本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



指導者、解説者で活躍…EURO1996ベスト4のイングランド代表選手の現在地
イングランドサッカー協会(FA)は23日、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各協会と合同で、EURO2028共同開催への“関心表明書”を提出したと発表した。招致が成功すれば、1996年以来の英国諸島での単独開催が実現する。 EURO1996がイングランドで開催されたのは今から...
別窓で開く

予選で圧巻の9ゴール!36年ぶりのW杯出場を決めたカナダ代表の若きエース、デイビッドとは何者か【W杯の必見タレント】
 リーグ・アンのリールに所属する22歳のライジングスター、それがカナダ代表を36年ぶりのワールドカップ出場に導いたジョナサン・デイビッドだ。辺境カナダでの知られざるルーツ、欧州でのキャリアを辿りながら、カタールW杯の主役候補のサクセス・ストーリーに迫る。...
別窓で開く

「史上最低レベルに転落」EURO王者イタリア代表の2大会連続W杯予選敗退に、国内メディアは「災害」「衰退」「壊滅的」
現地時間3月24日、カタール・ワールドカップ欧州予選のプレーオフ準決勝が行なわれ、イタリア代表はパレルモのスタディオ・レンツォ・バルベーラで北マケドニアと対戦して0-1で敗北。前回ロシア大会に続いてW杯出場を逃した。...
別窓で開く

名将ラニエリが振り返るイタリア代表のEURO制覇。「マンチーニ監督はアッズーリそのものを変えてしまった」
 生粋のローマっ子であるクラウディオ・ラニエリは、イタリアのサッカーを熟知する人間である。選手時代はローマを含めた4つのチームでプレーした。監督になってからはイタリアを始めとしてヨーロッパの20以上のチームを率いた経験を持つ。 スペイン、ギリシャ、フランス、そしてイングランド——。...
別窓で開く

W杯欧州予選POに臨むイタリア代表メンバーが発表! 新型コロナ陽性のロカテッリも招集
イタリアサッカー連盟(FIGC)は18日、『2022FIFAワールドカップ』の欧州予選プレーオフに臨むイタリア代表メンバー33名を発表した。 イタリアは24日に北マケドニア代表との準決勝に臨み、勝利すれば29日にポルトガル代表とトルコ代表の勝者と決勝で対戦する。北マケドニアとは過去に2度対戦し、ロシ...
別窓で開く

アタランタ指揮官がEL16強進出に満足…反戦メッセージのマリノフスキーにも言及
アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督がオリンピアコス戦を振り返りコメントした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 アタランタはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントプレーオフのセカンドレグでオリンピアコスと対戦。ファーストレグを2−1で先勝したアタランタはセカンドレグでも試合...
別窓で開く

インテル、手痛い黒星で3試合勝ち無し…29本のシュート実らず
セリエA第26節が20日に行われ、インテルとサッスオーロが対戦した。 試合は8分に動く。サッスオーロが中盤でボールを奪うと、ドメニコ・ベラルディの縦パスを受けたジャコモ・ラスパドーリがエリア内からシュート。ボールはゴール左下に決まり、サッスオーロが先制に成功した。...
別窓で開く

イタリア代表復帰のバロテッリ「俺がいたらEUROはもっと楽に勝てた」
アダナ・デミルスポル(トルコ)に所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、代表チームについて語った。17日にイタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。  インテルでデビュー後、マンチェスター・C、ミラン、リヴァプール、ニース、マルセイユなどを渡り歩いた31歳の“悪童”バロテッリ。...
別窓で開く

現役時代に最も成功したプレミアリーグの監督は? 1位は名選手と謳われた“あの人”
フランク・ランパード氏が、エヴァートンの指揮官としてプレミアリーグの舞台に戻ってきた。8日に行われた第24節ニューカッスル戦は1−3で敗れたが、今後の手腕に注目が集まる。 今シーズンの開幕前には、かつてアーセナルで活躍したパトリック・ヴィエラ氏がクリスタル・パレスの指揮官に就任。...
別窓で開く

「ホンダはサッカー界の…」“世界に散った元セリエ選手”特集で本田圭佑やボージャンの現在に伊メディア注目! 紹介されたJ2戦士は?
 インテルで長友佑都、ミランで本田圭佑とチームメートだった元ガーナ代表のサリー・ムンタリが、母国で約3年ぶりにピッチに復帰することが発表された。 これを受け、イタリア衛星放送『Sky Sport』は2月2日、かつてセリエAでプレーし、現在は世界の各地に散っている選手たちを紹介。...
別窓で開く


[ ジャン インテル ] の関連キーワード

イングランド マンチーニ イタリア インテル euro
カナダ ホンダ