本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「野球ぐらいで落ち込むな」ダルビッシュ有らの“気遣い”を意気に。不振だった村上宗隆を支えた人の力【WBC】
23歳のスラッガーのバットからようやく快音が響いた。3月16日に東京ドームで行なわれたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準々決勝のイタリア代表戦で、日本代表の村上宗隆(ヤクルト)は5回裏に値千金のタイムリーツーベースを放ち、9対3で勝利したチームに貢献した。 今大会では苦闘が続いていた。...
別窓で開く

侍Jの完成度は“世界一”! 米識者が日本を引き合いにWBC批判へ異論「意味がない大会と決めつけるのは誰?」【WBC】
投打ともにヨーロッパの雄を圧倒した。 3月16日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準々決勝が東京ドームで行なわれ、日本代表がイタリア代表を9対3で撃破。同大会では史上唯一の5大会連続での4強入りを果たした。 大会前から「史上最強」と言われた侍ジャパンが、野球列強国の矜持を見せつけた。...
別窓で開く

「我々は世界のトップ8だ」伊メディア、日本相手にも確かな爪痕を残した母国代表に最敬礼!「夢を与えてくれた」【WBC】
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準々決勝が3月16日に行なわれ、日本代表はイタリア代表と東京ドームで対戦。9対3で圧勝し、第1回から5大会連続となるベスト4進出を決めた。 侍ジャパンはスコアレスで迎えた4回裏に、岡本和真(巨人)の3ランホームランなどが飛び出し、一挙4点を奪取。...
別窓で開く

日本に勝てば「真の奇跡」。伊メディアが大注目の大一番を分析! “カルチョの国”における侍ジャパン戦の意義【WBC】
打倒・侍に“カルチョの国”が燃えている。目下開催中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で快進撃を続けるイタリア代表だ。16日には準々決勝で日本代表と対戦する。 今大会のイタリアは、全チームが2勝2敗で並ぶ大混戦となった1次リーグ・プールAを勝ち抜いてきた。...
別窓で開く

“韓国の顔”イ・ジョンフは開始40分前に同僚に苦悩を吐露。運命を変えた日韓戦の舞台裏「彼はわざわざ電話を」【WBC】
負ければ、崖っぷちに立たされる。そんな緊張感の中での日韓戦は、韓国球界屈指の天才でも、耐え切れないプレッシャーに苛まれていたようだ。 去る3月10日に行なわれたワールド・ベースボール・クラシック1次リーグ・プールB第2戦で行なわれた日本代表戦で韓国代表は4対13と大敗。...
別窓で開く

悩める村上宗隆にとってダルビッシュ有はどんな存在? 怪我で出場辞退の鈴木誠也とは「常にLINEしている」【WBC】
第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準々決勝進出を決めた日本代表は3月14日、東京ドームで練習を実施。侍ジャパンの村上宗隆(ヤクルト)が、16日のイタリア戦に向けて決意を述べるとともに、大先輩との関係を打ち明けた。【動画】「顔を上げて頑張れ!」海の向こうからエール!鈴木誠也の&ldq...
別窓で開く

日本に惨敗も笑顔だったチェコに見た“野球の原点”。ダルビッシュ有も語った「楽しむこと」の重要性【WBC】
どれだけ打たれて、点を失おうとも、マウンドから降りた投手を「よくやったな」と笑顔で迎え入れる——。東京ドームで開催されている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグプールBに参戦中のチェコ代表は、こと野球の国際大会においては、稀有な姿勢を見せる。 去る3月11日に行なわれた日本...
別窓で開く

「壮行試合では失点もしたが…」山本由伸、“復活”の背景にあったダルビッシュ有の存在。次回登板への課題とは?【WBC】
3月12日、第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールBの第4戦が東京ドームで行なわれ、日本代表の山本由伸(オリックス)は、オーストラリアを相手に先発登板。4回(60球)を投げ、被安打1、奪三振8、無失点と好投するなど、7対1でのチーム勝利に貢献した。...
別窓で開く

「間違いなく劣勢になる」激戦を勝ち抜いた“アッズーリ”の侍ジャパン戦に伊放送局が熱視線!「相手はオオタニだ」【WBC】
アッズーリ(イタリア代表の愛称)が燃えている——。と言えば、多くの人がサッカーのイタリア代表を思い浮かべるだろうが、目下、快進撃を見せているのは野球の同国代表だ。【動画】まるでボンズ!? 大谷翔平が披露した打った瞬間のWBC第1号をチェック 3月12日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の...
別窓で開く

山本由伸「勝ちにこだわって、全力でプレーします」 WBCがいよいよ開幕!
野球の国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」が3月8日に開幕する(日本の初戦は9日)。2009年の第2回大会以来14年ぶりの世界一を目指す日本代表(侍ジャパン)は、栗山英樹監督のもと最強メンバーが集結した。日米から才能あふれるスター選手が集結。ドリームチームで世界一を狙う!その中で...
別窓で開く


[ サンディエゴ ジャパン ダルビッシュ ] の関連キーワード

アッズーリ ジャパン チェコ wbc