本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



磐田、ホームタウン磐田市と”ライバル”清水への飲料水の提供を発表
ジュビロ磐田は27日、「台風15号で被災された皆様へ」と題した声明をクラブ公式サイトで発表した。 磐田のクラブ公式サイトに掲載された声明は以下の通り。...
別窓で開く

台風15号の爪痕残る静岡県…清水が声明を発表「心よりお見舞い申し上げます」
清水エスパルスは26日、台風15号の豪雨災害による影響についてクラブ公式サイトで声明を発表した。 清水のクラブ公式サイトに掲載された声明は、以下のとおり。...
別窓で開く

【藤田俊哉の目】強烈に放たれるゴールの“匂い”。エクアドル戦、堂安律を「9番」でテストするのも一案
[キリンチャレンジカップ]日本 2−0 アメリカ/9月23日/デュッセルドルフ・アレーナ まずは私事で恐縮だが、このたびジュビロ磐田のスポーツダイレクターに就任することになった。「クラブのために力を貸してほしい」。思い入れのあるクラブからオファーを受けた時、その言葉に心を動かされ、情熱がものすごく湧...
別窓で開く

「魂のW杯日本初ゴールは忘れない!!」中山雅史、ジャマイカ戦の一撃が話題「ずっと俺のヒーローだった!!」
 24年前の日本サッカー史に残るメモリアルゴールが再脚光を浴びている。 ワールドカップ(W杯)公式ツイッターの日本語版は9月23日、元日本代表FWで、現在はジュビロ磐田でコーチを務める中山雅史が、1998年フランスW杯のジャマイカ戦で決めたゴール動画を公開した。 同日は中山の55回目の誕生日。...
別窓で開く

「ヤットさんは遊び球を使って…」磐田内定の植村洋斗が歴戦のボランチから学んだこと。プレーの緩急に刺激「本当に凄い」
 高校時代から賢い選手だなという印象を受けていた。 早稲田大で3年生ながらも、2024年シーズンからのジュビロ磐田内定を発表したMF植村洋斗。彼は前に出てくるタイミングが秀逸で、かつ強度を持って攻撃に関わることができる選手だが、その激しさとは裏腹に非常にクールだ。...
別窓で開く

福西崇史が選ぶ『衝撃を受けたW杯の名試合』4選「あの頭突きは衝撃的でした」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

崖っぷちのジュビロ磐田に必要なこと。セレッソ大阪戦での反撃から「奇跡」への糸口が見えたか
 平時ならかなり前向きにとらえられる試合だろう。 J1第30節、ジュビロ磐田はホームにセレッソ大阪を迎え、2−2で引き分けた。 立ち上がりからC大阪にボールを握られる展開が続くなか、磐田は前半25分に先制点を許し、後半52分にも2点目を献上。抵抗らしい抵抗もできずに0−2とされたが、ここからが強かっ...
別窓で開く

神戸と福岡が残留圏に浮上! 京都はPO圏、G大阪は自動降格圏に転落/J1第30節
明治安田生命J1リーグ第30節が16日から18日にかけて行われた。 首位横浜F・マリノスは北海道コンサドーレ札幌から得点を奪えずスコアレスドロー。2位川崎フロンターレも先制点を守りきれず柏レイソルと引き分け、横浜FMとの勝ち点差は「5」のままとなった。 3位サンフレッチェ広島は名古屋グランパスとスコ...
別窓で開く

「ロナウジーニョみたい」ジュビロ金子翔太の芸術的コントロールショットが話題!「おぉー上手だね!」
 テクニシャンのコントロールショットが脚光を浴びている。 ジュビロ磐田は9月17日、J1第30節でセレッソ大阪とホームで対戦し、2−2で引き分けた。2点ビハインドから同点に持ち込んだ一戦で、チームの1点目をゲットしたのが金子翔太だ。 57分、金子は右サイドから吉長真優が上げたクロスをペナルティエリア...
別窓で開く

J1首位の横浜FM、札幌の堅守崩せずスコアレスドロー…連勝は「3」でストップ
明治安田生命J1リーグ第30節が18日に行われ、横浜F・マリノスと北海道コンサドーレ札幌が対戦した。 現在リーグ戦3連勝中の横浜FMが、前節ジュビロ磐田に4−0で勝利し今季初の連勝を飾った札幌をホームに迎えての一戦。横浜FMはマルコス・ジュニオールや水沼宏太、アンデルソン・ロペスらが先発出場。...
別窓で開く