本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア、2022年のLNG生産量は8%増
ロシア連邦国家統計庁が1日に発表したデータによりますと、同国の2022年の液化天然ガス(LNG)生産量は前年比約8%増の約3250万トンでした。 同庁によりますと、昨年のLNG生産量の増加は主に、関連工場の生産能力が向上したことによるものです。昨年生産されたLNGのうち1150万トンは、極東ロシアの...
別窓で開く

日本の損保会社が「船舶戦争保険」停止へ〜ニッポンを支える「隙間ビジネス」舞台裏
「隙間ビジネス」舞台裏 (C)週刊実話Web今年1月1日から日本の損害保険各社は、ロシアとウクライナ近海での船舶戦争保険の提供を停止した。『SOMPOホールディングス』、『東京海上ホールディングス』などの広報担当者によると、理由は保険会社の保険をさらに引き受ける再保険会社が、船舶向け戦争保険の引き受...
別窓で開く

脅かされる日本の石油事情 中東・イスラエル&イランの緊張が激化の恐れ
ウクライナ侵攻は世界のエネルギー問題を悪化させた。日本はロシアが極東で手がける石油・天然ガス開発事業サハリン2に多くを依存しており、侵攻によってロシア批判が世界で強くなる中、日本の三菱商事と三井物産は引く続きサハリン2に出資を続けるという苦渋の決断をした。...
別窓で開く

日本の防衛に一大変化、3文書で打ち出された「積極関与ドクトリン」とは 元幹部自衛官が読み解く防衛3文書の真の狙いと意義(後編)
(数多 久遠:小説家・軍事評論家、元幹部自衛官) 前回(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/73405)に続き、2022年12月16日に閣議決定された「防衛3文書」(「国家安全保障戦略」「国家防衛戦略」「防衛力整備計画」)についてレビューを行っていきます。...
別窓で開く

薬物に“日本刀”で幼児含む被害者を次々殺害、町の歴史にも記述はあまりに少なく…「拓銀支店6人殺し」と消えた犯人
無抵抗な被害者たちの頸動脈を次々切断…銀行支店長一家をめぐる北の小さな町の未解決事件 から続く 被害者6人は全員抵抗した様子はなく、鋭利な日本刀のような刃物で頸動脈や静脈を切断されて死亡した1950年の「拓銀支店6人殺し」事件。北海道北部の小さな街の銀行支店で起きた強盗殺人事件は、幼児を含む犠牲...
別窓で開く

韓国紙「日本がロシア産原油を輸入へ」「今年春以降で初めて」
日本がエネルギー不足の状況に備え、燃料備蓄量を増やすために去る5月以降で初めてロシア産原油を輸入する予定であると、韓国聯合ニュースがブルームバーグ通信を引用した28日報じた。聯合はブルームバーグのタンカー移動データ分析を引用し、アフラマックス級タンカーザリフバイカル号がこの日、ロシア極東サハリンの「...
別窓で開く

“拘禁症”残る袴田巖さんと3人の裁判官が異例の面会 姉のひで子さんは「わかったふりをして…」
 12月5日、第2次請求差し戻しの即時抗告審が東京高裁(大善文男裁判長)で行われ、袴田巖さん(86)が初めて3人の裁判官と面会した。「裁判官は巖に優しく接してくれましたよ」と巖さんの姉・ひで子さん(89)は笑顔を見せた。審理はすべて終了し、あとは年度内に出される再審の可否を待つだけだ。...
別窓で開く

ウクライナ情勢で、中東依存に戻ってしまった日本のエネルギーリスク
ジャーナリストの佐々木俊尚と筑波大学教授の東野篤子が12月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本の経済安全保障について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社ウクライナ情勢により、エネルギー...
別窓で開く

柔道GSで阿部一二三の“宿命のライバル”丸山城志郎が優勝 だが試合内容について本人は
 3年ぶりの国内開催となった柔道グランドスラムの東京大会は、2日目(12月4日)に男子66キロ級が行われ、丸山城志郎(ミキハウス=28)が優勝した。東京五輪の金メダリストでライバルである阿部一二三(パーク24=25)がスタンドから見守る中での試合であった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】■ライバル阿部に...
別窓で開く

阿部詩 ライバル志々目愛との熱戦を制し優勝 パリ五輪までに怪物になれるか
 30年ほど前に人気を博したテレビアニメ『YAWARA!』(日本テレビ系列)以来、ひさびさの柔道アニメが来年1月から始まる。『もういっぽん!』(テレビ東京ほか)だ。12月3〜4日に東京体育館(渋谷区)で行われた柔道グランドスラム東京2022に詰めかけたファンも、「もう一本」を見たかったはず。...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>