本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



防衛力強化で懸念される「2つ」のこと
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2023年度予算の概算要求について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」2023年度予算の概算要求締め切り財務省は各省庁からの要求を...
別窓で開く

ロシアがザポロジエ原発を占拠する「本当の理由」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也と、青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が8月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア軍が占拠しているウクライナのザポロジエ原子力発電所について解説した。...
別窓で開く

「日本のアキレス腱」石油・天然ガス事業「サハリン2」 ロシアより従来通り供給の「朗報」も、拭えぬ不安...急がれる安定調達先確保
「とりあえずは一安心だ」ロシア極東の石油・天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」をめぐり、従来通りの供給というロシア側の方針が伝えられ、国内の電力・ガス業界関係者は、こう胸をなで下ろした。とはいえ、先行きははっきり見通せない点が多く、安心している暇はない。...
別窓で開く

「高橋治之元理事」逮捕で思い出す「シュランツ事件」 50年前の「札幌五輪」が商業化の“転換点”だった
 8月17日、「電通スポーツ村のドン」と言われた東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之元理事(78)が、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。贈賄側の大会スポンサーで紳士服大手のAOKIホールディングスは、高橋容疑者が代表を務める会社に計5100万円もの“コンサルタント料”を支払い、日本選手団...
別窓で開く

巖さんの実家で発見された「とも布の謎」 弁護団「痛恨のミス」を検証【袴田事件と世界一の姉】
 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の橋本藤雄専務一家4人が殺害されたいわゆる袴田事件の犯人とされ、強盗殺人罪で死刑が確定した袴田巖さん(86)。無実を訴える再審請求審が今、東京高裁で進む。連載「袴田事件と世界一の姉」第23回では、犯行時の着衣とされ...
別窓で開く

■ウクライナ侵攻が変えたエネルギー見通し ロシアのウクライナ侵攻や対ロ制裁で世界のエネルギー事情が大きく変わった。 西側諸国は、ロシアの原油や天然ガスに依存することができなくなり、欧州連合(EU)は天然ガス使用量を15%削減し、ロシア産ガスへの依存を減らす方策について合意した。 日本に対してもプーチ...
別窓で開く

「原発回帰」大転換した岸田首相、主要新聞が賛否両論...「タブー打破」「脱炭素に必要」「福島を忘れたか」「実現に疑問」
「原発の新増設は想定しておりません」これまでこう明言してきた岸田文雄首相が2022年8月24日、原子力政策の大転換を表明した。脱炭素社会への移行を目指す政府の「グリーン・トラストフォーメーション(DX)実行会議」で、原発の新増設を検討するよう指示したのだ。いったい何が岸田首相を「前のめり」にさせたの...
別窓で開く

ウクライナ情勢のなか、ヨーロッパで進む「脱ロシア依存」 〜日本も検討するべき
筑波大学教授の東野篤子が8月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月24日でロシアの軍事侵略から半年となるウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

里見香奈は棋士編入試験“黒星スタート” 先輩の今泉健司・五段はどう見たか
 将棋の里見香奈・女流五冠(30)が女性初の棋士(プロのこと)を目指す「編入試験五番勝負」の第1局が、8月18日、大阪市の関西将棋会館で行われ、里見は黒星スタートとなった。この日の試験官は4月にプロ入りした徳田拳士・四段(24)。デビュー後の通算成績が12勝1敗と快進撃中で、日本将棋連盟の棋士番号が...
別窓で開く

なぜ今夏、こんなに暑くて大雨も? 「温暖化」との関係とは (モーニングショー)
今年の夏の「大雨と猛暑」は、どこが異常なのか。どうやら、北極海の気温が急上昇したために偏西風が蛇行した結果、太平洋高気圧とチベット高気圧が「2枚重ねの布団」のようになって日本列島に覆いかぶさっているため、らしい。16日(2022年8月)の「モーニングショー」が特集した。この夏の東京都心の猛暑日は15...
別窓で開く


[ サハリン ] の関連キーワード

シュランツ ウクライナ ヨーロッパ ロシア