本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアがウクライナに惨敗したらどうなるか—米メディア
ロシアがウクライナに惨敗したらどうなるかについて、台湾メディアの中時新聞網が20日、米ニューズウィークの報道を引用して伝えた。それによると、ロシアの元下院議員で人権派弁護士のマーク・フェイギン氏は、「ウラジーミル・プーチン大統領はウクライナ戦争をコントロールできていない」「彼の将来が彼自身によって定...
別窓で開く

米国とロシアは本気で核戦争への準備を始めた… 人類の半数が死亡の最悪シナリオも
 北大西洋条約機構(NATO)は10月17日、核抑止の演習を開始した。「ステッドファスト・ヌーン」と呼ばれる演習に米国を始め14カ国が参加している。30日まで続けられる演習の狙いはウクライナ侵攻で核の脅しを続けるロシアを念頭に核抑止の維持を確認することだ。...
別窓で開く

米中ロの対立制御の限界とモラル教育の役割 寛容、思いやり、至誠:モラルの共有による秩序形成の補完
1.ロシアのウクライナ侵攻における悪循環 10月8日にクリミア大橋が爆破され、ロシアはその報復としてウクライナ各地にミサイル攻撃を行い、数十人の一般市民が命を落とした。戦争の無残さを象徴する出来事である。 ロシアの専門家によれば、ウクライナ侵攻が思ったような成果を上げられず、ロシア国内ではウラジーミ...
別窓で開く

クリミア大橋爆破への報復だとして、ウクライナ全土への攻撃を強めているロシア軍。市民への無差別攻撃は、プーチン大統領が署名したウクライナ4州の併合条約をきっかけにすでに激化していた。4州のひとつ、ザポリージャ州を拠点に撮影を続けている写真家・尾崎孝史氏によるウクライナリポート7回目。「ウクライナ4州併...
別窓で開く

キーウへのミサイル攻撃 「スッキリ」が伝えた現地住民の声
ウクライナの首都キーウの中心部などに10日(2022年10月)、80発以上のミサイルが撃ち込まれ、少なくとも14人が死亡、97人がけがをした。ロシアのプーチン大統領は、クリミア橋爆破に対するロシアによる攻撃だと認めた。11日の「スッキリ」が、被害を受けた現地を取材した。プーチン大統領は10日、キーウ...
別窓で開く

進まぬ核保有国との交渉…堀潤「核兵器がいつ使われてもおかしくない緊張状態」
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「NPT会議決裂」です。核の危機感を持ち、橋渡しに、本気の姿勢を見せて。ウクライナでは、ロシア軍がヨーロッパ最大級のザポリージャ原子力発電所を占拠し、原発を盾に攻撃を強めています。...
別窓で開く

中村逸郎名誉教授「プーチンが核兵器を使う確率は51%」 谷原章介の受け止め方
「私たちの想像以上に国外脱出する人もいるようです」と、ロシア国内の情勢を司会の谷原章介が7日(2022年10月)のめざまし8で取り上げた。画面にはロシアで食料品会社を経営する日本人男性が登場し、「動員が始まってから実際に国外に出て行っちゃった人は沢山います」と話す。この会社では従業員4人が急きょ国外...
別窓で開く

戦争をやめたくてもやめられない…「窮鼠プーチン」が漏らしたホンネと「確実に失脚する」断末魔
 9月30日、ロシアのプーチン大統領はウクライナの東・南部4州(ルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、ヘルソン)をロシアに編入する「併合条約」に調印した。 調印後、モスクワ中心部にある赤の広場に数千人を集めて開かれた祝賀セレモニーで「勝利はわれわれのものになる!」とブチ上げて合併を宣言。...
別窓で開く

ロシアのプーチン大統領はウクライナの東・南部4州で一方的に実施した「住民投票」を受けて、2022年9月30日に4州の「併合」を発表した。しかしその直後にウクライナ軍が東部要衝を奪還するなど4州での戦況はますます悪化しており、併合の言葉とは裏腹の空しい「領土拡大」宣言となった。「部分動員」をめぐる混乱...
別窓で開く

ロシア、ウクライナの双方にとって「核使用」ハードルがさほど高くない「意外な理由」
ジャーナリストの須田慎一郎が10月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。一方的にプーチン大統領が署名したウクライナ4州「併合条約」について解説した。...
別窓で開く


[ ザポリージャ ] の関連キーワード

ウクライナ ロシア ホンネ