本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



キーボードのキーを使ったドット絵アート 「レゴも得意なんだろうね」「キーボードのキーってこんなに沢山の色があるのか」
米ユタ州在住のアーティスト、エリック・ジェンセンさんの代名詞はキーボードのキーを使ったドット絵アートです。何色もの文字キー、スペースキー、シフトキー、エンターキーといったキーボードのキーを使い分け、人物画や名画を再現したアート作品をInstagramで公開しています。...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズは子どものiPad使用を厳しく制限していた デジタル時代の悪影響を警告する『スマホ脳』
スマートフォンは便利な反面、依存や子どもの学力低下など、さまざまな懸念材料を抱えたまま今日にいたる。わが子にどんな悪影響があるのか、不安なまま子どもに与えている親も多いだろう。そんなデジタル時代の不安に答えたのが、スウェーデンの精神科医、アンデシュ・ハンセン氏の著書『スマホ脳』(新潮新書/訳:久山葉...
別窓で開く

7話完結でイッキ見に最適! Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」
TOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「5時に夢中!」(毎週月〜金曜 17:00〜)。2020年12月17日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。...
別窓で開く

人脈作りには「優秀さ」より「好感度の高さ」が重要な理由
「有力な人脈がほしい」と考える人は少なくありません。そして人脈を構築する手段についていえば、「相手を引きつけられる、輝く実績を持ちなさい」といった主張が見られます。しかし、筆者は優れた人脈を作りたければ、優秀さより相手から好感を持ってもらう振る舞いこそが重要だと考えます。...
別窓で開く

見直したい「スマホの使い方」 ジョブズが子どもにデジタル機器を与えないのはなぜ?
 スマホは平均で1日4時間、若者の2割は7時間も使っているそうです。「スマホがないと生活が崩壊してしまう!」と思う人がいる一方で、スマホがもたらす影響を不安視している人も。子どもがいる場合は「幼いころからスマホを使わせて問題ないのだろうか?」と危惧する人もいるかもしれません。...
別窓で開く

人前で緊張を和らげるには?「スピーチ検定」で一流ビジネスマンを目指す
 そろそろ正月気分も抜けきった頃、読者の皆さんの中には、仕事始めなどで今年の抱負をスピーチさせられた‥‥なんて人もいるのでは。そんな時に「何を話していいのかわからない」「人前に立つと緊張して頭が真っ白になる」といった悩みをよく聞きます。 そこで今回、ご紹介するのは「スピーチ検定」。これはスピーチやプ...
別窓で開く

話題のドキュメンタリー映画『相撲道』が度々満席に! 悲喜こもごものツイートでSNSのタイムラインも満員御礼
大迫力の映像と臨場感あふれる音とともに強き男たちの生き様を描いた世界初“大相撲”のエンターテイメント・ドキュメンタリー『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が絶賛上映中です。1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」。そこには知られざる世界があった—。...
別窓で開く

コロナ禍の今。「一人の時間」を確保するべき理由
「一人でいるのが好き」と言うと、周囲から変な偏見の目で見られることがあります。「あの人は、内向的で、人との交流もせずに、家にこもってゲームや読書ばかりしているのだろう」と。もちろん、中には、そういうタイプの人間もいるでしょう。しかし、それは一部であって全部ではありません。...
別窓で開く

ジョブズを超えた!? カルト的人気を誇った作家が遺した名スピーチ
読むのに1分もかからないシンプルな「一文」が、人生を変えてくれるかも。何かに悩んでいる時に、答えに導いてくれるのは「本」かもしれない。日本一書評を書いている印南敦史さんだからこそみつけられた、奇跡のような一文を紹介します。■人生を変える一文 −『 ほんとうに大切な自由というものは〜』−▲これは水です...
別窓で開く

「セグウェイ」生産終了へ、追い討ちとなったウサイン・ボルト追突事件とは?
 6月23日、立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」の生産が7月15日をもって終了することが製造元企業によって発表された。発売当初は“未来の乗り物”と言われ大きな注目を集めたが、広く一般には普及することなく、ひっそりとその姿を消すこととなった。「セグウェイはブレーキやアクセルがなく、体の重心を移動させて...
別窓で開く


[ ジョブズ スティーブ ] の関連キーワード

netflix ギャンビット セグウェイ スティーブ ジョブズ