本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スタートアップに限らず、マネジメントチームに“優秀”といわれる人を迎え入れようとする際、失敗を避けるために絶対にやっておくべきこととは?数々のユニコーンに投資しシリコンバレーで躍進する日系VC創業者が、「急成長企業を見いだす科学的手法」をまとめた新刊書籍『スタートアップ投資のセオリー 米国のベンチャ...
別窓で開く

急成長するスタートアップのCEO(最高経営責任者)は魅力的な人物が多い。だが、そのCEOと同じぐらいチームメンバーの構成は重要だ。いったいどんなメンバーを集めるべきなのか?本記事は、数々のユニコーンに投資しシリコンバレーで躍進する日系VC創業者が、米国随一のベンチャー・キャピタリスト育成機関カウフマ...
別窓で開く

日本政府が海外VCに出資…本当に日本のスタートアップのためになるのか?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月31日(火)放送の「ニュースFLASH」のコーナーでは、政府が実行計画案を固めた“新しい資本主義”について議論しました。...
別窓で開く

日本のスタートアップ界隈でよく耳にする「ハンズオン」という言葉。米国随一のベンチャー・キャピタリスト養成機関カウフマン・フェローズ・プログラム(KFP)の教室では、「決してその言葉を使わないように」と否定的に語られていた。「ハンズオン」とは一般に、スタートアップ企業の経営に入り込み、手助けし、成功に...
別窓で開く

【追悼】「ソニーを復活させた男」出井伸之の功績、過去には“世界のワースト経営者”と酷評されたことも
 元ソニーCEOで、日本を代表する経営者の出井伸之さんが2022年6月2日、東京都内の病院にて肝不全で亡くなったことがわかった。84歳だった。 かつて「世界のワースト経営者」とも評されるなど毀誉褒貶の激しい出井氏だったが、純利益初の1兆円超えるなど“今のソニーの成功”は彼がCEO時代に蒔いた種が実っ...
別窓で開く

<純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも
「(ソニーも)変化しなければ、隕石で滅んだ恐竜のようになってしまう」 そんな危機感から、同社のビジネスを製造業からデジタルにシフトしたのが、元ソニーCEO・出井伸之氏。今ではデジタルのような「無形資産」で儲けることは当たり前になったが、出井氏が社長に就任した1990年代はまだ夢のような、にわかに信じ...
別窓で開く

“親ガチャ”の観念が社会の分断を加速させる? 堀潤が問題点を指摘
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「親ガチャ」です。階層の固定化をどのように崩していくのか。「親ガチャ」とは、カプセル玩具やソーシャルゲームの“ガチャ”になぞらえて、親や生まれる境遇を選べない状況を表す言葉で、国会でも取り上げ...
別窓で開く

クリー、NY新工場で8インチSiCを採用
− 22年初頭から本格量産へ − SiC(Silicon Carbide=炭化ケイ素)ウエハーとこれを用いたパワー半導体&高周波半導体を製造している米クリー(Cree)は、2022年上期に稼働予定のニューヨーク州モホークバレー新工場で8インチ(200mm)のSiCウエハーを採用する。...
別窓で開く

未来の日用品店「New Stand Tokyo」が体験型ストア b8ta Tokyo - Shinjuku Maruiに期間限定で出品
東京・六本木に常設店を構える「New Stand Tokyo(運営:WTFC)」は、シリコンバレー発の体験型ストア「b8ta Tokyo - Shinjuku Marui(新宿マルイ本館1階)」のエクスペリエンスルームにて、2020年10月17日から2020年11月5日まで出品いたしますので、お知ら...
別窓で開く

米UDC、20年4〜6月期は4年ぶりの営業赤字
− 通期見通し開示せず − 有機EL用燐光発光材料メーカーのユニバーサルディスプレイコーポレーション(UDC、米ニュージャージー州)の2020年4〜6月期業績は、売上高が前年同期比51%減の5797万ドル、営業損益は119万ドルの赤字(前年同期は4866万ドルの黒字)となった。営業赤字になったのは1...
別窓で開く


[ シリコンバレ ceo ] の関連キーワード

shinjuku tokyo ハンズオン stand new
ソニー udc