本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



活動再開した“てんちむ”、無人島生活で禊 人気YouTuberシバターらとコラボ
バストアップ商品をプロデュースしていたにもかかわらず、過去に豊胸手術を受けていたことなどが発覚し、炎上した人気YouTuberの"てんちむ"こと橋本甜歌さんが10月1日、約1か月ぶりに投稿した動画で活動再開することを発表した。再開後は、ヒカルさん、シバターさんらが相次いでコラボ動画を公開。...
別窓で開く

背が低くてもキマる!…人気ファッショニスタにならう「秋の着こなし」
現在ベルリン在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんのレポートです。今回はファッション業界で引っ張りだこのインフルエンサー5人をピックアップ! 彼女たちは今までのモデルのように高長身ではないところが、より多くのファンの共感を呼んでいるようです。...
別窓で開く

黒歴史なダサいインテリア「漫画の切り抜きを部屋中に貼る」「洋酒の瓶を飾る」「アジアンチックにしたけど気がつけばホコリ…」
昔の自分の写真を見て、「信じられないくらいダサい服着てたな」とハッとすることもあるが、インテリアも例外ではない。ガールズちゃんねるに9月10日、「昔やっていたダサいインテリアPart3」というトピックが立った。「アニオタだけどアニメ雑誌は恥ずかしくて買えなかったから漫画の切り抜きを部屋中に貼ってた」...
別窓で開く

コロナ禍の北朝鮮で新型テレビがバカ売れ…進む格差拡大
旧社会主義国は1950〜60年代ころから国内に外貨商店を開設し始めた。旧ソ連ではベリョースカ、中国では友誼商店がそれに当たる。当初は、海外から来た人や駐在する外交官が対象だったが、徐々に配給では中々手に入らない商品を外貨で売ることで、国内に眠る外貨を国庫に吸収する役割を果たすものへと性格が変わった。...
別窓で開く


<前へ12次へ>