本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“スペシャルワン”の申し子は? モウリーニョ監督のもとで最も多くのゴールを挙げている選手10人
 トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の“怒りのコメント”が話題を呼んでいる。元イングランド代表MFポール・マーソン氏が、同国代表FWハリー・ケインが最近トッテナムで活躍できてない理由はモウリーニョ監督のプレースタイルにあると言及したことに対し、22日の記者会見で反論。...
別窓で開く

「奮起を期待されているが…」プレミア再開を控えるリバプール、南野拓実が注目されている理由を英メディアが指摘
 プレミアリーグが現地時間6月17日に再開。首位を走るリバプールは、21日にエバートンとのマージ—サイド・ダービーで再スタートを切る。  悲願のタイトルが決まるかもしれないライバルとの大一番を控えて、地元メディアやファンが期待を寄せるひとりが、今年1月に加入した南野拓実だ。...
別窓で開く

「ファーガソンがご執心だったが…」“豪州の英雄”はマンU移籍を拒否していた? OB戦士が明かす!
 リーズやリバプールなどでプレーしたオーストラリアの“英雄”ハリー・キューエルは、名将サー・アッレクス・ファーガソンの誘いを断っていたようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのOBで元イングランド代表のポール・スコールズが、元ウェールズ代表ロビー・サベージのポッドキャストで語っ...
別窓で開く

デクラン・ライス スライディング・ドア【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.007(2019年11月号)掲載]これはある意味で“シンデレラ・ストーリー”だ。チェルシーのユースから追い出されたデクラン・ライスは、ウェストハムでも自分の能力に限界を感じていた。もし1年前、アストン・ヴィラ行きの電車に乗っていたら現在の彼の姿はきっとなかった──。...
別窓で開く

【一覧】プレミアリーグ歴代得点王、年齢から考えてみたストライカーの旬って何歳? 
 サッカーの花形ポジションと言えば、ストライカーだろう。異論はあるかもしれないが、最も多くのゴールを決めることが可能なポジションであり、スター選手も多い。 そんな彼らにも“旬”がある。20代前後で得点を量産する早熟型もいれば、30歳を過ぎてからゴールゲッターとしての才能を開花させる晩成型も存在する。...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│変わりつつあるプレミアリーグ
[サッカーキング No.007(2019年11月号)掲載]1992年のリーグ発足、そして1995年の「ボスマン判決」をきっかけに、選手や監督のグローバル化が進み、外国資本がそれをさらに加速させた。おかげで世界一リッチなリーグにはなったが、同時に失われていったものもある。だが、今シーズンはどうも様子が...
別窓で開く

ウィリアム・ギャラス ロンドンの歩き方【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]チェルシー、アーセナル、トッテナムを渡り歩き、2014年に現役を引退したウィリアム・ギャラスは2年前、英誌『FourFourTwo』で自身のキャリアについて語っている。彼の不思議なキャリア──チェルシー、アーセナル、トッテナムで過ごした12年間...
別窓で開く

イギリスのバンドといえば、1位 ビートルズ、2位 ローリング・ストーンズ
イギリスのバンドで知っているものについて調査しました。総合ランキングで1位は「ビートルズ」で93.3%、2位は「ローリング・ストーンズ」で72.3%、3位は「クイーン」で60.2%、4位は「レッド・ツェッペリン」で46.6%、5位は「ピンク・フロイド」で30.9%という結果でした。総合ランキングの詳...
別窓で開く

女性の約2割が、本を年間30冊以上読むと回答。対して男性の2割は年間0冊
漫画・雑誌以外の本を年に何冊読むかの調査で総計を見ると、最も多かったのは「0冊(まったく読まない)」で19.4%、次いで「2〜3冊」で16.9%、次いで「4〜5冊」で12.1%でした。■もっとも多いのは、男性は「0冊(まったく読まない)」、女性は「2〜3冊」男女別にみてみると、男性は「0冊(まったく...
別窓で開く



<前へ123456次へ>