本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ティアフォー、20年ぶりビッグ3不在の“異変”に「スポーツにとって良いこと」と見解<SMASH>
男子テニス世界ランク4位のラファエル・ナダル(スペイン)が「ウェスタン&サザン・オープン」(8月15〜22日/アメリカ:シンシナティ/ハードコート/ATP1000)の欠場を発表した。 ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)も、開幕前から出場しないことを表明していたため、同大...
別窓で開く

錦織圭、大坂なおみら11名が東京五輪、内山靖崇はロスカボスへ!【7月19日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
7月19日からの週は、男子が3大会、女子が2大会、さらに24日から8月1日には東京オリンピックが開催される。 東京オリンピックには、日本人男子選手では錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎、杉田祐一、マクラクラン勉の5名が出場。日本人女子選手は大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、青山修子、柴原瑛菜、二宮真琴の...
別窓で開く

【次代のエースに学べ】ウインブルドン4強入りのシャポバロフが放つ“打点を見ない”サービス<SMASH>
男子テニス界の勢力図が「ニュージェネレーション」と呼ばれる20歳前後の若い選手によって塗り替えられようとしている。果たして彼らはどんなプレーを武器とするのか…。 テニス専門誌『スマッシュ』では、今季撮影の最新連続写真をベースに「次代のエースに学べ!世界最先端のサービス」と銘打ち、元デ杯...
別窓で開く

東京と“相性抜群”のゴファンが無念のオリンピック辞退「出場したかったが、時間が足りない」<SMASH>
男子テニス世界ランク20位のダビド・ゴファン(ベルギー)は、7月24日に開幕する東京オリンピック欠場を決めたようだ。 今年6月中旬にハーレで開催されたノベンティ・オープンで、試合中に転倒して右足首を負傷して以降はケガの回復に専念してきたゴファンは、母国ベルギーの日刊紙『LeSoir』のインタビューで...
別窓で開く

ウインブルドン3連覇に王手のジョコビッチ。「ほとんど彼の方がよかった」と準決勝の相手、シャポバロフを称賛<SMASH>
テニスの四大大会「ウインブルドン」(6月28日〜7月11日/イギリス:ロンドン/グラスコート/グランドスラム)は現地7月9日に男子シングルス準決勝を実施。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/1位)が第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/12位)を7−6(3)、7−5、7−5のストレート...
別窓で開く

「カナダ出身の普通の男だから…」20歳のオジェ-アリアシムが初のグランドスラム準々決勝進出を謙虚に喜ぶ<SMASH>
テニスの四大大会「ウインブルドン」(6月28日〜7月11日/イギリス:ロンドン/グラスコート)は現地7月5日に男子シングルス4回戦を実施。第16シードのフェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ/12位)が第4シードのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/6位)を6-4、7-6 (6)、3-6、3-6、6...
別窓で開く

元世界1位のマリーがウインブルドン3回戦敗退も「激動の1週間を過ごせた」とケガからの完全復活に向けて手応え!<SMASH>
テニスの四大大会「ウインブルドン」(6月28日〜7月11日/イギリス:ロンドン/グラスコート)は、現地7月2日に男子シングルス3回戦を実施。2013年と16年大会の覇者で元世界1位のアンディ・マリー(イギリス/118位)が、第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/12位)に4−6、2−6、2−6...
別窓で開く

錦織圭はハーレでベランキスと、土居美咲はベルリンでケルバーと対戦【6月14日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
6月14日からの週は、男女とも2大会ずつ開催される。 日本人男子選手は錦織圭が『ノベンティ・オープン』の本戦にダイレクトインし、1回戦でリカルダス・ベランキス(リトアニア)と2012年以来の対戦。伊藤竜馬は予選敗退となった。この大会の第1シードはダニール・メドベージェフ(ロシア)。ロジャー・フェデラ...
別窓で開く

押し寄せる“パワーテニス”化の波。世界の最前線で戦う日本人選手たちに求められる変化とは?<SMASH>
「今の男子テニスでは、ボールを強く打つ能力が必須。男子テニスは変わってきている。強いボールを打てなければ戦っていけない」 1年半前にダニエル太郎のコーチに就任した時、最初に取り組んだこととは何か——。その問いに対してスベン・グローネフェルトは、シンプルな言葉で答えを返した。...
別窓で開く

日比野菜緒と奈良くるみがノッティンガム2回戦へ。勝てば次戦は日本人対決【6月6日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
6月6日からの週は、男女とも1大会ずつ開催される。 男子は『メルセデス・カップ』が開催されるが、日本人選手の出場はない。この大会の第1シードはデニス・シャポバロフ(カナダ)、第2シードはフベルト・フルカチュ(ポーランド)となっている。 日本人女子選手は日比野菜緒と奈良くるみが『ノッティンガム・オープ...
別窓で開く


[ シャポバロフ ] の関連キーワード

ノッティンガム smash ベルリン くるみ マリー
なおみ 日比野 カナダ