本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ループは鳥肌もん」マリノス前田大然の圧巻ハットに絶賛の嵐! オナイウも「そんなのできるの?」と反応
 圧巻のパフォーマンスだった。 8月15日にニッパツ三ツ沢球技場で行なわれたJ1リーグ第24節の横浜F・マリノス対大分トリニータの一戦は、5-1で横浜が勝利。ホームチームが自慢の攻撃力をいかんなく発揮し、白星を掴み取った。【PHOTO】試合を盛り上げた横浜オフィシャルチアリーダーズ「Tricolor...
別窓で開く

カスタム時計メーカー「SKELETON CONCEPT」と元カメルーン代表 エトオとのコラボによるスケルトンダイヤルのデイトナが誕生
ベゼルをカーボンファイバーに変更し、フェイス、バックケースをスケルトン仕様にカスタマイズしたROLEX DAYTONAのカスタムモデル「ETO'O CONCEPT」をプリンチペプリヴェにて販売開始 フランスのパリで発足した「SKELETON CONCEPT」は、著名人とコラボレーションした複数のコン...
別窓で開く

「アメージングな経験」「今までで最高」選手村のヘアサロンが大好評!細やかさを選手たちが動画で続々と紹介【東京五輪】
東京五輪の選手村にあるヘアサロンが、選手たちに大好評。自分に合ったヘアスタイルにしてくれることに加えて、その細やかな気配りも喜んでいるようだ。多くの選手が自身のSNSでニューヘアスタイルを報告している。 飛び込みのサミュエル・フリッカー(オーストラリア)は、自身のTikTokに「Olympic Ha...
別窓で開く

「最悪で幼稚」「決勝にふさわしくなかった」英紙記者がEURO決勝で露呈した国民の“醜態”を猛批判!「恥をかかせたのはチームじゃない」
 現地時間7月11日、イングランド代表はEURO決勝に臨んだが、イタリア代表との激闘の末、PK戦で敗れた。 開始早々に先制したイングランドだが、後半に追いつかれると、延長戦でも決着はつかず。PK戦では2人目を終えて2-1とリードしながら、3人目のマーカス・ラッシュフォード、4人目のジェイドン・サンチ...
別窓で開く

『ソウ』シリーズ新章『スパイラル:ソウ オールリセット』ポスター&予告編解禁 過去作を思わせるモチーフが多数登場[ホラー通信]
『ソウ』シリーズの過去8作をリセットした新章『スパイラル:ソウ オールリセット』が9月10日より全国公開。ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。ジェームズ・ワンとリー・ワネルの黄金コンビが創造した一作目『ソウ』から17年。完全なる新章となる本作では、シリーズと関係する登場人物が一掃され、“ジグソ...
別窓で開く

日本が「中華文明圏に属していない」と言える理由を考察してみた=中国
 日本を訪れたことのある中国人の多くが、かつての中国文化が日本に残っていると感じるようだ。そのため、日本は「中華文明圏」に属すると思っている中国人は少なくないが、実は中華文明と日本文明は異なると言えるようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、「なぜ日本は中華文明圏に属していないのか」と題する記事を掲載...
別窓で開く

進まないバルサの人員整理。ウンティティに関しては契約解除も含めて法的手段を検討か
 土壇場でパリSGに横取りされたジョルジニオ・ヴァイナルダムを除き、セルヒオ・アグエロ、エリク・ガルシア、メンフィス・デバイと、狙っていた実力者を次々にフリートランスファーでの一本釣りに成功したバルセロナ。エースのリオネル・メッシも契約延長に近づいていると伝えられ、今夏のチーム作りは順調に進んでいる...
別窓で開く

「思った以上に酷い状態だ」バルサ会長がクラブの内情について明かす。5選手を一挙放出か「あらゆることを除外しない」
 バルセロナの財政状況が厳しいことは周知のとおりだ。だが、3月に就任したジョアン・ラポルタ会長は、想定していた以上だったと認めている。 米スポーツチャンネル『ESPN』によると、ラポルタは『La Vanguardia』で「わたしが思っていた以上にクラブは酷い状態だった。難しい状況に立ち向かうのだと分...
別窓で開く

“連覇”を手繰り寄せるのは電撃復帰のベンゼマか、それとも——。【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」フランス代表編】
「優勝候補の筆頭はフランスかな」「いわゆる世界王者だし」「エムバペ、グリエーズマンに代表復帰のベンゼマが加わって、破壊力も倍増しそう」  あえて水を差すとするなら、歴史を持ち出す必要がありそうだ。実際、ワールドカップを制した世界王者が2年後のEUROでも優勝した連覇の例は、過去に2例だけしかない。...
別窓で開く

アメリカ太平洋艦隊司令官 航海中の空母ロナルド・レーガンを視察
 アメリカ海軍は2021年6月11日(現地時間)、太平洋艦隊司令官のサミュエル・パパロ大将が、フィリピン海を航行する空母ロナルド・レーガンを6月9日に視察したと発表しました。 パパロ大将はロナルド・レーガン空母打撃群(CSG-5)司令官のウィル・ペニントン少将らと会談し、海軍で唯一海外に前方配備され...
別窓で開く