本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大麻市場が活況!「もしあなたの知人が大麻を勧めてきたら」─どう断る?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延して以来、リモートワークや不要不急の外出を避けるStayhome、食材や料理の宅配業者増加など今までの生活とは違うライフスタイルへの転換が求められ、もう数年が経ちます。日常生活や将来の不安が日々つきまとう中、このような混沌...
別窓で開く

中学生を不良へ教育!使える半グレを養成する「ヤクザトレーナー」の仕事
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。中学生のころ、地元のヤクザとのかかわりを持つ先輩たちが筆者たち下級生を呼び出して、「いいものを食わせてもらった話」や「いい車に乗せてもらった話」を自慢げに話していたことがありました。当時を振り返ると、“いいものを食わせてもらった”といってもファミレスや安い居酒...
別窓で開く

76歳のテキヤが実際に語った「ヤクザ」「博徒とテキヤの違い」
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。映画やVシネマ、テレビドラマで目にする暴力団組織ですが、そこは盃事(さかずきごと)や義理がけといった専門用語をはじめ、細かな上下関係や呼び名が存在する、一般人にはよくわからない世界だと思います。...
別窓で開く

逃げた組員の代わりに妻が小指を... "剛腕マル暴"が明かす暴力団捜査のリアル
 暴力・殺人・抗争・恐喝など、社会の"裏側"で暗躍する「暴力団」。日常生活を送るうえで一切関わり合うべきではない反社会的勢力だが、構成員が自分のすぐ近くにいる可能性は否定しきれない。いつ凶悪事件に巻き込まれてもおかしくはなく、身の周りで不穏な気配や不可解な出来事が起きていないか常に意識すべきだろう。...
別窓で開く

「やられたらやり返す」が“敵”でも評価され……山口組分裂騒動の現在
ジャーナリスト・須田慎一郎が12月29日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。現在の日本の暴力団情勢について解説した。神戸山口組が特定抗争指定暴力団となり、大阪府警の捜査員が組事務所の入り口に出入り禁止の標章を張り付ける=2020年1月7日午前、大阪市中央区  写真提供:産経...
別窓で開く

厳しいヤクザの上納金!元極道に聞く「上納金制度」はどう決まるのか?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。元受刑者の方とよくお話をする機会があるのわけですが、暴力団の制度には素人には理解できない“謎”がつきまといます。難解な仕組みですね。そのひとつが《上納金制度》。親分が配下の組員から格付に応じて、会費や交際費などの名目で強制的に金を徴収。この金により組織運営し、...
別窓で開く

次の半グレのシノギは総会屋?! 原点回帰し暗躍する企業恐喝が激増中!
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。最近、敬愛する高杉良先生原作、原田眞人監督、役所広司さん主演の『金融腐蝕列島 呪縛』(1999年)という映画を観直しました。原田監督らしい緊迫感とスピード感あふれる映画で、日本映画とは一線を画したハリウッド的な手法を十二分に発揮している作品です。...
別窓で開く

崖っぷち芸人・TAIGA、ケンコバとのセッションで爆笑を誘う【アメトーーク!】
■ケンドーコバヤシ流の笑いの作り方『アメトーーク!』(テレビ朝日)の「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」の本番が始まった。スタジオのほとんどが馴染みのない芸人だったが、俺の隣がSMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)のだーりんず・小田さんだったことが心強かった。▲出典:テレビ朝日HPソニーの芸人...
別窓で開く

北朝鮮の国境警備隊幹部「送金ブローカー業」で逮捕
北朝鮮の国境警備隊にとって、脱北の幇助、密輸への関与は重要な「シノギ」だった。国から充分な予算が得られない中、業務を遂行し、隊員の生活を保証するために、また隊員個人は、除隊後の生活設計のために、脱北と密輸に積極的に関わってきた。ところが、コロナがそんな状況を一変させた。...
別窓で開く

超痛い!経験者ヤクザは作法を語る!私はこんな方法で「指詰め」しました!
※編集部・注:記事の性質上、暴力的、ショッキングな表現があります。ご注意ください。どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。ヤクザにとって、金銭や女、シノギの面で失敗してしまったときに通例行事になっているのは、《指詰め》です。最近ではめっきり少なくなってしまったという、この通称・“エンコ詰め”こと《指...
別窓で開く


[ シノギ ] の関連キーワード

国境警備隊 taiga 北朝鮮 山口組 リアル