本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

マツコ&有吉、“モテ”の地位が下がっていると考察「恋愛をわざわざしようと思わない」
7月15日(金)の『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、視聴者から寄せられた「常人が習得できるスペックを一瞬で手に入れられるとしたら、どんな能力がいいですか?」というテーマについて熱い議論を繰り広げた。マツコ・デラックスは「実用的なのだったら、お片付け能力。...
別窓で開く

ポストジョンソンの本命ピンチ?! 義父は「インドの大富豪」イケメンセレブを襲ったまさかの「放送事故」(井津川倫子)
辞意を表明したジョンソン英首相の後継レースで、「本命」と有力視されているのが若干42歳の「イケメン」スナク前財務相です。インド系の両親の下に生まれ、2年前までは無名だったスナク氏ですが、コロナ禍の大胆な経済政策で手腕を発揮。首相に就任すれば、英国初の「アジア系首相」になるとあって、注目を集めています...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

新型コロナを“予測” ビル・ゲイツ氏に聞く 次のパンデミック、そして未来
テレビ朝日が取り組む「未来をここからプロジェクト」。『報道ステーション』では、多岐にわたる分野で時代の最先端を走る“人”を特集する企画「未来を人から」を展開している。今回取材したのは、マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏。彼が2000年に設立した世界最大の慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ...
別窓で開く

世界長者番付にプログラマー出身者はなぜ多いのか?
「2ちゃんねる」の創立者で、最近は「論破王」としても知られる、ひろゆき(西村博之)さんが、ユニークなプログラミング入門書を書いた。本書「プログラマーは世界をどう見ているのか」(SB新書)である。実際にプログラミングの初歩を学びながら、プログラミングをすることで得られる論理的思考力、創造性、問題解決能...
別窓で開く

壁を超えたら人生で一番幸せな20年が待っていると説く『80歳の壁』が話題になっている今、ぜひ参考にしたいのが、元会社員で『島耕作』シリーズや『黄昏流星群』など数々のヒット作で悲喜こもごもの人生模様を描いてきた漫画家・弘兼憲史氏の著書『死ぬまで上機嫌。』(ダイヤモンド社)だ。弘兼氏のさまざまな経験・知...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く