本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



動かなくなった時計が念力で復活!? あの“超能力”のタネ明かし
1970年代半ば、わが国で「超能力ブーム」の火付け役になったのは、イスラエル生まれの自称・超能力者ユリ・ゲラーでした。今回は、理科・科学の達人にして『理科の探検(RikaTan)』編集長でもある左巻健男氏が、かつて一世を風靡したユリ・ゲラーの超能力について検証します。...
別窓で開く

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ファンタビシリーズ、待望の最新作!
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1052回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、4月8日に公開された『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘...
別窓で開く

えっそうなの? 土井善晴が「味噌汁にだし汁は不要」と説く理由
 日本を代表する料理研究家の土井善晴さん。土井さんの娘であり、同じく料理研究家の土井光さん。父と娘の初めての共著となる『お味噌知る。』(世界文化社)が10月30日に発売された。日本人に馴染み深い味噌を使った土井家とっておきの味噌汁と味噌料理のレシピを公開している。 「食事は一汁一菜で良い。...
別窓で開く

人力最速! 自転車王国イタリアが誇った「自転車兵団」とは MTB=軍用だった?
自転車競技が盛んなイタリアは、軍用自転車に着目したのも早く、19世紀には自転車部隊を編成、20世紀初頭には軽量な折り畳み式自転車まで開発、配備していました。そして第1次大戦では片脚の自転車兵まで登場したといいます。早くから誕生した自転車大国の兵器 毎年5月、イタリア全土を舞台に世界的な自転車ツーリン...
別窓で開く

ラグビー日本代表が候補者52名を発表!W杯メンバー10名を外したジョセフHC「チームにとって非常に特別な機会」
日本ラグビーフットボール協会が4月12日、2021年度の日本代表候補52名を発表。ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)は、6月26日に控えるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦に向けて「ものすごく胸躍る気持ち」と熱く語った。...
別窓で開く

東大生でさえ世界では通じない英語力。国際化に向けてやるべきこと
東京大学ではTOEFLを大学院入試の一環として使用していたが、ほとんどの博士課程入試合格者のスコアは600点に達することがないのが、日本の英語教育の現状だ。「日本の外国語教育はおかしい」と警鐘を鳴らしている東京大学名誉教授のロバート・ゲラーさんが、日本の英語教育の現在地を提示するとともに、大学での英...
別窓で開く

「ゆっくりハッキリ」英会話学校でビジネス英語は学べない
「日本の外国語教育はおかしい」と警鐘を鳴らす、東京大学名誉教授のロバート・ゲラーさん。自分自身の日本語学習体験を紹介するとともに、英会話学校で英語を学ぶことについて持論を展開します。辛抱と日々の努力なくして語学の上達はないようですよ。■今でも思い出す人工的だが勉強になった例文私が東京大学に赴任したの...
別窓で開く

「消しゴム」を英語でなんと言う? アメリカとイギリスの違い
「日本の外国語教育はおかしい」と考える、東京大学名誉教授のロバート・ゲラーさんに、アメリカ英語とイギリス英語の違いについて聞いてみました。また、英語圏に輸出された日本語についても教えてもらいます。「sukoshi」(少し)が、まさかそんなふうに使われていたとは(笑)。...
別窓で開く

入試の外国語科目は「文脈を読む能力」が問われる思考力試験
ニューヨーク出身で東京大学名誉教授のロバート・ゲラーさん。「日本の外国語教育はおかしい」が持論のゲラーさんは、諸外国に比べバイリンガル人口が極端に少ないのも日本の外国語教育が間違っている証拠だと語ります。今回は「類推」「文化的背景」をキーワードに、言語学習にとどまらない「文脈を読む力」の重要性を伝え...
別窓で開く

子どもに教えたい! 外国語教育を中途半端にしない方法
アメリカ・ニューヨーク出身でスタンフォード大学助教授を経て東京大学に着任し、同大学名誉教授になったロバート・ゲラーさん。1984年の来日以来、人生の半分を日本で過ごしています。その間に見た「ニッポン」は、科学者として、また一個人としても見過ごせない問題がそのまま放置されている国でした。...
別窓で開く