多く揃う「業務スーパー」で販売されている調味料です。■ピリ辛さがクセになる注目の商品は、ベトナムから直輸入された「シュリンプチリソルト」です。 塩にえび粉末や唐辛子、にんにくなどをブレンドした、えび...
別窓で開く

【本棚を探索】第21回『実力も運のうち 能力主義は正義か?』マイケル・サンデル著/濱口 桂一郎
■功績重視に疑問呈す 2019年度の東大入学式の祝辞で、上野千鶴子は2つのことを語った。前半では「大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています」と、将来待ち受けるであろう女性差別への闘いを呼びかけ、後半では「がんばったら報われるとあなたが...
別窓で開く

 労働時間制のさらなる弾力化を急げ——厚生労働省は、現在、裁量労働制の適用拡大を念頭に専門家による議論を進めているが、併せて高度プロフェッショナル制度の拡大に向けた方策も打ち出すべきである。高プロ制は、2018年に成立した働き方改革関連法により新設したもので、翌19年4月の施行から3年が経過した。...
別窓で開く

『悪女(わる)』第9話 麻理鈴、女性の管理職育成プログラムを担当「JK5」計画が本格的にスタート
女優の今田美桜が主演を務めるドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第9話が今夜8日に放送。「JK5」計画が本格的にスタートする。 深見じゅんによるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を30年ぶりに再びドラマ化する本作は、ニッポンのお仕事を明るく...
別窓で開く

今田美桜、鈴木伸之に“頭ポンポン” 劇中と逆転ショットに反響「かわいい」「いいコンビ」
女優の今田美桜が主演を務めるドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが5日にオフショットを公開。今田が鈴木伸之に“頭ポンポン”をする姿に、コメント欄には「かわいい」「いいコンビ」などの声が集まった。...
別窓で開く

「あざとい」今田美桜&鈴木伸之の“逆頭ポンポン”SHOTに反響「のぶくんの子犬感たまらん」
「あざとい」今田美桜&鈴木伸之の“逆頭ポンポン”SHOTに反響「のぶくんの子犬感たまらん」 6月4日、日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の公式Instagramが更新され、出演者である今田美桜と鈴木...
別窓で開く

ソニン、『悪女(わる)』出演決定 ヘッドハンティングされてきたT・Oさんの元カノに
女優の今田美桜が主演するドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話ラストに、T・Oさん(向井理)の謎の女?として登場していた女性が、実は巨大IT企業「オウミ」の新しい企画開発部課長となる笹沼エミリだったことが判明。そんな笹沼エミリ役をソニン...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズのような「飛び抜けた天才」が出ない日本に「必要なこと」
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。メディアプラットフォーム「note」に寄稿した『江戸日本の「勤勉革命」は21世紀に「勤勉敗戦」に陥っている』という論考について語った。音楽配信サービス「アップルミュージックストア」が日本上陸。...
別窓で開く

IT系人材に経費を掛けられない「日本企業の事情」 〜優秀な人材はアメリカや中国に行ってしまう
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田政権の成長戦略である「新しい資本主義」について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」100万人に能力開発 政府が「新しい資本主義」原案を公表政府は5月31日、岸田政権下では初の成...
別窓で開く

『悪女(わる)』第8話 “麻理鈴”今田美桜、備品管理課に逆戻り 働く母が直面している厳しい現実を知る
女優の今田美桜が主演を務めるドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第8話が今夜1日に放送。再び「備品管理課」に逆戻りした麻理鈴は、働く母が直面している厳しい現実を知る。 深見じゅんによるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を30年ぶりに再びドラ...
別窓で開く


[ ジョブ ] の関連キーワード

スティーブ サンデル マイケル ジョブズ アメリカ