本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ヨシダを売れば、深刻な過ちとなる」他クラブから関心の吉田麻也、地元メディアは売却に懸念!「引き止めるべき理由は…」
 経験豊富で信頼度が高いからこそ、他クラブからの関心の報が絶えない。そしてだからこそ、クラブにとっては貴重な存在だ。残りわずかとなった冬のマーケットで、吉田麻也の去就に動きはあるのだろうか。 守備の国イタリアに来て2年、吉田はサンプドリアとジェノバのファンの信頼を勝ち取り、最終ラインに欠かせない存在...
別窓で開く

イタリア代表キャンプからバストーニら2人が離脱…ロマニョーリら3選手を追加招集
イタリアサッカー連盟(FIGC)は26日、イタリア代表候補トレーニングキャンプのメンバー変更を発表した。 発表によると、DFアレッサンドロ・バストーニ(インテル)とDFジョルジョ・スカルヴィーニ(アタランタ)が離脱。2選手がキャンプ不参加となった理由は明かされていない。...
別窓で開く

「ヨシダがスクデットを競うことも」吉田麻也、インテルやミランに移籍の可能性も?現地メディアが報道「ローマも用意はある」
 プレミアリーグで長年プレーした経験を持ち、母国の代表キャプテンとしてリーダーシップを発揮し、「守備の国」でも安定したパフォーマンスが評価され、街やサポーターに馴染もうとする姿勢を称賛されてきた。守備強化を目指すセリエAのクラブにとって、吉田麻也は貴重な存在かもしれない。 イタリアのメディア『DIR...
別窓で開く

バロテッリが約3年半ぶりのアッズーリ復帰!…イタリア代表が短期合宿へ35名を招集
イタリアサッカー連盟(FIGC)は24日、3月のFIFAワールドカップカタール2022ヨーロッパ予選プレーオフを見据えた短期合宿に参加するイタリア代表のメンバーを発表した。 W杯本大会出場に向け、3月24日にプレーオフ1回戦の北マケドニア代表戦、そしてそれに勝利すれば、29日にポルトガル代表対トルコ...
別窓で開く

W杯&移籍市場の主役候補はこの男たち!今シーズン最も価値を高めているフットボーラーをランキングで紹介【ワールドサッカーダイジェスト最新号は1月20日発売】
 1月20日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、今シーズンに評価を急激に上げているスーパー上昇タレントを「ゴールデンボーイ」と称し、ポジションごとにその番付表を作成する特集です。 とくに注目に値するタレントは、個別に深掘り! クローズアップした上昇株は以下の通りです。...
別窓で開く

ディバラのインテル移籍に現実味?「フリー獲得」に定評の敏腕CEOが注目発言!
 今夏の去就が大きく注目されている1人が、アルゼンチン代表FWのパウロ・ディバラだ。  所属するユベントスとの契約は今シーズン末まで。クラブはここ1、2年で選手サイドと長く契約延長交渉を続けてきたが完全合意できておらず、契約満了まで約5か月の段階まできてしまった。このままでは移籍金ゼロのフ...
別窓で開く

「ユーベのDNAが失われた」ブッフォンが語る、C・ロナウド加入で起きた変化とは?「一緒に上手く仕事をしたが…」
 ジャンルイジ・ブッフォンが、スーパースター加入で起こったユベントスの変化について語った。英紙『Daily Mail』が12月24日付けで伝えた。 イタリア代表史上歴代最多の176試合の出場を誇る43歳は、パリ・サンジェルマンでプレーした2018-19シーズンを除き、19年間に渡りユーベの&ldqu...
別窓で開く

「リッチなオファー」吉田麻也にカタールから関心と伊メディア報道!「日本のキャプテンは納得していないが…」
 プロサッカー選手にとって、33歳はキャリアの終わりを意識しておかしくない年齢だ。日本の頼れるキャプテンは、今後をどのように見据えているのだろうか。 複数のイタリア・メディアは12月13日、サンプドリアの吉田麻也にカタールのアル・ガラファが関心を寄せていると報じた。...
別窓で開く

「ケガをさせるためにタックルしていた」イブラヒモビッチに糾弾された元同僚DFが“沈黙の反論”
 強烈な個性を持つ彼らは、これまでも衝突してきた。 ミランのズラタン・イブラヒモビッチが、イタリア紙『Corriere della Sera』のインタビューで、元イタリア代表のマルコ・マテラッツィを“口撃”した。インテルOBはSNSで「反論」している。『fanpage.it』...
別窓で開く

リヴァプール&アヤックスが決勝Tへ!…レアルは連勝、PSGは白星逃す/CL・GS第4節
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が3日に各地で行われた。 グループAでは、グループ首位のパリ・サンジェルマン(PSG)が3連敗のライプツィヒと対戦。ライプツィヒに立ち上がりの先制点を許したものの、続くピンチでジャンルイジ・ドンナルンマがPKストップ。するとその後、ジョルジニオ・...
別窓で開く