本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現地取材 〜北海道観光業の「いまとこれから」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月15日放送)では、飯田浩司アナウンサーによる現地取材のレポートを交えて、「北海道の観光業のいまとこれから」について、解説した。「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを祝う横断幕を、青森県が県庁舎正面回廊に掲示した=202...
別窓で開く

岸田首相、米国・豪州に続きロシアと電話会談=韓国報道
岸田文雄首相が7日、プーチン大統領と電話会談をおこなった。今月4日に就任して以来、5日に米国バイデン大統領、オーストラリアのスコット・モリソン首相に続く、三番目の首脳電話会談である。NHKによると、プーチン大統領は、岸田首相の就任を祝い、岸田首相も、この日誕生日を迎えたプーチン大統領に祝意を伝えた。...
別窓で開く

「カスピ海の怪物」北方領土へ 西側世界をザワつかせたその正体と果たした重要な役割
冷戦時代、ソ連に関するアメリカの諜報活動から漏れ伝わってくる情報のなかに「カスピ海の怪物」なるものが登場します。長らくそのニックネームばかりがひとり歩きしたソ連の特殊船舶「エクラノプラン」のたどった歴史を振り返ります。...
別窓で開く

トム・ブラウン「『無観客無配信ライブ』のほうが熱意が伝わると思った」
『M-1グランプリ2018』決勝進出を機に、その名を世間に知らしめたトム・ブラウン。みちおの「合体!」という言葉を合図に、誰かと何かを融合させるという斬新なボケに対して、布川ひろきが「ダメ〜!」と言いながら頭を叩いてジャッジを下す“合体漫才”に、衝撃を受けた人も多いはずだ。現在は4都市を巡る全国ツア...
別窓で開く

どクラシックが逆にカッコいい! 旧ソ連製オープンカーたち ロシア各地の記念式典で快走
ロシアでは毎年、第2次世界大戦においてドイツに勝ったことを記念する式典が各地で行われています。そこで高官が乗るクルマには、国の威信から旧ソ連/ロシア製が用いられていますが、非常にバラエティに富んでいます。モスクワで使われていたベテラン・オープンカー ロシアは2021年5月9日(日)、首都モスクワの「...
別窓で開く

“隠された”ソ連のアフガニスタン侵攻の闇に光を当てた男
ソ連の近現代史が書き換えられることになったのは、ミトロヒンの功績です。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」によって明らかになった、ソ連の秘密工作について紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・...
別窓で開く

北海道行ったことのある場所ランキング TOP3は札幌、小樽、函館
総計をみると、1位は「札幌」で74%、2位は同率「小樽」「函館」で53%、4位は「洞爺湖」で41%、5位は「釧路(阿寒湖など)」で40%、6位は3つ同率「登別(登別温泉など)」「網走」「富良野」で36%でした。■上の世代ほど、いろいろな場所に行ったことがある年代別にみてみると、全選択肢とも上の世代の...
別窓で開く

果物が好きな人は87% 嫌いな人はわずか2%という結果に
「大好き!」「好き」「どちらかというと好き」の【好き派】は87%、「大嫌い!」「嫌い」「どちらかというと嫌い」の【嫌い派】はわずか2%という結果になりました。果物は、圧倒的に好きな人の方が多いようです。■女性は男性よりも果物「大好き!」な人が多い男女別で見ると、「大好き!」と答えたのは男性が30%に...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>