本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



柏が2位、C大阪が3位に浮上! 名古屋FW永井謙佑は1ゴール2アシストの大暴れ
明治安田生命J1リーグ第24節の4試合が6日に行われた。 鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島の直接対決は、広島に軍配。途中出場の川村拓夢が83分に先制点を挙げると、後半アディショナルタイム5分にエゼキエウがダメ押しの追加点を挙げ、2−0で勝利した。広島は5試合ぶりの勝利となり、鹿島は5試合未勝利と...
別窓で開く

横浜FMが独走体制固める…柏が暫定3位浮上、磐田は6試合ぶり白星で最下位脱出/J1第23節
明治安田生命J1リーグ第23節の8試合が30日に行われた。 首位の横浜F・マリノスは2位の鹿島アントラーズと対戦。2−0の快勝で天王山を制し、リーグの鹿島戦でシーズンダブルを達成した。横浜FMと鹿島の勝ち点差は「8」に広がった。 3位川崎フロンターレは浦和レッズと敵地で対戦。...
別窓で開く

Jリーグ、佳境を迎える後半戦の日程を発表! 今季全日程のKO日時、スタジアムが確定
Jリーグは29日、明治安田生命J1、J2、J3リーグの後半戦日程を発表した。 J1、J2、J3リーグの佳境に差し掛かる終盤戦は、これまで対戦カードのみの発表となっていた。今回の発表により、今季のJリーグの全試合の開催日時、キックオフ時間、開催スタジアムが決定している。...
別窓で開く

名古屋が8月の磐田戦で2年半ぶりの声出し応援を実施! 試験運用の状況次第で9月以降も実施の可能性
名古屋グランパスは23日、8月19日(金)に開催予定の明治安田生命J1リーグ第26節ジュビロ磐田戦において、2年半ぶりの「声出し応援」を実施すると発表した。 同クラブによると、Jリーグが定めるガイドライン及び政府の基本的対処方針に基づき、ホーム・豊田スタジアムの収容人数を50%に制限(上限21500...
別窓で開く

磐田は大津祐樹が復帰も4連敗…京都の大前元紀はJ1で5年ぶり得点/J1第22節
明治安田生命J1リーグ第22節の8試合が16日と17日に行われた。 首位の横浜F・マリノスは、敵地でサガン鳥栖と対戦。18分にレオ・セアラのPKで先制したものの、24分に速攻を受けて追いつかれ、59分にコーナーキックで逆転される。横浜FMは85分に水沼宏太がヘディングで試合を振り出しに戻したが、勝ち...
別窓で開く

鹿島、神戸、C大阪がJ1対決制す…J2甲府は鳥栖を下して8強進出/天皇杯ラウンド16
天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)の7試合が13日に行われた。 鹿島アントラーズはホームでガンバ大阪と対戦。71分、エヴェラウドの落としを受けたディエゴ・ピトゥカがペナルティエリアの手前からミドルシュートを突き刺して試合の均衡を破る。...
別窓で開く

鹿島、神戸、広島、福岡、C大阪、甲府がベスト8進出! 京都は後半ATの劇的ゴールで勝利【天皇杯4回戦結果】
 7月13日、天皇杯の4回戦(ラウンド16)の7試合が開催された。予定されていた東京ヴェルディ対ジュビロ磐田は、東京Vでチーム内の新型コロナウイルス感染者が多数確認され、活動停止状態となっているため、20日に延期された。 全国的に蒸し暑い環境のなか、Jリーグで2位と好調の鹿島は、ガンバ大阪と対戦。...
別窓で開く

「やっぱりいない」E-1選手権に参加する森保ジャパンメンバーが発表! 顔触れにファンから賛否「なぜいない?」と名前が挙がった選手は?
 日本サッカー協会は7月13日、E-1選手権に臨む日本代表メンバー26人を発表した。自国開催の今大会だが、インターナショナルマッチウィーク期間外のため、国内組のみでの編成となった。 選出されたメンバーは以下の通り。...
別窓で開く

横浜FMの連勝が6でストップ…3発快勝の浦和GK西川はJ1新記録、清水の白星で磐田が最下位に/J1第21節
明治安田生命J1リーグ第21節が9日と10日に行われた。 首位の横浜F・マリノスはセレッソ大阪と対戦。鬼門の敵地で2点を先行される苦しい展開となったが、終盤に相手が退場者を出すと、その場面で獲得したPKでレオ・セアラが1点を返す。さらに後半アディショナルタイム2分にレオ・セアラが同点弾をマーク。...
別窓で開く

【E-1選手権への推薦状】その実力に疑いなし…E-1を足掛かりにカタールへの夢切符を掴め!
もちろんワールドカップは楽しみだが、J2も同じように楽しみだし、高校年代の試合も本当に楽しみだ。正直に告白してしまうと、ワールドカップだけが特別な舞台だというイメージは、自分の中にないかもしれない。だが、そんな私にも『ワールドカップに出場してほしい選手』は間違いなく存在する。...
別窓で開く


[ ジュビロ 名古屋 ] の関連キーワード

カタール ジャパン 名古屋 天皇杯