本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



在ロシア韓国人70人、特別旅客船に乗って韓国へ=韓国報道
ロシアのウクライナ侵攻による制裁で、韓国とロシア間の航空直航路線が中止になり、ロシアに滞在している韓国人約70人が今日、特別旅客船で帰国の途についた。韓国外交部によると、30日午後1時、ウラジオストク港を出発した旅客船は31日午後1時、トンヘ(東海)港に到着する予定だ。 この日の旅客船にはウラジオス...
別窓で開く

九州・瀬戸内の各港へ天然ガスをお届け 西日本初のLNGバンカリング船が2024年に竣工へ
指定された場所までLNGを届けます。LNG船の普及を見越して次の一手へ 日本郵船、九州電力、伊藤忠エネクス、西部ガスの4社は2022年3月29日(火)、合同で記者会見を行い、九州・瀬戸内地域における船舶向けLNG(液化天然ガス)燃料の供給に関する事業化を進めると発表。これに基づき、本日付で三菱造船に...
別窓で開く

昭和の大横綱の父はウクライナ・コサック ハルキウには「大鵬記念館」も
ロシアの軍事侵攻を受けているウクライナのゼレンスキー大統領が、2021年3月23日に国会でオンライン演説。日本への感謝を述べ、更なる支援の継続などを求めましたが、冒頭に「両国の首都は8193キロ離れていて、飛行機では15時間かかりますが、自由を望む気持ち、生きたいという気持ち、それに平和を大切に思う...
別窓で開く

ウクライナ危機のなか、中国のしたたかな動き
「報道部畑中デスクの独り言」(第287回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、ウクライナ危機と中国の動きについて—「七一勲章」授与式、北京で盛大に開催(北京=新華社記者/劉衛兵)= 2021(令和3)年6月30日 新華社/共同通信イメージズウクライナ情勢はロシア側が攻勢...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後の激変する世界...週刊ダイヤモンド「地政学超入門」! エコノミスト「世界戦時経済」、東洋経済「工場が消える」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。2022年3月22日発売の「週刊ダイヤモンド」(3月26日号)は「地政学超入門」と題して...
別窓で開く

ウクライナ危機と米国利上げの影響は?...東洋経済「株崩落」 ダイヤモンド「M&A」、エコノミスト「グリーン素材&技術」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

日本企業に広がる人道支援...ファストリは11.5億円を寄付
ロシア軍によるウクライナ侵攻から1週間が過ぎ、戦火が拡大するなか、ビジネスへの影響も深刻化してきた。欧米諸国や日本などによるロシアへの経済制裁の動きが強まったことで、現地に進出する日本企業は工場の操業や販売の停止を余儀なくされている。すでに、軍事侵攻による液化天然ガス(LNG)や石油のエネルギー資源...
別窓で開く

サハリンへ渡った「デゴイチ」その後 日本向けと異なる極寒仕様とは? 実は現存
「デゴイチ」の愛称で親しまれているD51形蒸気機関車は、日本国内向けでなく海を渡った車両があります。その一例がサハリンに送られた蒸気機関車です。日本のD51形とはちょっと違ったスタイルでした。前照灯は日本のD51形より大きい D51形蒸気機関車といえば、国鉄向けに1115両が製造され、日本で最大両数...
別窓で開く

岸田首相、米国・豪州に続きロシアと電話会談=韓国報道
岸田文雄首相が7日、プーチン大統領と電話会談をおこなった。今月4日に就任して以来、5日に米国バイデン大統領、オーストラリアのスコット・モリソン首相に続く、三番目の首脳電話会談である。NHKによると、プーチン大統領は、岸田首相の就任を祝い、岸田首相も、この日誕生日を迎えたプーチン大統領に祝意を伝えた。...
別窓で開く

「カスピ海の怪物」北方領土へ 西側世界をザワつかせたその正体と果たした重要な役割
冷戦時代、ソ連に関するアメリカの諜報活動から漏れ伝わってくる情報のなかに「カスピ海の怪物」なるものが登場します。長らくそのニックネームばかりがひとり歩きしたソ連の特殊船舶「エクラノプラン」のたどった歴史を振り返ります。...
別窓で開く