本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「2021年ドラフト候補生」の筆頭格!森木大智の現状とスカウト・指揮官の評価
松坂世代(1980年生まれ)から20年以上たった今、″森木世代(2003年生まれ)″と呼ばれるプロ注目の高校生投手たちが台頭している。 伊藤樹(仙台育英)、菊池楽(前橋育英)、金井慎之介(横浜)、畔栁亨丞(中京大中京)、田村俊介(愛工大名電)、知崎滉平(東邦)、野崎慎裕(県岐...
別窓で開く

“ビール腹”を気にしながらも放置してしまうことで起こる危険
毎年の健康診断で成人男性が気になるのはウエストのサイズ。いわゆる“ビール腹”は肥満だけでなく、生活習慣病の1つである糖尿病にも要注意とされています。糖尿病専門病院の院長である益子茂氏は「糖尿病の怖いところは、病気が進行しても日常生活に支障をきたさないこと」だと言います。...
別窓で開く

県大会で得た手応えと課題。プロ注目の明石商・中森俊介と来田涼斗が“最後の甲子園”へ
口を真一文字に結んで表情を緩めないエースがマウンドに立ち、パワフルなスウィングが魅力のリードオフマンが屈託のない笑顔でベンチを盛り上げる。グラウンドでは対照的に映る3年生の中森俊介と来田涼斗は、明石商を投打で引っ張ってきた。 ともに1年夏に甲子園デビューを果たすと、2年時は春夏連続でベスト4入り。中...
別窓で開く

「猛虎魂を感じる」阪神ボーアの家族が甲子園で初観戦。長男ジミーくんのユニフォーム姿をファン絶賛
プロ野球に観客が戻ってきた10日、阪神の新助っ人の頼もしいサポーターも本拠地甲子園に駆け付けた。 ジャスティン・ボーアの夫人、ヘイリーさんは10日、自身のツイッターを更新。2枚の写真を投稿した。1枚目はユニフォーム姿のボーアが長男ジミーくんを抱きかかえる写真。2人とも阪神のユニフォームを着ている。...
別窓で開く

平野佳寿 「派手」な人が輝ける理由…だから僕は「地味」でいい
中学までは軟式で、高校時代は甲子園に出場したもののエースではない。大学時代は関西六大学野球が舞台で、プロ入り先は阪神タイガースの陰に隠れがちなパ・リーグのオリックスバッファローズ。決して目立つ存在ではなかったけれど、コツコツと努力を積み重ね、今ではド派手なMLBの舞台で奮闘するメジャーリーガーの平野...
別窓で開く

豪快なだけじゃない。絶好調の有原攻略につなげた西武打線の献身性
一つ一つの音が響き渡る。 審判のストライクコールがはっきり聞こえ、ベンチからの叱咤激励も内容まで耳に届く。投手がリリースの瞬間に思わず出す声、ボールがミットに収まる音、インパクトの瞬間のバット音。どれもが生々しい。 2020年のプロ野球は、いつもとは異なったそんな空気で開幕した。 メットライフドーム...
別窓で開く

長嶋、野村、落合…こんなにいる!「甲子園に行けなかった」スーパースター
 新型コロナウイルスの影響で、全国高等学校野球選手権大会、すなわち夏の甲子園の中止が決まった。「目標を失った球児たちには、かける言葉もありません。しかし、プロ野球の世界には、甲子園に出場せずとも大成した、偉大なプレーヤーがひしめいています。甲子園だけが野球ではありません。...
別窓で開く

北関東出身の女性芸能人といえば 1位 井森美幸 54.2%
北関東出身の女性芸能人といえば、という調査をしました。「特に思い浮かばない」の32.6%を除くと、総合で1位は「井森美幸」で54.2%、2位は「鈴木奈々」で20.1%、3位は「篠原涼子」で17.9%、4位は「磯山さやか」で17.7%、5位は「松居直美」で16.6%という結果でした。総合の詳細は以下の...
別窓で開く

夏の嫌いなところ 1位 気温が高い、2位 湿度が高い、3位 寝苦しい
夏の嫌いなところは? という調査です。総合ランキング1位は「暑い・気温が高い」で70.4%、2位は「湿度が高い・ベタベタする」で68.7%、3位は「寝苦しい」で61.4%、4位は「虫が多い・刺される」で58.6%、5位は「汗をかく」で54.1%という結果でした。総合ランキングの詳細は以下のとおりです...
別窓で開く

高校野球の応援ソングランキング 1位は「狙いうち」
「特にない」の39%を除いて、総計で見ると、1位は「狙いうち」で27%、2位は同率で「コンバットマーチ」と「サウスポー」で21%、4位も同率で「タッチ」と「宇宙戦艦ヤマト」で18%でした。...
別窓で開く


[ コール 甲子園 ] の関連キーワード

ジミー 北関東 甲子園