本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



働きがいのある会社、大企業部門1位は「シスコシステムズ」 2位には「セールスフォース」
Great Place To Workは2月16日、2021年版日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表した。同ランキングは「働く人へのアンケート」「会社へのアンケート」の結果を信用、尊重、公正、誇り、連帯感の観点で評価し、順位付けした。従業員数1000人以上の大規模部門の1位は「シスコシ...
別窓で開く

社員がこたつでサボってるだけ...? IT展示会に出現した謎ブースが話題→企画の意図を出展者に聞いた
2021年1月27日から29日までインテックス大阪(大阪市)で開催されていた「Japan IT Week 関西」。様々な分野の企業が出展している関西最大級のIT展示会だ。コロナ禍での開催となった今回、ある企業のブースが感染対策を実施した結果、「ガチでサボッてる」状態だとツイッター上で話題になっている...
別窓で開く

都政や仕事がわかる「都庁セミナー2020」オンライン開催 局別セッションで職員に質問も
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は将来のキャリアを検討している学生・社会人などを対象に実施されている「都庁セミナー」がオンライン開催することについてや、妊娠に関する正しい知識の解説や相談ができる都の...
別窓で開く

ビジネスマンの半数「テレワークはコミュニケーションしにくい」─「電話など連絡の取りにくさ、メールなど時間がかかる」
サイボウズは11月17日、「テレワークのコミュニケーション」に関する調査結果を発表した。調査は10月にネット上で実施し、週1回以上在宅勤務をしている会社員・公務員・経営者・役員3087人から回答を得た。在宅勤務の頻度について、「週に1〜2日」が39.4%。次いで、「週に3〜4日」(30.5%)、「週...
別窓で開く

<W解説>韓国人が「夫婦別姓」議論の日本に優越感を感じているのは「男女平等」の証なのか?
先日、日本の自民党総裁選挙の際、野田聖子氏が今回もまた国会議員の推薦人20名を集められず、出馬出来なかった。彼女の主要公約の一つが「夫婦別姓(法的には“夫婦別氏”)」である。サイボウズ社長で有名な青野慶久氏らが結婚時に夫婦別姓を選べない戸籍法は憲法違反だとして国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、...
別窓で開く

「トヨタの人事を3年で辞めた」のは間違いか? "昭和的"な労働観では計りきれないこれからのキャリア
先日、「僕はなぜトヨタの人事を3年で辞めたのか」というnoteのエントリーが話題になった。書いたのは、現在サイボウズで働く20代の男性。トヨタ入社後、希望していない人事部に配属され、仕事に楽しさを覚えてきた2年目に本社労政室に異動となった。「自分の人生を自分で決められない、一抹の寂しさを感じた」と綴...
別窓で開く

オンライン会議でのマナーとは? リモートワークで即役立つノウハウ本
皆が集まるオフィスから、個々に自宅で働くリモートへ。ワークスタイルは激変しても、コミュニケーションのキモは普遍的です。そんな“リモートコミュニケーション”を円滑に進めるために、読んでおきたい本をセレクト!大事なのは、ツールの先にいる相手の状況を想像する力。...
別窓で開く

サイボウズ社長直伝“テレワーク”導入のポイント
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。3月26日(木)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、サイボウズ代表取締役社長の青野慶久さんが“テレワークのコツ”を解説しました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>