本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



もし、ロシアがウクライナ侵攻したら...外国為替市場はどうなる?(志摩力男)
ウクライナ情勢が緊迫化しています。米国のバイデン大統領は数日前の会見で、ロシアのプーチン大統領は「ウクライナを侵攻するだろう( I think Putin will "move in")」と発言しました。米国はウクライナの米大使館員家族に退避命令を出しています。個人的にはロシアによる大規模なウクライ...
別窓で開く

日本は北方領土を取りもどすチャンスが「4回」はあったはず=中国
 外務省によれば、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4つの島々からなる北方領土は、1945年に当時のソ連によって不法占拠された。その後、日本はずっと返還を要求し交渉を重ねてきたが、いまだに返還には至っていない。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本には北方領土を取りもどすチャンスが4回あったが、その...
別窓で開く

33.コロナ禍発生から1年(食品新聞) 2021年01月22日11時00分
コロナ禍発生から1年
歳を追うごとに1年を短く感じるようになっていたが、昨年は過去に経験したことのない事態が次々と起こったためか1年を長く感じた。実際の時間の流れと感覚の差を改めて感じた。▼今年は東日本大震災の発生から10年を迎える。地震の揺れや、その後のさまざまな混乱の記憶は鮮明だ。あれから10年たったと思うと感慨深い...
別窓で開く

なぜ中国は米国に対し「徹底抗戦」するのか、ソ連や日本という「教訓」があるからだ 
 中国のポータルサイト・百度に20日、「どうして中国は米国に対抗しなければならないのか、そこにはソ連、日本の教訓がある」とする記事が掲載された。 記事は、現在発生している米中間の対立について、「たとえ中国が相手にしなかったとしても、米国は中国を打ちのめそうとすることを止めないだろう」とするとともに、...
別窓で開く

“隠された”ソ連のアフガニスタン侵攻の闇に光を当てた男
ソ連の近現代史が書き換えられることになったのは、ミトロヒンの功績です。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」によって明らかになった、ソ連の秘密工作について紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・...
別窓で開く

瀬戸際の習近平政権は「美しい敗北」を選択できるのか?
ソ連崩壊の一因とされるのが、1986年のチェルノブイリ原発事故という公共衛生大事件でした。ソ連共産党のようにメディア統制や言論統制を解除することで、新しい中国として生まれ変わることができるのか? 習近平政権が進むべき道を、福島香織氏が期待をこめて提言する。...
別窓で開く

リトアニアが生んだ伝説のビッグマン、アルビダス・サボニスは今…。「母国の顔」、「父」として奮闘する日々
世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。では、NBAで活躍した欧州プレーヤーたちはその後、どのようなキャリアをたどっているのか。第一線を退いた彼らの今をシリーズで紹介しよう。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! SF編】ケン・リュウ編の中国アンソロジー第二弾!
『折りたたみ北京』に続く、現代中国SFを紹介するアンソロジー。編者ケン・リュウは「序文」で、こう告げる。包括的であったり、代表的であったりすることを狙いとした計画は失敗に終わる運命にあり、いわゆるベストの作品を選出するというたいていの方法にわたしは疑念を抱いている。...
別窓で開く

金正恩氏、旧ソ連最後の元帥死去に見舞い電
北朝鮮の金正恩党委員長は27日、旧ソビエト連邦の元国防相であるドミトリー・ヤゾフ氏の死去に際して、遺族に見舞い電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。ヤゾフ氏はゴルバチョフ時代に国防大臣を務め、旧ソ連で最後に任命された元帥である。25日、ロシアのモスクワで死去した。95歳だった。...
別窓で開く


[ ゴルバチョフ ] の関連キーワード

アフガニスタン ウクライナ リトアニア 北方領土 ロシア

<前へ1234次へ>