本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウェブ3.0の最前線とは...東洋経済「テクノロジーの未来地図」、エコノミスト「世界エネルギー大戦」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする(※「週刊ダイヤモンド」は、先週が今週との合併号だったため、今週は休刊)。...
別窓で開く

ロシア産エネルギーの禁輸に関する「日本の難しい立場」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也が4月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7によるロシアへの経済制裁が進むなか、ロシアに液化天然ガス(LNG)などの権益を持つ日本の難しい立場について解説した。...
別窓で開く

プーチン大統領が「理解不足」によって犯したウクライナ侵攻の大きな失敗
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7がロシアに対する追加制裁を行う方針を発表したことを受け、ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

「戦争犯罪」ロシアへの追加制裁に「抜け道」あり エコノミストはどう見たか?...「米国が完勝に進む経済戦争」の行方
ロシアによるウクライナ民間人への虐殺行為が明るみになるなか、激怒した欧米諸国はロシアに対する追加の経済制裁を発表した。しかし、ロシア経済の命綱である「石油と天然ガス」にはトドメを刺さない抜け道を残した。これでプーチン大統領に思い知らせることができるのか。エコノミストの中には、「今回の戦争は米国の独り...
別窓で開く

いまこそ原発再稼働の“議論”をするべき「これだけの理由」  佐々木俊尚
ジャーナリストの佐々木俊尚が4月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。原発の再稼働について解説した。...
別窓で開く

ロシアの侵攻を終わらせるために、日本は「LNG開発事業」から撤退すべき
「ウクルインフォルム通信」編集者の平野高志氏が4月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地・ウクライナの状況について解説した。...
別窓で開く

“侵略国”ロシアとの日本の経済協力は間違ったメッセージを世界へ送る  取材記者現地レポート
ウクライナの国営通信社ウクルインフォルム通信編集者・平野高志が4月6日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ウクライナが現在、日本や各国に求めている支援とは何かを解説した。2019年6月29日、大阪府大阪市を訪問している安倍総理は、G20大阪サミットを開催。...
別窓で開く

消えた2万人市民 マリウポリのメディア関係者が語った実態(スッキリ)
「南東部の都市・マリウポリにはロシア軍の攻撃がまだ続いていますが、ウクライナ側は、2万人の市民が強制的に連行されたとしています。一方、ロシアの国営テレビは『安全のために避難させた』として、これはあくまでも人道支援の一環だと伝えているんです。ロシア側の狙いはいったい何なのかを取材しました」と森圭介アナ...
別窓で開く

在ロシア韓国人70人、特別旅客船に乗って韓国へ=韓国報道
ロシアのウクライナ侵攻による制裁で、韓国とロシア間の航空直航路線が中止になり、ロシアに滞在している韓国人約70人が今日、特別旅客船で帰国の途についた。韓国外交部によると、30日午後1時、ウラジオストク港を出発した旅客船は31日午後1時、トンヘ(東海)港に到着する予定だ。 この日の旅客船にはウラジオス...
別窓で開く

九州・瀬戸内の各港へ天然ガスをお届け 西日本初のLNGバンカリング船が2024年に竣工へ
指定された場所までLNGを届けます。LNG船の普及を見越して次の一手へ 日本郵船、九州電力、伊藤忠エネクス、西部ガスの4社は2022年3月29日(火)、合同で記者会見を行い、九州・瀬戸内地域における船舶向けLNG(液化天然ガス)燃料の供給に関する事業化を進めると発表。これに基づき、本日付で三菱造船に...
別窓で開く


[ サハリン ] の関連キーワード

ウクライナ 瀬戸内 西日本 佐々木 ロシア
lng