本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英国最高のスパイ軍団がありえない作戦に大奮闘!コリン・ファース主演『オペレーション・ミンスミート』場面写真
オスカー俳優コリン・ファースが主演する映画『オペレーション・ミンスミート —ナチを欺いた死体—』より、英国最高のスパイ軍団が奇想天外な作戦に大奮闘する様子などを捉えた場面写真6点が一挙解禁された。 本作は、戦後長らく極秘とされてきた、第二次世界大戦下で実行された最も奇想天外で最も成功した欺瞞(ぎまん...
別窓で開く

マイケルジャクソン、ジャニーズにも影響を与えた伝説のミュージカル! 『ウエスト・サイド・ストーリー』が世代を超えて愛され続ける理由とは?
世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説の〉ミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが念願の映画化。エンターテイメント界に新たな歴史を刻む奇跡のプロジェクトとなる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日(金)に公開となります。...
別窓で開く

『キングスマン』監督が絶賛 主演レイフ・ファインズは「一緒に仕事をしてきた中で最もストイックな俳優」
大ヒットスパイ・アクションシリーズ最新作で現在公開中の映画『キングスマン:ファースト・エージェント』のマシュー・ヴォーン監督が、主演レイフ・ファインズの俳優としての徹底したプロフィッショナリズム、共に全力で挑んだ作品作りについて明かした。 シリーズ最新作となる本作の舞台は1914年に“実際に起こった...
別窓で開く

『ハウス・オブ・グッチ』を語る! リドリー・スコットとアダム・ドライヴァー「グッチ一族の内幕はシェイクスピア劇のよう」
『ハウス・オブ・グッチ』(c) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.  ■「ファッションの世界に戻ってきたのは運命かもしれない」リドリー・スコットといえば、『エイリアン』(1979年)や『ブレードランナー』(1982...
別窓で開く

石原さとみ、北川景子、上野樹里、杏… 円熟期を迎える1986年生まれの“寅年”女優
2022年の今年、1986年に生まれた主演級の女優たちが36歳の年女を迎える。30代も半ばに入り人気・実力ともにますます進化していくこと間違いなしの寅年のスター女優6名、その近年の活躍ぶりを見ていこう。★安藤サクラ/1986年2月18日生まれ 2018年放送のNHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロイ...
別窓で開く

『キングスマン』“キレッキレ”超過激アクション満載! オックスフォード公の特別映像
現在公開中の映画『キングスマン:ファースト・エージェント』より、名優レイフ・ファインズ演じるオックスフォード公の超絶アクションの数々を、レイフのインタビューを交えながら収めた特別映像が解禁された。 本作は、スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げてきた、『キングスマン』...
別窓で開く

叶姉妹“文学”を語る 『ハムレット』の名言をバッサリ、太宰治に親近感も「わたくしはああいう風にならない」
叶姉妹は発売中の月刊美容誌『VOCE(ヴォーチェ)2022年2月号』で自分を慈しむ「セルフラブ」について語っている。ユニークな世界観を持つ叶姉妹がパーソナリティを務める音声トーク番組でイングランドの劇作家・シェイクスピアや小説家・太宰治について話したところ、叶恭子と叶美香それぞれの立ち位置が見え隠れ...
別窓で開く

コリン・ファース主演最新作、ヒトラーを欺くための奇策<ミンスミート作戦>を映画化
俳優コリン・ファースが主演する映画『オペレーション・ミンスミート —ナチを欺いた死体—』が、2022年2月18日より全国公開されることが決定。併せてポスターと予告が解禁された。 本作は、戦後長らく極秘とされてきた、第二次世界大戦下で実行された最も奇想天外で最も成功した欺瞞(ぎまん)作戦の全容を、スリ...
別窓で開く

「日本は自分の家みたい」セリーヌ・ディオンを熱演したフランス人女優が語る日本愛
まもなく今年も終わりを迎えますが、華やかな気持ちで締めくくりたい人にオススメの映画は、制作費30億円をかけた音楽エンターテインメント『ヴォイス・オブ・ラブ』。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。ヴァレリー・ルメルシエさん【映画、ときどき私】 vol. 439ヴァレリーさん “フランスを代表...
別窓で開く

夏木マリ「やらせていただくしかない」 舞台『千と千尋』出演を決めたワケ
連続テレビ小説『おかえりモネ』で、林業がさかんな登米の資産家であり、主人公・モネを支え導いていくサヤカさんを演じていた夏木マリさん。さっぱりとしたまっすぐな性格で、オシャレでカッコよく、優しく時に厳しく、それでも根底に愛情を感じさせるキャラクターは、まるで夏木さん自身のようにも。...
別窓で開く