本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



チェイス・アンリはいかにしてシュツットガルト入団を果たしたのか。尚志高での3年間の驚くべき“急成長”をひも解く
 同級生から遅れること1か月。本当の意味で尚志高から旅立つ日がきた。 ブンデスリーガ1部のシュツットガルトは4月7日、U-21日本代表のチェイス・アンリを獲得したと発表した。契約は7月1日からの複数年。準備が整い次第渡独し、当面は4部リーグに籍を置くU-21チームでプレーする見込みだ。...
別窓で開く

ドバイカップ優勝のU-21代表でA代表に推薦したい選手は? 最も近いのは大岩ジャパンの“舵取り役”
 各年代でエリート街道を歩んできた者もいれば、無名だった育成年代を経て大きく飛躍した者いる。なかには高校卒業後に渡欧した選手もおり、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)やDF内野貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)は自らの足で道を切り開き、年代別代表で日の丸を背負うまでになった。...
別窓で開く

日本の優勝は401倍!! 英老舗ブックメーカーのカタールW杯最新オッズに見る「森保ジャパンのリアル評」
 いよいよ出場国の組分けが確定したカタール・ワールドカップ。これを受けて英老舗ブックメーカー『William Hill』社が各種オッズの第1弾を発表した。【画像】カタールW杯、全8グループの組分けをチェック! やはりまず気になるのは「優勝」オッズだろう。こちらは、ブラジルが6.00倍で1番人気。...
別窓で開く

【セルジオ越後】5人交代や11月開催でドイツやスペインと戦う日本。4年に一度の宝くじを買って祈るようなもんだね
 カタール・ワールドカップのグループステージの対戦相手が決まったね。グループEに入った日本は、初戦でドイツ、2戦目でコスタリカかニュージーランドの大陸間プレーオフ勝者、最後にスペインと戦うことになった。 ワールドカップの優勝経験のあるドイツ、スペインと同組になったことで、“死の組&rdq...
別窓で開く

【U−21代表|ドバイカップ総括】“タフに戦う”を体現し3連勝で大会制覇。セットプレーでも確かな成果
 パリ五輪の開幕まで約2年5か月。U−21日本代表にとって、残された時間は長いようで短い。大岩剛監督が就任したのは昨年末。初めての活動も今年3月で、今回参戦したドバイカップU−23が初の海外遠征だった。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、海外で国際試合をあまり経験していない点は、パリ五輪世代の不...
別窓で開く

「人事差別を受けた吉田麻也を嘲笑するとは!」“サルの絵文字”を投稿したAFCを韓国メディアが糾弾!「猿はアジア人を卑下する表現。よりによって…」
 物議を醸したアジア・サッカー連盟(AFC)の投稿を韓国メディアも糾弾している。 問題となったのは、AFCの公式インスタグラムが3月30日に公開した動画だ。前日に埼玉スタジアム2002で行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選のベトナム戦で、日本代表DFの吉田麻也が78分に決定機を外したシ...
別窓で開く

「日本が取り組むべきことはただ一つ」米メディアのアジア通記者が森保ジャパンに欠けている部分を指摘「試す必要がある」
 3月29日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選、日本対ベトナムの一戦が埼玉スタジアム2002で行なわれ、結果は1-1で終わった。 森保ジャパンはすでに前節オーストラリア戦でグループBの2位以上が確定し、W杯出場が決定済み。ベトナム戦では先発を9人入れ替えて臨んだが、勝利することはできずに最終...
別窓で開く

【岩本輝雄】評価が難しい“フル出場”の三笘。本大会までに最適解を見出せるか
 最後は勝って最終予選を締め括りたかったけど、7連勝&グループ首位通過がかかっていたホームでのベトナム戦で、日本は1−1で引き分けた。そのあとに行なわれたサウジ対オーストラリアで、勝利したサウジが首位に立って、日本は2位になってしまった。 グループ最下位のベトナムは、思っていたより手強かったね。...
別窓で開く

【森保ジャパン通信簿】最終予選の出場全選手を査定。MVP級の働きをしたのは?
 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選を7勝1分2敗の勝点22、サウジアラビアに次ぐ2位で戦い抜いた日本代表。1勝2敗と苦しいスタートから持ち直し、7大会連続でのワールドカップ出場を決めたなか、各選手はどんなパフォーマンスを見せたのか。ここでは今最終予選、計10試合に出場した選手(心苦しいが、未...
別窓で開く

U−21日本代表、3連勝でドバイカップ優勝! 細谷のヘッド弾でサウジに1−0勝利
 U−21日本代表は現地3月29日、ドバイカップU−23の優勝決定戦でU−23サウジアラビア代表と対戦し、1−0で勝利した。 日本のスタメンは、GKに佐々木雅士、4バックに内野貴史、チェイス・アンリ、西尾隆矢、加藤聖、アンカーに田中聡、インサイドハーフに山本理仁と藤田譲瑠チマ、3トップは鈴木唯人、細...
別窓で開く