本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ガレージにこもり“没入”!クルマいじりの愉悦【快適ラクチン趣味活モノ】
【快適ラクチン趣味活モノ】愛車のメンテナンスやカスタムといったいわゆる“クルマいじり” は、多くの専門誌が存在することからも分 かるとおり、時を忘れて没頭してしまうほどの魅力を備えている。そんなガレージライフを日々満喫している西野義行さんに、ハマる理由を聞いてみた。...
別窓で開く

あらゆるフィールドで大活躍!華麗なる“ハコ車”6選【趣味な男の収納ギア】
【趣味な男の収納ギア】趣味の道具箱と考えると、ある意味クルマも“動く道具箱”。趣味の道具を詰め込ん で、海へ山へとえんやこら。そんなアウトドアを趣味にする人たちにオススメの一台を、 クルマとアウトドアをこよなく愛するフリーライター、高橋 満さんに紹介してもらった。...
別窓で開く

【これ、付録です!】アーバンリサーチじゃばら式ミニ財布でお会計をスマートに!
 キャッシュレス化が進んでいるためか、長財布や二つ折りからミニサイズのお財布に変更する人が増えてきた。ミニ財布を検討している方にオススメしたいアイテムが、「MonoMax11月号増刊」(宝島社)の付録に登場した。アーバンリサーチのじゃばら式ミニ財布 付録は「アーバンリサーチのじゃばら式ミニ財布」であ...
別窓で開く

【これ、付録です!】人気の「SUZUKIジムニー」が収納ボックスに!コロコロ転がせるよ。
「あたらしい遊べる軽!」として支持されているSUSZUKI ジムニーが、収納ボックスとなって「MonoMax11月号」(宝島社)の付録に登場した。カラーは人気のアイボリー。 アウトドアアイテムとしても、おうちインテリアの収納ボックスとしても最適で、あらゆるシーンで活躍してくれそう。...
別窓で開く

スズキ「ワゴンRスマイル」はちょうどいい全高とスライドドアで新ジャンルを築くか
スズキから、今や鉄板の装備であるリアスライドドアを備えながら、1695mmというちょうどいい全高を採用したブランニューモデル「ワゴンRスマイル」が登場した。スライドドアを備えた車高の高い“スーパーハイトワゴン”が昨今の軽自動車のトレンドだが、車高がそれより約10cm低いワゴンRスマイルは、どんな美点...
別窓で開く

経営トップに君臨40年超、「中小企業のオヤジ」スズキの鈴木会長が経営者に宛てたメッセージ(大関暁夫)
「電動化の時代、新たな技術が皆目わからなくなった。90歳を超えて新たな勉強は今さらできない」——。2021年事業年度上半期(4〜9月期)の経済界の動きで、生涯経営トップを貫くと思われていたスズキの鈴木修会長の突然の退任は驚きでした。鈴木氏は御年91歳。スズキの実質経営トップに君臨すること40年超。...
別窓で開く

スズキ「ジムニー」一部仕様変更 新型発売から3年
人気はまだまだ続いています!シエラも一部仕様変更で10月発売 スズキは2021年9月16日(木)、軽四駆の「ジムニー」ならびに小型四駆の「ジムニー シエラ」を一部仕様変更し、10月20日(水)から発売すると発表しました。 今回は、スズキ セーフティ サポート非装着車にもオートライトシステムを搭載した...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる
「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する...
別窓で開く

巨漢ジムニー!? それとも… ロシアン四駆「ストレラ」誕生 軍用ベースで市販化も視野
ジープ「ラングラー」にも似ているような…エンジンはなんと米国カミンズ製 ロシアの自動車メーカーGAZ(ガズ)は、2021年8月、新型の四輪駆動車「ストレラ」を公開しました。 これはグループ企業のVPKが手掛ける軽装甲車「ストレラ」のコンポーネントを流用して製作された民間仕様のクロスカントリー車両で、...
別窓で開く

スポーツカーとSUVの魅力が1台に!アウディ「RSQ3」は刺激的走りと使い勝手が秀逸
デザインや使い勝手、高級感などを武器に、アウディの売れ筋SUVとなっている「Q3」、「Q3スポーツバック」のラインナップに、超高性能モデル「RS Q3」が加わった。ピュアスポーツカー顔負けの過激的な走りを楽しめながら、キャンプなどのレジャードライブにも連れ出せる優れたユーティリティも兼備した欲張り仕...
別窓で開く


[ ジムニ ] の関連キーワード

suzuki スライド ストレラ スズキ スバル