本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



いくつもの色が織りなす印影にアナログの良さを再確認!
テレワークが進み、書類に押すハンコの不要論も出ていますが、それとは別に、ハンコの持つ文化的な香りはやっぱり素敵なものです。朱肉にこだわれば、さらに魅力的なことをご存知ですか?シヤチハタが12月1日に発売する「わたしのいろ-きせつのうつろい-」(2200円)は、複数の色がひとつのケースに織り込まれた朱...
別窓で開く

知ってる!使ったことある!そんな定番文具がミニチュアになった!
“文具ソムリエール”監修の人気シリーズ「文具ミニチュアマスコット」(カプセルトイ:400円、ブラインドBOX:440円)の第4弾が12月下旬にケンエレファントから登場します。今回のテーマは、昔からデザインが変わらない定番アイテム。学校や職場、家庭のどこかで、誰もが「見たことある」「使ったことある」そ...
別窓で開く

黒なのに6色!? 塗りつぶせば色味を感じるマニアックな黒ボールペン
日本のボールペンに使われているインクの性能は非常に高く、多くのペンが世界各国に輸出され広く使用されています。中でもぺんてるのゲルインキボールペン「エナージェル」は、2000年の発売以来、全世界120以上の国と地域で累計10億本販売するほどの人気製品(2021年9月現在)。...
別窓で開く

キャンパスノートラバー注目!罫線幅&紙色に合わせた修正テープが出るぞ!
ノートの定番と言えばやっぱりコクヨ「キャンパスノート」。社会人になってからも、「やっぱり大事なことはメモに残したい」と愛用している人も多いですよね。そんな“キャパスノートラバー”にうれしい情報が! ノートの中紙の色と罫線の幅に合わせ、よりキレイに修正できる「キャンパスノートのための修正テープ」(テー...
別窓で開く

全29色でオリジナルカラーを作れるシヤチハタのスタンプパッド
近年、消しゴムはんこやゴム印を利用したスタンプアートが注目を集めています。また、万年筆ブームの影響で多様な色合いのインクも脚光を浴びているのはご存知の通り。こうした流れから、シヤチハタは2020年にスタンプアート用スタンプパッド「いろもよう」(各715円)を発売。...
別窓で開く

コツコツ利益積み上げる明大、ビットコインの上昇に乗った職業大(第13節)【暗号通貨バトル Aグループ】
ビットコインの価格が好調に上がっている。そのビットコインを保有する職業能力開発総合大学校のさっちんは、順調に上がっている勢いに乗り、しっかり利益を手にする。明治大学の城正人さんは、引き続き、NFT(非代替性トークン)の動きが気になる。世界的な盛り上がりをみせるなか、「暗号通貨の投資家ばかりが盛り上が...
別窓で開く

働く女性の声から生まれた文房具“opini”、スケジュールノート発売
シヤチハタは、働く女性の声から生まれた文房具シリーズ opini(オピニ)の2022年版スケジュールノート、卓上カレンダーの販売を開始します。シリーズ17年目を迎える「オピニ スケジュールノート」は、ユーザーの声を反映し改良を重ね、機能性・デザイン性を兼ね備えた商品として、人気のあるアイテムです。...
別窓で開く

入園入学前に準備しておくと便利!『シヤチハタ』のスタンプで大量の書類があっという間に…
3月は何かと忙しい時期。子供の入園・入学、新学期の準備に追われている方も多いことでしょう。そして、いざ新学期がスタートすると、さまざまな書類が渡され、保護者はそれに記入をしなければなりません。子供の人数が多いと、かなりの枚数になります。氏名や住所など何か所も書かなければならず、「毎回面倒!」と思って...
別窓で開く

ペン回しのプロが考えたペンを回しやすいペン
勉強やデスクワークの気晴らしに、指でクルクルとペンを回す”ペン回し”。うまくできたらちょっとカッコいいし、多彩な技があってなかなか奥が深いですよね。やってみるとわかりますが、ペン回しには回しやすいペンとそうでないペンがあり、自分好みの回しやすいペンにたどり着くまでが結構大変。ペン回し専用に作られたペ...
別窓で開く

文具大国ドイツと日本がコラボした上質なゲルインクボールペン
筆記具にこだわってみたいけど、万年筆は手入れが大変そうだし、インクの種類も多いし、初心者には敷居も値段も高くて手が出しにくいと感じる人もいるのでは。そういう人には高級ボールペンがオススメです。ボールペンならオン/オフ問わず気軽に使えます。...
別窓で開く


[ シヤチハタ ] の関連キーワード

opini ドイツ