本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



原子論、火の発見、生態・環境破壊... 人類を大きく動かしてきた"化学"の明と暗
 人類の発展に欠かすことのできない"化学"の力。物質の成り立ちや性質を知る上でも非常に重要で、今なお活発な研究が続く分野でもある。とはいえ専門的な知識が必要となるだけに、化学に対して苦手意識を持っている人は多いのではないだろうか。かくいう私も、元素周期表を見ただけで頭がクラクラしてしまう。...
別窓で開く

「経営にデザインの視点を取り入れることが重要だ」とは昨今よく言われるものの、製品やサービスならまだしも、デザインが経営にどう影響を及ぼすのか、ピンとこない向きも多いだろう。ロッテの「キシリトールガム」や「明治おいしい牛乳」の商品パッケージなど、誰もが知っている商品のデザインや、数々の企業ブランディン...
別窓で開く

1円玉サイズのスティーブ・ジョブズ、エアブラシで描いてみた! ヒゲの1本1本まで見えてくる超緻密な似顔絵に「すごい…」の声
 今回紹介するのは、ベルソンさん投稿の『【1円】小さくスティーブジョブスさん描きました』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) 1円玉サイズで描きました 【1円】小さくスティーブジョブスさん描きました 投稿者をフォローして新着動画をチェック!  ほぼ1円玉と同じサイズで、スティーブ・ジ...
別窓で開く

「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラなどの化粧品を中心に、多数の広告コピーを手がけてきた。その田口氏が、伝わる・結...
別窓で開く

世界最大級のビジネス向けSNS(交流サイト)を運営するアメリカのリンクトインが、中国国内向けのサービスを停止することが明らかになった。「わが社は従来の戦略を変更し、『転職機会』の提供に集中することを決めた。ユーザーによるオリジナル・コンテンツ配信やユーザー同士の相互交流の機能は廃止する」。10月14...
別窓で開く

欧米メディアが心配する中国GDP急減速! 習近平は「第2の文化大革命」で大混乱を起こす?
新型コロナウイルスを抑え込み、景気を回復軌道に乗せて世界経済をけん引してきた中国経済に異変が起こっている。直近の2021年7月〜9月のGDP(国内総生産)が中国としては異例に低い、前年同期比4.9%増に落ち込んだのだ。考えられる原因は1つや2つではない。背景には、習近平指導部肝いりの政策が、ことごと...
別窓で開く

今年は、アップル創立の中心人物で、紆余曲折(うよきょくせつ)の末に同社を時価総額世界一の超巨大企業へと導いた、スティーブ・ジョブズの没後10年にあたる。現CEOのティム・クックへの最後の言葉として「スティーブだったらどうするか、とは考えるな」と伝えたジョブズゆえ、そろそろ伝説から解放しても良い頃合い...
別窓で開く

「ジョブズがいたら…」没後10年の年に発売された「iPhone13」の評判
 10月5日はスティーブ・ジョブズの命日で、今年は没後10年に当たる。ジョブズといえば言うまでもなく、アップルの共同設立者でiPhoneを誕生させた人物。その独創性やカリスマ性から彼を信奉する人が多く、後を継いでアップルCEOに就いたティム・クックが毎年iPhoneの新モデルを発表する度に、ツイッタ...
別窓で開く

いよいよ2022年4月から、日本の高等学校でも「資産形成」や「投資」の授業がスタートする。人生100年時代の今、大人も子どもも、お金の教養は喫緊の課題となっている。だが、日本人はお金の教養がないといわれて久しい。一方、投資先進国アメリカの学生は幼少期から、日本人が知らない「3つの力」を学んでいる。そ...
別窓で開く

賢人の教えからAV監督の人生哲学まで。「プレジデント」が「楽しい哲学入門」を特集
 10月8日発売の「プレジデント」(2021年10月29日号)の特集は「楽しい哲学入門」。仕事も人生も、すべて変わる、とうたっている。コロナ禍により家でひとり過ごす時間が増えた今こそ、生き方や周りの人との関係性を見直す好機だ。そのとき、大きな力を与えてくれるのが哲学だ。...
別窓で開く


[ ジョブズ ] の関連キーワード

リンクトイン スティーブ gdp