本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


『紅白歌合戦』返り咲きの櫻坂46 2023年躍進の3つの理由
大みそかに放送の『第74回NHK紅白歌合戦』で、3度目の出場を果たす櫻坂46。アーティストが憧れる大舞台へ2年ぶりに返り咲いたが、ここまでの過程では涙もあった。欅坂46の改名後に1stシングル「Nobody's fault」をリリースした2020年、2021年の連続出場を果たすも、2022年に落選。...
別窓で開く

猫に与えてはいけない『お正月の食べ物』5つ 誤食してしまったときの応急処置も
1.かまぼこまず、気を付けてあげたいのが、かまぼこ。かまぼこは魚介のすり身を成型したものですが、猫にとって多くの塩分を含んでいます。人間には問題ない塩分量でも、猫の体の大きさに対しては多量であるため、与えることは避けましょう。塩分以外でも、猫によっては魚に対してアレルギーを示す懸念もあるため、注意が...
別窓で開く

卒業、世代交代、新グループ誕生…女性アイドルたちの2023年を振り返る
日夜、全身全霊でステージに力を込めるグループアイドル。儚(はかな)くも輝き続ける彼女たちは、2023年もファンに活力を与え続けた。メンバーの卒業やグループの解散による涙もあった一方、未来への新たな希望も。めまぐるしく過ぎた2023年のグループアイドル界の動向を、目立つトピックを中心に振り返る。...
別窓で開く

秋元真夏、乃木坂46卒業後の変化 事務所移籍は「誰も知らない環境での挑戦」
乃木坂46を卒業して10ヵ月。秋元真夏のほがらかな笑顔は今なお、変わらない。卒業後は新たな「挑戦」として、12年間を過ごした事務所から新天地へと移籍。テレビのレギュラーを獲得するなど、活躍の場を広げている。年明け1月には、自身にとって2度目の舞台出演となる『鍵泥棒のメソッド→リブート』でヒロインに挑...
別窓で開く

垢抜け間違いなし! 進化したメンズウルフヘア最新3スタイル。
すっかりメンズヘアの鉄板スタイルになった「ウルフヘア」。トレンド感を取り入れつつ進化し続けるこのスタイルは、似合わせやイメージコントロールも自在だと知っているだろうか。カットはもちろん、カラー、パーマとも相性バッチリな最新デザインを3スタイル見ていこう。1.春の軽やかさを体現するジェンダーレスショー...
別窓で開く

去勢手術後の犬、麻酔から覚めて叫ぶ声に大反響「悲しい反面、大笑い」<動画あり>
鼻が短く愛嬌たっぷりの小型犬パグが今月中旬、動物病院で去勢手術を受けた。そうして麻酔が覚める頃、面会に行くと悲痛の叫びが聞こえてきたという。去勢後の犬の映像とともに、米ニュースメディア『Newsweek』などが伝えた。...
別窓で開く

人が次々辞めていく、上司と部下の会話がない、メンバーのモチベーションが上がらない——コロナ明け、チーム内コミュニケーションに悩んでいる人も多いかもしれない。そんな悩める人たちに話題となっているのが、北の達人コーポレーション(東証プライム上場)・木下勝寿社長の最新刊『チームX(エックス)——ストーリー...
別窓で開く

この冬をより楽しむために! 今月の2nd編集部の買い物報告
国内のみならず時には海外まで取材へ行く2nd編集部。魅力的なものに囲まれていると、財布の紐が緩くなっていくのも仕方なし。そんな2ndスタッフが、物欲の赴くままに購入したものをご紹介。日常を垣間見る近況報告も兼ねてご覧ください!1.「ラルコバレーノ」のレザーメッシュベルト|編集長・ウエダ編集長になって...
別窓で開く

毛織物を作るために飼われていたウールドッグはなぜ絶滅したのか【研究結果】
カナダの先住民族が大切にしていたウールドッグ2011年に発表された研究で、北米の先住民の中には犬の毛を使って毛織物を作り、そのための犬を選択育種していた部族がいたという報告がありました。...
別窓で開く

インパクト凄!JR九州の特急車両が劇的変化 特急「スプラ号」運行へ
落書きじゃなくてラッピングです!特急車両の885系に特別ラッピング JR九州は、任天堂のゲームソフト「スプラトゥーン」とタイアップした「スプラトゥーン3×JR九州カモン!キュウシュウ」プロジェクトを2024年1月9日(火)〜5月12日(日)にかけて実施すると発表しました。...
別窓で開く


[ シュウ ] の関連キーワード

乃木坂