本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NDSからラグビー日本代表、そしてRWC2023へ! ウルグアイとのサバイバルマッチがキックオフ!!
狭き門である。ナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)から日本代表へのサバイバルは熾烈だ。6月11日、EMERGING BLOSSOMSとして『ジャパンラグビーチャリティーマッチ2022』TONGA SAMURAI XV戦を戦ったメンバーは今週末、日本代表として『リポビタンDチャレンジカップ...
別窓で開く

21世紀に入って以降、グローバル企業のリーダーの資質はこれまでの常識とは大きく変わりました。20世紀の優れた経営者といえば、GE再興の祖であるジャック・ウェルチのようなイメージが典型例でした。厳しさと実行力、高い目標管理能力を兼ね備えた経営者です。多数の事業を傘下に抱え、それぞれを率いる事業部長同士...
別窓で開く

ソニー元社長の出井伸之氏は本当に「世界最悪の経営者」だったのか 「出井時代」がなければ、いまのソニーは全く違う会社になっていた
 ソニー(現ソニーグループ)で10年間にわたり社長、会長を務めた出井伸之氏が6月2日に肝不全のため亡くなった。84歳だった。 社長に就任したのは1995年。13年間の長期政権を敷いた大賀典雄氏からバトンを引き継いだ。1999年に社長兼CEOとなり、2000年に会長に就任してからもCEOにとどまり、2...
別窓で開く

【追悼】「ソニーを復活させた男」出井伸之の功績、過去には“世界のワースト経営者”と酷評されたことも
 元ソニーCEOで、日本を代表する経営者の出井伸之さんが2022年6月2日、東京都内の病院にて肝不全で亡くなったことがわかった。84歳だった。 かつて「世界のワースト経営者」とも評されるなど毀誉褒貶の激しい出井氏だったが、純利益初の1兆円超えるなど“今のソニーの成功”は彼がCEO時代に蒔いた種が実っ...
別窓で開く

【北京IPO】自動車用精密ベアリング製造の青島泰徳汽車軸承が6日に上場開始、2500万株発行予定
 北京証券取引所への上場を目指している、青島泰徳汽車軸承(831278/北京)が6月6日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。2500万株を発行予定で、公募価格は4.06元。公募終了後速やかに上場する見込みだ。  同社は2001年設立で、14年に株式会社化した。...
別窓で開く

堀江、山沢らは日本代表、田村、ラファエレらはNDSへ、夏の国内4連戦でラグビー日本代表サバイバルが激化!!
これまでとは異なる代表選考と言えよう。5月31日に発表された2022夏シーズン日本代表およびNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)は、1年3か月後に迫った『ラグビーワールドカップ(RWC)2023』を睨んだメンバーとなった。5月9日には2022年度日本代表候補選手63名が発表されていた。...
別窓で開く

三宅健が伝授する「誰でも木村拓哉になれる方法」とは?
バラエティ特別番組『未知の知発見バラエティー!ボーっと過ごした人のへぇーノート』(フジテレビ系)が、6月7日(火)19時から放送。岸優太(King & Prince)や三宅健らが出演する。同局深夜のチャレンジ枠『水曜NEXT!』(関東ローカル)で、1月26日、2月2日の2週連続で放送された番組が、待...
別窓で開く

どうしてマクドナルドはハンバーガーを世界中に売ることができたのか? スターバックスはなぜ世界中の街角にあるのか? 一部の社会現象である「ヴィーガン」はいかにして世界的なトレンドになったのか? これらのイノベーションの背景には、ひとつの共通項がある。それはこれらが、新しい文化をつくったということだ。京...
別窓で開く

全米の「にわか投資家」真っ青!! 米マーケット急落...億万長者たちも「クマ退治」を緊急要請か?!(井津川倫子)
いよいよ「クマ」の出現か......。積極的なインフレ対策で米経済がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が広がっています。政府の金融引き締め策が引き金となって、米ニューヨーク株式相場の下げ幅が拡大。...
別窓で開く

<純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも
「(ソニーも)変化しなければ、隕石で滅んだ恐竜のようになってしまう」 そんな危機感から、同社のビジネスを製造業からデジタルにシフトしたのが、元ソニーCEO・出井伸之氏。今ではデジタルのような「無形資産」で儲けることは当たり前になったが、出井氏が社長に就任した1990年代はまだ夢のような、にわかに信じ...
別窓で開く


[ ゲイツ ] の関連キーワード

ウルグアイ nds ソニー ipo