本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サハリン2「接収」大統領令 玉川徹「まさに安全保障の問題だ」
「日本の電力需給に影響する可能性があるニュースです」と6日(2022年7月)、司会の羽鳥慎一が日ロ共同の天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」について取り上げた。ロシアのプーチン大統領がすべての権利をロシア企業に譲渡する大統領令に署名した。日本が排除されれば、電気やガス料金がさらに上がるかもしれな...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

「サハリン2」からの撤退に反対してきた「経産省の責任」は極めて大きい
ジャーナリストの須田慎一郎が7月4日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本の商社も参加する石油・天然ガスの開発事業、「サハリン2」について解説した。...
別窓で開く

習近平による「台湾併合」を中国内部で止められる可能性はあるのか?
ウクライナが大国ロシアへ抵抗していることは、同じく大国である中国が、台湾侵攻への躊躇と逡巡を生み出している可能性があります。なぜなら、今回のプーチン大統領が命令したロシア軍によるウクライナ侵攻で、中国政府高官が一番ショックだったのは、ロシア政府高官にも制裁が発動されたことだからです。...
別窓で開く

大手商社7社決算、すべて過去最高更新...三菱商事2年ぶりトップ奪還 「資源高」追い風で収益拡大
大手商社7社の2022年3月期連結決算は、ロシアによるウクライナ侵攻のプラス・マイナスの影響が交錯したが、恩恵がマイナスを圧倒し、最終(当期)利益は全7社が過去最高を更新した。前年、伊藤忠商事に利益首位を譲った三菱商事が2年ぶりにトップを奪い返した。...
別窓で開く

実質賃金マイナスで消費が鈍化するアメリカの現状は「半年後の日本」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今年度の補正予算案について解説した。2日、英グラスゴーで記者会見するバイデン米大統領(ロイター=共同) =2021年11月2日 写真提供:共同通信社補正予算案、閣議決定へ物価高などへの緊急対策の...
別窓で開く

マクドナルド、ルノー……大きな損失を負っても欧米企業がロシアから撤退する理由
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。相次ぐ欧米企業のロシアからの撤退について解説した。ロシア極東ウラジオストク中心部に昨年12月にオープンしたマクドナルド極東1号店。...
別窓で開く

EUの「ロシア産化石燃料への依存からの脱却」実現はかなり先のこと
数量政策学者の高橋洋一が5月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。EUとして「ロシア産の化石燃料への依存を終わらせる」と述べたEU大統領の発言について解説した。...
別窓で開く

ウェブ3.0の最前線とは...東洋経済「テクノロジーの未来地図」、エコノミスト「世界エネルギー大戦」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする(※「週刊ダイヤモンド」は、先週が今週との合併号だったため、今週は休刊)。...
別窓で開く

ロシア産エネルギーの禁輸に関する「日本の難しい立場」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也が4月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7によるロシアへの経済制裁が進むなか、ロシアに液化天然ガス(LNG)などの権益を持つ日本の難しい立場について解説した。...
別窓で開く


[ サハリン lng ] の関連キーワード

マクドナルド サハリン 三菱商事 アメリカ ルノー
ロシア