本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現在の状況は「経済戦争という有事」 短期間でも原発を再稼働するべき
経済アナリストのジョセフ・クラフトが8月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。前年比でマイナス6兆円になった日本の上半期の経常収支について解説した。...
別窓で開く

「サハリン2」の日本企業の権益 再契約には厳しい条件を突きつけられる可能性も
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「サハリン2」の権益について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社サハリン2の権益について飯田)日本は「サハリン...
別窓で開く

有事なのだから「脱炭素、原発廃炉は据え置く」という手もある EU「ガス使用量15%削減」合意
数量政策学者の高橋洋一が7月27日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。2023年3月までガス使用量を自主的に15%削減することで合意した緊急エネルギー相会合について解説した。...
別窓で開く

6月の企業物価「9.2%上昇」 このままでは「失業率増加」につながる可能性も
数量政策学者の高橋洋一が7月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。日銀が発表した6月の企業物価指数について解説した。【経済】合同会社説明会に臨む学生ら=2022年3月1日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト 写真提供:産経新聞社6月の企業物価指数、過去最高に日本銀行が7月1...
別窓で開く

自民党・平将明広報本部副本部長「資源価格の高騰にはそれなりの規模の補正を行う」憲法改正にも言及
サハリン(樺太)南端のプリゴロドノエで稼働した石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の液化天然ガス(LNG)プラント 撮影日:2009年02月20日自民党の平将明広報本部副本部長が7月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。参院選における自民党の公約について語った。...
別窓で開く

石油・天然ガス事業「サハリン2」、ロシアが「接収」...強硬策に追い詰められた日本
「複数国による非友好的な行為に対する特別経済措置」2022年6月30日、ロシアのプーチン大統領が署名した一本の大統領令が日本のエネルギー関係者に衝撃を広げている。■サハリン2の代替調達先の確保、難しい実情大統領令はロシア極東サハリンで進む石油・天然ガス事業「サハリン2」について、現在の運営会社が保有...
別窓で開く

サハリン2「接収」大統領令 玉川徹「まさに安全保障の問題だ」
「日本の電力需給に影響する可能性があるニュースです」と6日(2022年7月)、司会の羽鳥慎一が日ロ共同の天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」について取り上げた。ロシアのプーチン大統領がすべての権利をロシア企業に譲渡する大統領令に署名した。日本が排除されれば、電気やガス料金がさらに上がるかもしれな...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

「サハリン2」からの撤退に反対してきた「経産省の責任」は極めて大きい
ジャーナリストの須田慎一郎が7月4日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本の商社も参加する石油・天然ガスの開発事業、「サハリン2」について解説した。...
別窓で開く

習近平による「台湾併合」を中国内部で止められる可能性はあるのか?
ウクライナが大国ロシアへ抵抗していることは、同じく大国である中国が、台湾侵攻への躊躇と逡巡を生み出している可能性があります。なぜなら、今回のプーチン大統領が命令したロシア軍によるウクライナ侵攻で、中国政府高官が一番ショックだったのは、ロシア政府高官にも制裁が発動されたことだからです。...
別窓で開く


[ サハリン ] の関連キーワード

ロシア 自民党