本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



京都大学経営管理大学院の山内裕教授が立ち上げた、社会人を対象にした創造性育成プログラム「京都クリエイティブ・アッサンブラージュ」のエッセンスを紹介する本連載。今回のテーマは「アート思考」。アートがビジネスで注目を集め、「アート思考」が注目されている。しかしその理由とは何なのだろう? いかにしてアート...
別窓で開く

子どもの好奇心と主体性はどうしたら身につくのでしょうか。“全米最優秀女子高生の母”であるライフコーチ・ボーク重子さんは「同時期にさせてもいい習い事は2つまで。子どもには余白を与えましょう」といいます——。※本稿は、ボーク重子『しなさいと言わない子育て』(サンマーク出版)の一部を再編集したものです。■...
別窓で開く

21世紀に入って以降、グローバル企業のリーダーの資質はこれまでの常識とは大きく変わりました。20世紀の優れた経営者といえば、GE再興の祖であるジャック・ウェルチのようなイメージが典型例でした。厳しさと実行力、高い目標管理能力を兼ね備えた経営者です。多数の事業を傘下に抱え、それぞれを率いる事業部長同士...
別窓で開く

「愛され高齢者」の共通点は? ヒントは女優・樹木希林さんの死に際
 高齢者向けの指南書が、次々ベストセラーとなっている精神科医の和田秀樹氏。待望の新刊『老いの品格』(PHP新書)では、「快活な老後」を過ごすための新たな指針を示している。はたして健康で長生きできれば人生は幸せなのか。賢者の結論に耳を傾けてみよう。...
別窓で開く

ディズニー、ユニバ、黒ひげ危機一発の分解......!? おでかけ&自由研究のヒントてんこ盛り。
 なかなか遠出できなかった2年分の夏を取り戻すべく、この夏は感染対策をしつつ家族で思いきりはじけたい! その前にチェックしておきたいのが、ロングセラーガイドブック『家族でおでかけ 夏休み号』(昭文社)。「関東・首都圏発」と「京阪神・名古屋発」の最新版が6月21日に同時発売される。...
別窓で開く

直腸がんで手術6回の坂本龍一さんを深掘り「一がん息災」の重要性【Dr.中川 がんサバイバーの知恵】
【Dr.中川 がんサバイバーの知恵】 YMO以来のファンとして衝撃を受けました。教授の愛称で知られるミュージシャンの坂本龍一さん(70)が、ステージ4の直腸がんであることを公表したことです。それが見つかった経緯もショッキングで、国内外で話題を呼んでいます。 病状を明かしたのは、文芸誌「新潮」です。...
別窓で開く

東京都品川区、「五反田バレーアクセラレーションプログラム」参加者募集、スタートアップ/起業家を対象に研修会
「五反田バレーアクセラレーションプログラム2022」  東京都品川区は、スタートアップ企業などを対象とした研修会「五反田バレーアクセラレーションプログラム2022」を実施する。...
別窓で開く

肝臓・胆道・膵臓の「難治がん」との賢い闘い方5 ステージIVと言われたらどうすればよいのか?
■ステージIVでも治癒できる 他臓器に転移がみられる「ステージIV」のがんにはどうしても絶望的な印象がつきまとう。しかし、同じステージIVでもグラデーションや程度があること、そして、大腸がんであれば、転移をしても治癒するポテンシャルが残されていることなどがこれまでの対談で明らかになった。ステージIV...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズのような「飛び抜けた天才」が出ない日本に「必要なこと」
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。メディアプラットフォーム「note」に寄稿した『江戸日本の「勤勉革命」は21世紀に「勤勉敗戦」に陥っている』という論考について語った。音楽配信サービス「アップルミュージックストア」が日本上陸。...
別窓で開く

ZOZOの業績が好調です。直近決算の2022年3月期(2021年度)は商品取扱高、営業利益ともに過去最高となりました。株価も回復し昨年、ひさしぶりの時価総額1兆円超えを記録した場面もありました(その後、日本株全体の低迷もあり直近の時価総額は約8400億円)。そのような好状況の中で先週、ひっそりとサー...
別窓で開く


[ ジョブズ スティーブ スティーブ ] の関連キーワード

スティーブ zozo suit ジョブズ ディズニ
五反田

<前へ12345678次へ>