本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“ディープスリー”を連発したヤングにアデトクンボもお手上げ?「あれが決まると本当に厄介」<DUNKSHOOT>
昨プレーオフのイースタン・カンファレンス決勝で激突したミルウォーキー・バックス(6勝8敗/イースト11位)とアトランタ・ホークス(5勝9敗/イースト13位)は、開幕14試合を終えていずれも勝率5割未満と、思うように勝ち星を重ねることができていない。...
別窓で開く

ニックスとシクサーズはヤングを「嫌うべき」?同僚ウィリアムズがそう語る理由とは<DUNKSHOOT>
現地時間10月4日(日本時間5日、日付は以下同)に行なわれたマイアミ・ヒートとのプレシーズン初戦で、右大腿四頭筋を打撲したアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング。若きエースはその後2試合を欠場し、14日のプレシーズン最終戦で復帰すると、同じくヒート相手にいずれもゲームハイとなる27得点、15アシストを...
別窓で開く

「NBAのベストシューターだと証明したい!」ボグダノビッチが今季への意気込みを語る<DUNKSHOOT>
NBA入りから3年間をサクラメント・キングスで過ごし、2020年のオフにアトランタ・ホークスへFA(フリーエージェント)移籍したボグダン・ボグダノビッチ。新天地で気合十分だったが、キャリア4シーズン目を迎えた昨季は、右ヒザ剥離骨折のため1月中旬から約2か月間の戦線離脱を余儀なくされた。...
別窓で開く

ポールがハーデンと共闘したロケッツ時代を悔恨「互いの才能を理解できていなかった」<DUNKSHOOT>
16年のNBAキャリアを誇る生粋の司令塔クリス・ポールは、これまで2度チャンピオンシップ獲得のチャンスがあった。 ひとつはフェニックス・サンズへ加入した昨季。プレーオフへと駒を進めてNBAファイナルまで勝ち上がり、ミルウォーキー・バックスの前に2勝4敗で敗れたのだが、シリーズ2連勝と最高のスタートを...
別窓で開く

サンズ“第3の男”エイトン。ドラ1選手としてマジック以来となる初プレーオフで優勝なるか<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフは、昨年NBAファイナルへ進出したロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートがともに1回戦で敗退、両カンファレンスのトップシード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ユタ・ジャズ)もカンファレンス・ファイナルで姿を消すなど波乱の展開が続いている。 そうしたなか、脚光を浴びているの...
別窓で開く

大黒柱アデトクンボの負傷でバックス大敗。エースはシーズン終了の可能性も<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日(日本時間30日、日付は以下同)、ミルウォーキー・バックスとアトランタ・ホークスのカンファレンス・ファイナル第4戦がアトランタのステイトファーム・アリーナで開催された。 シリーズ成績2勝1敗とバックスがリードして迎えたこの試合、ホークスは今プレーオフでチームトップの平均29.8点、...
別窓で開く

まさかの敗北を喫したシクサーズのエンビードが“相棒”シモンズを批判「ターニングポイントは…」<DUNKSHOOT>
現地時間6月20日、フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターでフィラデルフィア・セブンティシクサーズとアトランタ・ホークスの第7戦が行なわれた。 ホームのシクサーズは大黒柱のジョエル・エンビードが31得点、11リバウンド、トバイアス・ハリスが24得点、14リバウンド、4アシスト、セス・カリーが...
別窓で開く

“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く

ジャズのゴベアが最優秀守備選手賞を受賞!3度の戴冠は史上4人目、5年総額2億ドルの契約後に大仕事<DUNKSHOOT>
NBAは6月9日(日本時間10日)、2020−21シーズンの最優秀守備選手賞を発表。ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが2年ぶり3度目の栄冠に輝いた。 同賞を3回以上受賞したのは、ディケンベ・ムトンボ(元アトランタ・ホークスほか/4回)、ベン・ウォーレス(元デトロイト・ピストンズほか/4回)、ドワイト・ハ...
別窓で開く

「いつもと違うやり方で臨む」ホークスを待ち受けるシクサーズの堅守。グリーンが語る“ヤング対策”とは<DUNKSHOOT>
6月5日(日本時間6日、日付は以下同)、イースタン・カンファレンスのセミファイナルが開幕し、ブルックリン・ネッツがミルウォーキー・バックスを115−107で下し先勝を飾った。 ネッツは試合開始から約40秒、ジェームズ・ハーデンが右ハムストリングを痛めて離脱するアクシデントに見舞われるも、ケビン・デュ...
別窓で開く


[ クリント ホークス ] の関連キーワード

dunkshoot ディープスリ ウィリアムズ ホークス nba
mvp