本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本は自分の家みたい」セリーヌ・ディオンを熱演したフランス人女優が語る日本愛
まもなく今年も終わりを迎えますが、華やかな気持ちで締めくくりたい人にオススメの映画は、制作費30億円をかけた音楽エンターテインメント『ヴォイス・オブ・ラブ』。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。ヴァレリー・ルメルシエさん【映画、ときどき私】 vol. 439ヴァレリーさん “フランスを代表...
別窓で開く

夏木マリ「やらせていただくしかない」 舞台『千と千尋』出演を決めたワケ
連続テレビ小説『おかえりモネ』で、林業がさかんな登米の資産家であり、主人公・モネを支え導いていくサヤカさんを演じていた夏木マリさん。さっぱりとしたまっすぐな性格で、オシャレでカッコよく、優しく時に厳しく、それでも根底に愛情を感じさせるキャラクターは、まるで夏木さん自身のようにも。...
別窓で開く

人類は新しい道具の出現とともに情報過多に悩んできた【テレワークに役立つ一冊】
11月は総務省の「テレワーク月間」。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一気にテレワークが浸透したが、新規感染者の減少とともに再び職場に通勤する人が増えてきた。しかし、テレワークの大きな流れは止まらないと見られる。今月は、テレワークや電話、コミュニケーションに関連する本を紹介しよう。コロナ禍で浸透...
別窓で開く

吉田羊「今まで感じたことがない体験」 意外!? 初のシェイクスピア劇に挑む
パルコ・プロデュース 2021『ジュリアス・シーザー』は、女性キャストたちだけで描かれるシェイクスピア劇。その見どころを吉田羊さんに聞きました。意外にも、シェイクスピア劇への出演は初めてだという吉田羊さん。「観客として観るシェイクスピアって難解で、途中でセリフを聞き逃すと置いていかれてしまうんですよ...
別窓で開く

早期治療で90%以上が助かる!2年に1度は乳がん検診で早期発見を 「ピンクリボンin東京2021」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は10月の乳がん月間に合わせ乳がんや乳がん検診について知り乳がん検診を受けるよう呼びかける都の「ピンクリボンin東京2021」のキャンペーンについてや、都民の日に今年...
別窓で開く

「名誉都民」に3人が選出 100歳現役ピアニストも
 東京都の2021年の「名誉都民」が発表され、100歳の現役ピアニストら3人が選ばれました。 名誉都民に選ばれたのは、100歳の現役ピアニスト・室井摩耶子さん、東京大学名誉教授で細胞内情報伝達の研究に努めた宇井理生さん、シェイクスピアの全戯曲を翻訳し翻訳劇の振興に努めた英文学者の小田島雄志さんの3人...
別窓で開く

「日本は素晴らしい! なぜなら…」注目の英国監督が語る日本への思い
どこか重たい空気が漂う日常生活を送るなか、上質な笑いを求めているときはありませんか? そんな気分のときにオススメするのは、長年にわたって愛され続けてきた名作戯曲を映画化した一風変わったコメディです。『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』【映画、ときどき私】 vol. 412ベストセ...
別窓で開く

市川染五郎、父や叔母の松たか子の影響で「挑戦したいと思いました」
今回ご紹介するのは、映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』。少年少女たちの青春グラフィティを描いた劇場オリジナルアニメーションです。主人公のチェリー役で初映画、初声優、初主演を果たした、八代目 市川染五郎さんにお話をうかがいました。...
別窓で開く

千と千尋のカオナシ役・菅原小春「子どもたちの未来になれたら」舞台化への思い
宮撝駿さんによるアニメーション映画の最高傑作『千と千尋の神隠し』が、世界で初めて舞台化することが決定。2022年2月と3月に上演される東京・帝国劇場を皮切りに、全国へと展開されます。今回「カオナシ」役に抜擢された世界的ダンサー・菅原小春さんにお話をうかがいました。...
別窓で開く

「日本文化は人生の大きな一部を占めている」英国の新鋭監督が語る理由
日に日に暑さが増していくなか、次々と話題作が公開を迎え、映画界も熱く盛り上がっているところ。そのなかでも、じっくりと味わいたい映画としてオススメしたいのは、コリン・ファースとスタンリー・トゥッチという映画界が誇る名優がダブル主演を務めた1本です。それは……。『スーパーノヴァ』【映画、ときどき私】 v...
別窓で開く


[ シェイクスピア ] の関連キーワード

フランス 染五郎 たか子