本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スターリングが7人目に? “ビッグ6”の3クラブ以上に在籍した選手たち
イングランド代表FWラヒーム・スターリングのチェルシーへの加入が秒読みとなっている。これまでリヴァプール、マンチェスター・Cに在籍してきたスターリングにとって、チェルシー移籍が決まれば自身3クラブ目の“ビッグ6”でのプレーとなるが、これはプレミアリーグの歴史上7人目のことだという。...
別窓で開く

欧州王者から英2部リーグへ…チャンピオンシップでプレーしたCL覇者たち
ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの新天地はロサンゼルスFCに決まった。2013年から所属したレアル・マドリードでは5度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験したベイル。同クラブとの契約が今夏で満了となり、代理人がチャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフと交渉していることも伝えられていた...
別窓で開く

マンCが5年で4度目の優勝! サラーは史上4人目の得点王&アシスト王/プレミア最終節
プレミアリーグ最終節が22日に一斉開催。最後までもつれた、優勝争い、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争い、残留争いに決着がついた。 首位マンチェスター・Cはアストン・ヴィラに2点を先行される苦しい展開となるが、76分、78分、81分と立て続けにゴールを奪い、3−...
別窓で開く

「アシスト記録も狙っている」ルーニーが“10番”ケインのチャンスメイクに着目!似ていると名を挙げたレジェンドは?
 元イングランド代表FWウェイン・ルーニー氏が、ハリー・ケインについて語った。英紙『Daily Mail』が伝えている。 一時の不振から脱却し、完全復調の気配を漂わせているトッテナムのエースは、先月のブライトン戦でプレミアリーグ通算178ゴール目を記録。...
別窓で開く

指導者、解説者で活躍…EURO1996ベスト4のイングランド代表選手の現在地
イングランドサッカー協会(FA)は23日、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各協会と合同で、EURO2028共同開催への“関心表明書”を提出したと発表した。招致が成功すれば、1996年以来の英国諸島での単独開催が実現する。 EURO1996がイングランドで開催されたのは今から...
別窓で開く

エヴァートン戦2得点のケイン、アンリを抜きプレミア歴代得点ランク6位に浮上
トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、プレミアリーグの歴代得点ランキングで6位に浮上した。7日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。 同日に行われたプレミアリーグ第28節エヴァートン戦にフル出場したケインは、37分と55分に得点を記録。...
別窓で開く

「最も偉大なストライカーだから…」ケインがレジェンド越えに喜び!元英代表は新記録樹立に太鼓判「あと5年はトップ」
 現地時間3月7日に開催されたプレミアリーグ第28節で、トッテナムはフランク・ランパード監督が率いるエバートンとホームで対戦し、5—0で大勝を収めた。この一戦で偉大な先達を一気に抜き去ったのが、ハリー・ケインだ。 まずはオウンゴールとソン・フンミンのゴールで、2—0で迎えた37分。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】"係り結び"がずれていくスリラー『アリスが語らないことは』
 現在を縛るものは過去であるというごく当たり前の事実。 それを魅力的なプロットで表現したスリラーがピーター・スワンソン『アリスが語らないことは』だ。 この物語の主人公はハリー・アッカーソンというもうすぐ大学を卒業する年齢の青年だ。彼は葬儀のためにメイン州ケネウィックの実家に帰郷している。...
別窓で開く

ロイ・キーン氏がサンダーランドの監督に復帰? 過去の復縁監督たちの運命は
元マンチェスター・ユナイテッドのMFロイ・キーン氏が、3部サンダーランドの監督就任に近付いているようだ。 先月30日のボルトン戦で0−6の大敗を喫し、3位に転落したサンダーランドは、監督のリー・ジョンソン氏を解任。1日のドンカスター戦にも敗れてさらに順位を下げており、2位以内のチャンピオンシップ(イ...
別窓で開く