本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ユニコーンに乗って」西島秀俊が“1番の推しキャラ”と話題 可愛い一面にキュン
【モデルプレス=2022/08/09】女優の永野芽郁が主演を務めるTBS系ドラマ「ユニコーンに乗って」(毎週火曜よる10時〜)の第6話が9日、放送される。...
別窓で開く

電気自動車大手テスラの製造方式は、トヨタなど既存の自動車メーカーとはまったく異なる。経営コンサルタントの竹内一正さんは「テスラは『ギガプレス』と呼ばれる大型の鋳造機を使って車のボディを溶接なしで作っている。こうした常識破りを繰り返すことで、テスラは爆発的な成長を続けている」という——。■「おもちゃの...
別窓で開く

歴史的なイノベーションとして、引用されることの多いスターバックス。しかし、スターバックスがなぜ、コーヒーの新しい歴史をつくることができたのかについては、あまり知られていない。Kyoto Creative Assemblageは、歴史的なイノベーションをケーススタディとして取り上げ、新しい世界観をつく...
別窓で開く

■国家公務員試験の申し込み者数は10年で約1万人減官公庁を志望する若者が減っている。人事院が今年4月に発表した「2022年度国家公務員採用総合職試験の申込状況について」によると、2022年度の総合職試験への申込者数は、院卒者試験と大卒程度試験を合わせて1万5330人で、6年ぶりに増加傾向となった。し...
別窓で開く

「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出てこないのか?」。この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の『起業大全—スタートアップを科学する9つのフレームワーク』(ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に評価額1000億円以上の未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を創造する担い...
別窓で開く

『ジョジョの奇妙な冒険』ブーム終焉へ…盛り下がりは第8部『ジョジョリオン』のせい?
『ジョジョの奇妙な冒険』ブーム終焉へ…盛り下がりは第8部『ジョジョリオン』のせい? (C)PIXTA『週刊少年ジャンプ』を代表する人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ。テレビアニメ化やドラマ化も大成功し、“ジョジョブーム”が巻き起こっていたが、ここ最近は勢いに陰りが。その理由は、最新作である第8...
別窓で開く

クォン・スギョン監督×ぺ・セヨン脚本『ステラ SEOUL MISSION』公開決定 ポスター&予告公開
韓国で2週に渡りNo.1位を記録した『ステラ SEOUL MISSION』が11月11日より公開されることが決定。日本版ポスターと予告映像が解禁された。 本作は、人生崖っぷちの主人公が廃車目前のレトロカー“ステラ”と共に、消えたスーパーカーを追うコメディ作品。 監督は298万人動員を記録した名作『あ...
別窓で開く

小室圭さん3度目弁護士試験 短パン受験はこだわりの証? 合格→弁護士で年収2000万円 不合格は…
 ◇芸能「覆面座談会」 これが“噂の深層” 記録的猛暑の夏。芸能界でも、TKO木本武宏(51)が、巨額の投資トラブルを抱えていたことが発覚するなど、熱いニュースが続いています。気になる話題を、いつもの覆面メンバーが深掘りします。 スポニチ本紙デスク 先月26、27日に、小室圭さんがニューヨーク州弁護...
別窓で開く

圧巻のステージを満喫!山本里菜アナ、’天才’バナナマンのライブに感動
 TBSの山本里菜アナウンサーが6日、自身のインスタグラムを更新し、バナナマンのライブに行ったことを報告した。。 「先日バナナマンさんのライブ『bananaman live 2022 H』に行ってきました 圧巻のステージでした!やはりバナナさんは天才でした」とつづり、劇場の写真などをアップ。...
別窓で開く

山崎雅弘氏×内田樹氏が対談。なぜこの国はこんなに人を粗末に扱うのだろうか?
コロナ・パンデミックで日本政府の後手後手の対応に怒りを覚えた人は多いだろう。失政により多数の死亡者を出しても、為政者が責任を取ることもなく、政策の見直しを迫られることもない。コロナに限らず、長時間労働に長引く低賃金、外国人技能実習生への冷酷な仕打ちなど、この国では、人の命があまりにも軽んじられていな...
別窓で開く


[ ジョブ ] の関連キーワード

mission ジョジョリオン seoul トヨタ